北海道北海道小樽・キロロ・積丹

【保存版】小樽・余市・積丹エリアドライブデート50選!小樽通筆者おすすめの自然・歴史・ショッピングスポット

小樽市周辺デートで出てくる記事は観光記事やグルメ記事が多い…とお困りのあなたに、観光はもちろんのこと、デートプランとともに様々な魅力あるスポットを「デートで使うならこう!」という視点でまとめてみました。
今回は小樽市へ多く訪れる筆者が、街の魅力満喫でラブラブ度もアップ!な、小樽市周辺で楽しめるドライブデートスポットをご紹介します。

※本サイトは広告プログラムにより収益を得ています。

ライター/しーく

一人旅が好きです。皆様にも様々なスポットの魅力を知ってもらいたく、おすすめの場所を紹介していきます!

小樽市周辺には様々な楽しみ方のできるスポットが多数!

image by PIXTA / 45190722

海に近い小樽市ですが、海にまつわるもの以外にも魅力的なものがたくさん。見方を変えると、知っているようで知らなかった楽しみ方が見つかりますよ。今回は小樽市中心部から日帰りで行ける、ドライブに使えるスポットについてまとめていきます。

小樽市のおすすめドライブスポット27選

まずは小樽市で楽しめるデートスポットを紹介します。各スポット、それぞれ素晴らしい魅力がありますので、ぜひお2人の目で見てみてくださいね。

#1 観光と地域交流の拠点「運河プラザ」

image by PIXTA / 78560664

こちらの正式名称は「小樽市観光物産プラザ」。小樽観光の拠点となるスポットです。

こちらには観光案内所が設置されている他、観光案内のためのパンフレットも用意されています。休憩コーナーや喫茶室もあるので、二人でデートコースをゆっくり相談することもできますね。

 

#2 大自然の中で楽しめる「おたる水族館」

image by PIXTA / 39733484

「おたる水族館」は、小樽市にある自然を満喫できる水族館です。

海の街にある水族館だからこそ楽しめる展示や、珍しい海洋生物の展示など、他にはない魅力がたくさん。おすすめは「海獣公園」というエリアで、海そのものを生かした展示の仕方は、迫力はもちろんのこと生き物たちの自然の姿を楽しむことができますよ。ショーも非常にユニークなので、ぜひ2人で行ってみてくださいね。

おたる水族館の住所・アクセスや営業時間など

名称おたる水族館
住所北海道小樽市祝津3丁目303番地
営業時間・開場時間9:00~17:00 ※季節により変動
利用料金や入場料【入館料】1,100円 ※冬季期間料金

#3 周辺の店舗も魅力「小樽運河」

image by PIXTA / 57761246

「小樽運河」は観光地として有名ですが、実はデートスポットとしても人気を博しています。昼間は青空の下、夜はライトアップされた運河を楽しめるため、カップルの姿が多く見られることも。

また周辺店舗も賑わっており、中でも「大正硝子館」は連日多くのカップルや観光客の姿が見られます

小樽運河の住所・アクセスや営業時間など

名称小樽運河
住所北海道小樽市港町5
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料

#4 断崖絶壁にある海岸「オタモイ海岸」

image by PIXTA / 57592815

「オタモイ海岸」は透き通った海が特徴の海岸です。また、かつてはオタモイ遊園地があったことでも有名でした。

断崖絶壁から見える海岸は他のどこよりも迫力があり、「奇岩つるかけ岩」や遊園地の跡地など、いろいろな珍しいものが見られるのは、まさにここだけの魅力となっています。

 

オタモイ海岸の住所・アクセスや営業時間など

名称オタモイ海岸
住所北海道小樽市オタモイ4丁目
営業時間・開場時間24時間 ※遊歩道は現在も立ち入り禁止 ※見学は小樽海上観光船を利用のこと
利用料金や入場料【乗船料】3,000円(小樽海上観光船)

#5 非日常を体験「小樽海上遊覧船」

image by PIXTA / 73832774

こちらの海上遊覧船には断崖絶壁が迫るオタモイ航路(4コース)と観光地への足にもなる祝津航路があります。運行は4月~10月。この海上遊覧船ではチケット売り場で餌を購入し、カモメに餌をやることができるんですよ。投げた餌を巧にキャッチするカモメたちには感心してしまいます。

船に乗るということは「海の上に立つ」ということなので、非日常的な感じがしますよね。海からしか見ることのできない絶景等を見たりすると非日常感はもっと増します。非日常は二人の距離を縮めるチャンス。遊覧船で二人の距離を縮めましょう!

#6 深い青色が特徴「小樽 青の洞窟」

image by PIXTA / 57592863

小樽の「青の洞窟」では海の透明度と深さ、そして太陽の光が差し込む角度が関係しあってその深く複雑な「青」を生み出しています。

こちらを訪れるなら、クルージングツアーに参加するのが一番おすすめの時間は夏季限定のサンセットクルーズ「青の洞窟」と「夕陽に染まる海」の両方を楽しむことができ、ロマンティックな気分に満たされますよ。他にもシーカヤックで洞窟内を進むツアーやシュノーケリングツアーがあるので、二人にピッタリのツアーを探して下さい。ツアーの集合場所は同じような所に設定されていることが多いので、しっかりと集合場所を確認できるように時間に余裕をもって行動して下さいね。

#7 直送の品々がうれしい「新南樽市場」

image by PIXTA / 67580390

「新南樽市場」は、小樽市内にある市場で、市民だけでなく近隣の市町村から多くの人々が訪れているスポットです。

産地直送ということもあり、日々並んでいるお魚や野菜などは新鮮なものばかり。グルメなお2人にはぜひ訪れてもらって、その新鮮な海産物等に舌鼓を打ってみるのもいいかもしれませんね。

新南樽市場の住所・アクセスや営業時間など

名称新南樽市場
住所北海道小樽市築港8-11
営業時間・開場時間9:00~18:00
利用料金や入場料店舗により異なる

#8 北海道三大夜景を一望「天狗山展望台」

image by PIXTA / 21517571

小樽市の夜景はは北海道三大夜景といわれており、その夜景を一望できるのがこの「天狗山展望台」となっています。

展望台も5か所あり、臨むことのできる夜景は場所によって様々。何度か行ってみて、好きな夜景を2人で決めるのもきっといい思い出になりますよ。また、ロープウェイも徐々に広がる夜景を楽しむことができるので、ぜひ利用してみてくださいね。

天狗山展望台の住所・アクセスや営業時間など

名称天狗山展望台
住所北海道小樽市天狗山山頂
営業時間・開場時間運行ダイヤを確認のこと
利用料金や入場料【ロープウェイ】片道840円 往復1,400円

#9 可愛さに癒される「天狗山・シマリス公園」

image by PIXTA / 12093537

天狗山の山頂、ロープウェイを降りて直ぐのところにあるこちらの施設ではシマリスと触れ合うことができます。シマリスの頭胴長は8~12㎝。小さくて可愛いんですよ。

この施設でそんなシマリスと仲良くなる為には先ず、餌を購入して下さい。掌に餌のヒマワリの種をのせてじっと待っていると近寄ってきてくれることが多いのです。朝夕の餌の時間もリスたちに近寄れる時間帯。寒いとリスたちはあまり活動しなくなるので、暖かい季節がおすすめです。

#10 通り全体がインスタ映え「堺町通り」

image by PIXTA / 71733037

こちらはメルヘン交差点(堺町交差点)から北のウォール街へと続く通り。明治時代から昭和の初めころに造られた石造りの建物が点在するこの通りにはレトロ感と異国情緒が漂い、何となく現実から抜け出したような気分になれます。

オシャレなカフェやショップが並ぶこちらで気を付けていただきたいことは営業時間。夕方には閉店します。

それでは堺町通りやその周辺のデートスポットをいくつかご紹介しましょう。

#11 陳列されているオルゴールは3400種類「堺町通り・小樽オルゴール堂」

image by PIXTA / 1298444

こちらは日本最大級のオルゴールショップ。店内に並べられているオルゴールは25,000点以上の品揃えを誇ります。見るだけで幸せな気分になりますよ。建物は大正元年に建てられたもので、オープンは1989年。ガラスや陶器等で作られた美しいオルゴールは勿論、レトロな建物も二人を非日常的な世界へ運んでくれますよ。

2号館の「アンティークミュージアム」では価値のあるオルゴールの展示や質にこだわったオルゴール等が販売されていて、何度でも訪れたくなります。オリジナルのオルゴール作りを体験できる「手作り体験遊工房」ではトンボ玉作りも体験できるんですよ。

#12 石油ランプの灯りが幻想的「堺町通り・北一硝子」

image by PIXTA / 1474120

北一硝子の創業は明治34年。こちらの建物は明治24年に倉庫として建てられたもので、中には当時の名残のトロッコレールが残っています。

こちらで圧倒的な人気を誇るのが「液だれしない醬油差し」。このキレの良さは感動ものです。またこちらには167個の石油ランプの灯りの中で食事やお茶が楽しめる幻想的な「北一ホール」もあるんですよ。こちらで有名なのは直径約20㎝の「びっくりシュークリーム」。二人でシェアするのもいいですね。

堺町通りには他にもヴェネツィア貴族の生活を再現し、貴族のコスチュームで記念撮影ができる「北一ヴェネツィア美術館」、ガラス製品の製造過程を見学できる「北一硝子見学工房」、調味料入れ専門店「さしすせそ」もあります。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: