エクスペリエンス

東京のおすすめボルダリング体験施設10選!子供や初心者OK・シューズ貸出可など子供時代からフリークライミングで遊んだ筆者が紹介

オリンピック競技としても知られるボルダリング。東京には体験できる施設がたくさんあります。挑戦したいけど、子供には無理・初心者だから・道具がないなどの理由で、なかなか始められない人がいるかもしれません。そもそも、クライミングと違いがわからないという人もいるでしょうか。ボルダリングとは、誰でも始められるスポーツです。子供時代からクライミングをしていた筆者が、ボルダリング体験施設を選ぶ際に注意するべき3つのポイントと、おすすめの施設10選をご紹介します。

ライター/poui

海・山・川と自然に囲まれた伊豆出身のライター。散歩やハイキング、サイクリングやドライブなどライトなアクティビティが日課です。ガジェットも大好きで、特にデジタル系やアウトドア系に目がない。良いものをリサーチするために、いつもどこかのサイトでネットサーフィンしています。

ボルダリングとクライミングは何が違う?魅力は?

image by PIXTA / 71471709

クライミングとは、言葉の通り壁や崖を登ること。何をどの様に登るのか、道具を使うのかによっていくつか種類があります。クライミングの一種であるボルダリングは、壁についたホールド(人工の突起物)を、ロープに頼らず登っていくスポーツです。細かくレベル分けされていて、子供や初心者も参加できます。これといった道具は必要なく、専用のシューズやチョーク(滑り止め)は貸し出しているので、気軽に始められることも魅力です。全身の筋力を使うため、ダイエットや筋力アップにも効果があります。

ボルダリング体験施設を選ぶ際に注意するべき3つのポイント

動きやすい服装さえ用意すれば、簡単に始められることはご理解いただけたでしょうか。より楽しんでもらうため、体験施設を選ぶ際に注意するべき3つのポイントを紹介します。

その1.料金設定と利用できる時間は知っておこう

料金設定は当然ながら施設によって違います。初回登録料・1日利用コース・時間制限のあるコース・道具のレンタル料など、事前に知っておくことが重要。コースやオプションはどの施設も数が豊富です。しっかり調べましょう。

さらに、施設が何時から営業しているのかも確認したい点です。午前から遊べるところもあれば、午後からというところもあります。曜日によって営業時間が変わることもありますので、こちらも事前確認をしておきましょう。

その2.自信がない人は初心者講習があるか注意しよう

ボルダリング施設ではレベル別に細かくコースが設定されています。初心者でも安心して遊べますが、それでも自信がない人は初心者講習があるか(初回講習ではなくレッスン形態のもの)調べましょう。「スタッフが忙しそうで話しかけづらい」などを気にする必要がありません。マンツーマンでついてくれるので、丁寧にレッスンを受けることができます。

ホールドの握り方・体重の移し方・どの手や足でどのホールドに引っ掛けるか、気になることを質問しましょう。

その3.お試しに1回だけなら登録不要のコースがあるか確認

その1.で説明したことの補足になりますが、登録不要のコースがあるかは確認したいポイントです。楽しめるかわからないし、とりあえず1回だけという人もいるでしょう。続けたいけど、忙しいから登録料を払うほど通えないなどという人にも嬉しいですね。

通常の利用料金よりも割高になりますが、自分の時間や利用方法を分析し、こちらも選択肢に入れてみてください。

【厳選】おすすめする東京都のボルダリング体験施設10選

前述のように、東京にはたくさんのボルダリング体験施設があります。その中でも特におすすめしたい10選のご紹介です。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: