三陸海岸安比・八幡平・二戸岩手県東北盛岡雫石

【保存版】まったり北いわてデートならここ!東北出身の筆者おすすめスポット15選【盛岡・雫石・久慈・二戸などエリア別に厳選】

観光雑誌で出てくる記事はピンとくるものがないな…という方のために、東北出身の筆者が「北いわてエリア(盛岡市・雫石町・久慈市・二戸市・岩泉町)」のデートスポットをご紹介します。地元に愛される老舗や全国的に注目が集まっている牧場など…厳選した情報をお届けしますね。定番スポットでは、おすすめの過ごし方も併せてご案内します。まったり岩手旅へ出かけてみませんか!

※本サイトは広告プログラムにより収益を得ています。

岩手には2人で楽しめるデートスポットがいっぱい!

image by PIXTA / 22893431

空気がおいしく、深呼吸がしたくなる自然豊かな岩手県。新鮮な牛乳や旨みたっぷりの三陸の幸、ブランド品のいわて短角牛など…食べ歩きがしたくなります。

東京駅から盛岡駅までは、新幹線で約2時間。都心からアクセスが良く、癒し旅行にもってこいの場所。レンタカーに乗って、山へ海へドライブに行きましょう!

盛岡・雫石エリアなら

県庁所在地の盛岡は岩手山と北上川に包まれ、美しい景観の町並みが自慢です。宮沢賢治や石川啄木が青春を過ごした場所でもあるんですよ。

まずはじめに、岩手の歴史と文化を感じられる「盛岡・雫石エリア」をご紹介しますね。

#1 岩手の定番!「小岩井農場」(雫石町)

blank

image by PIXTA / 50670753

観光名所「小岩井農業」は自然に寄り添った体験が充実。春夏秋冬を通して季節感のあるプログラムやイベントが用意されているので、事前チェックはマストです!

私のお気に入りは、森の香りを感じる「ファームトラクターライド」。トラクターがけん引する客車に乗り、非公開エリアの森林ツアーができるんですよ。ここでしかできない体験が嬉しいですね。星を観察するナイトウォークや苔ウォッチングなど…他にも盛りだくさんあるので、お好みの体験が見つかりますように!

小岩井農場の住所・アクセスや営業時間など

名称小岩井農場
住所岩手県岩手郡雫石町丸谷地36-1
営業時間・開場時間【グリーンシーズン(7月1日~8月31日)】平日10:00~16:00 土日祝9:00~17:00【9月1日~11月3日】9:00~17:00
利用料金や入場料入場料800円

#2 東北のお酒が勢揃い!「盛岡横丁」(盛岡市)

「瞬間移動ではしご酒」がキャッチフレーズの盛岡横丁。惹かれる響きですね(笑)盛岡の繁華街・映画館通りにあり、和食、洋食、アジア料理など…様々なジャンルのお店が集まっています。

南部鉄器の鉄板で焼いた餃子など、岩手らしさが光る一品にそそられますね。東北の地酒も揃っているので、しっぽり飲みたい場合にオススメです!

盛岡横丁の住所・アクセスや営業時間など

名称盛岡横丁
住所岩手県盛岡市中央通1-9-11 CUBE映画館通りビルB1
営業時間・開場時間11:00~翌1:00 ※店舗により異なる場合あり
利用料金や入場料店舗により異なる

#3 いわて短角牛が食べたい!「パイオニア ファーム」(盛岡市)

いわて短角牛ステーキ発祥のお店。短角牛をはじめ、盛岡牛など県産和牛がいただけます。ランチ営業もしており、高級感あるイメージのお肉を気軽に食べれるのが嬉しいですね。

女子会やデートにも使える居心地の良いレストランで、本格的なブランド牛はいかがですか?

パイオニア ファームの住所・アクセスや営業時間など

名称パイオニア ファーム
住所岩手県盛岡市本町通2-1-34 トーカンマンション本町101
営業時間・開場時間【ランチ】11:30~14:30【ディナー】17:30~22:00
利用料金や入場料【ランチ】1,000円~2,000円【ディナー】5,000円~6,000円

#4 岩手を感じよう「岩手県立美術館」(盛岡市)

blank

image by PIXTA / 45164917

旅先の美術館は、その土地を知るひとつの手がかりですね。こちらは、岩手にゆかりのある作家作品が収蔵されている美術館。萬鉄五郎、松本竣介、舟越保武…と個性的な作品に心奪われます。

また、企画展も魅力的!記憶に新しいもので、ジブリやムーミン展など…身近に感じるテーマを扱っていますね。美術マニアではなくても、子供から大人まで楽しるのでは。お目当ての企画を狙って行くのもいいですね!

岩手県立美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称岩手県立美術館
住所岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
営業時間・開場時間9:30〜18:00
利用料金や入場料観覧料410円(企画展はその都度価格変更)

#5 東北の作家に触れる「シグアートギャラリー」(盛岡市)

東北のアートを展示・販売しているギャラリー。作家とともに企画をしており、トークショーをはじめワークショップや展示品の販売など…より身近にアートを感じられる場ですね。

入場料は通常無料となっていますので、気軽な気持ちで立ち寄ってみては。新しい出会いが待っているかも!

シグアートギャラリーの住所・アクセスや営業時間など

名称シグアートギャラリー
住所岩手県盛岡市内丸16-16 大手先ビル2F
営業時間・開場時間展覧会ごとに異なる
利用料金や入場料通常無料

久慈エリアなら

NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』で一躍有名になった久慈市。驚きを表す方言「じぇじぇじぇ」が、記憶に残っている方が多いのではないでしょうか!海と山の両面から楽しめるスポットです。

お次は、三陸の海が広がる「久慈エリア」へ足を伸ばしてみましょう。

#6 ほっこり気分のローカル線「三陸鉄道」

blank

image by PIXTA / 42742617

海風を感じる車窓が魅力の三陸鉄道。復興のシンボルとして、地元に愛されている存在なんですよ。久慈駅は北の始発駅となり、こちらから「あまちゃん」のロケ地となった場所を走ることができます。名物・うに弁当を買って、電車に乗りこみましょう!

期間限定こたつ列車など、ほっこりするイベント列車に乗ることができますよ。台風の影響で一部バス運行をしている区間があるので、事前にホームページをチェックしてくださいね。

三陸鉄道の住所・アクセスや営業時間など

名称三陸鉄道
住所【久慈駅】岩手県久慈市中央3丁目38-2
営業時間・開場時間鉄道運航ダイヤによる
利用料金や入場料初乗り170円~310円(乗降駅により異なる)

#7 地元の人気店「らーめんの千草」

優しい味わいが身体にしみる千草のラーメン。透明感のある純鶏スープと自家製麺がマッチして美味。噛むほどに味わいが広がる鶏チャーシューも注目です。添加物は一切使用していないという、店主のこだわりを感じますね。

ふるさと納税の返礼品にも選ばれている、久慈ふるさとの味を召し上がってくださいね!

らーめんの千草の住所・アクセスや営業時間など

名称らーめんの千草
住所岩手県久慈市二十八日町1番10号
営業時間・開場時間11:00~14:30(スープがなくなり次第)
利用料金や入場料~1,000円

#8 古代からの贈り物「久慈琥珀博物館」

blank

image by PIXTA / 13254948

久慈地方は国内最大の琥珀産地。恐竜が生きていた白亜紀後期の地層から採掘される琥珀。「ジュラシックパーク」が連想され、太古のロマンを感じますね。見学はもちろんのこと、アクセサリーの購入や採掘体験ができますよ!

姉妹都市のリトアニアの文化を紹介する「リトアニア館」では、珍しいお酒をはじめご当地グルメを味わうことができるので、ぜひ立ち寄ってくださいね。

久慈琥珀博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称久慈琥珀博物館
住所岩手県久慈市小久慈町19-156-133
営業時間・開場時間9:00~17:00
利用料金や入場料入館料500円

#9 さかなクンが応援団長「もぐらんぴあ水族館」

blank

image by PIXTA / 41632512

豊かな三陸の海や生き物について紹介されている水族館。地元に親しまれてきましたが、震災により大きな影響を受けました。震災時からの復興を応援してきた「さかなクン」の展示コーナーやグッズ販売もされていますよ。

こちらの特色は、ヘルメット式潜水器による「南部もぐり」と「北限の海女」の潜水作業を見れること!海に寄り添ってきた、この地域独特の文化を見学することができます。実演は土日祝など特定の日程で行われているので、事前に確認してから向かいましょう!

もぐらんぴあ水族館の住所・アクセスや営業時間など

名称もぐらんぴあ水族館
住所岩手県久慈市侍浜町麦生1-43-7
営業時間・開場時間【4~10月】9:00~18:00【11~3月】10:00~16:00
利用料金や入場料入館料700円

次のページを読む
1 2 3
Share: