おうち時間向上グルメ

お菓子のラムネおすすめ10選!プレゼントにぴったりなものからコンビニで買えるものまでお取り寄せマニアの筆者が紹介

すっとした口どけが特徴のお菓子のラムネは飴やガムのようにいつまでも口の残ることがないため、気分転換のおやつにぴったり。少し前までは子どものおやつのイメージのあるラムネでしたが、最近ではお土産やプレゼントにもぴったりなラムネも登場しているんです。

今回は、お取り寄せマニアの筆者がおすすめのお菓子のラムネを10選紹介!コンビニで買えるおなじみのものから、わざわざお取り寄せしたい高級ラムネまで。豊富な種類の中からお気に入りを見つけてくださいね。

ライター/にゃほにゃほたまくろー

関西で2人の子どもを育てる主婦です。 元パン屋で、食べることが大好き! 食べ歩きはもちろん、全国のおいしいものをお取り寄せして楽しんでいます♪ 自分が毎日機嫌よく過ごせるよう、身の回りのものを整えている途中です^^

お菓子のラムネの選び方3つのポイント

image by PIXTA / 86419220

一見どれも同じに感じるお菓子のラムネですが、商品によって口どけから味わいもさまざま。お菓子のラムネの選び方のポイントを3つ紹介します。

ポイント1.味で選ぶ

お菓子のラムネを選ぶとき、まずは好きな味かどうかで選びましょう。昔ながらのまさにラムネ味のものから素材にこだわったフルーツ味も人気です。

「同じ味だけだと飽きる…」という人は、複数のフレーバーがセットになった商品を選びましょう。フレーバーごとに異なる味わいのラムネを思う存分堪能できます。

ポイント2.ブドウ糖が主原料かどうか

お菓子のラムネを選ぶときは、ブドウ糖が主原料かどうかも大事なポイントです。

糖質の中でも、エネルギーにすぐ変換されるのがブドウ糖の特徴。集中力が途切れてきたな、気分転換したいなんてときにブドウ糖はぴったりです。原材料欄の一番初めにブドウ糖の名前があれば主原料になっていますよ。おやつとしてお菓子のラムネを楽しみたいなら、ブドウ糖が主原料でなくても問題ありません。

ポイント3.包装形態で選ぶ

お菓子のラムネを選ぶときは包装形態もチェック。個包装のものを選べば、友人や家族とシェアできます。プレゼントや手土産として使いたいならパッケージが凝っているものを選びましょう。

大容量サイズはコストパフォーマンスが高く、自宅で食べるのにぴったり。チャック付きのものを選べば持ち運びも便利です。

【厳選】お菓子のラムネおすすめ10選

お菓子のラムネの選び方が分かったところで、ここからはおすすめのお菓子のラムネを10選紹介していきます。筆者が実際に食べた感想もあるのでぜひ参考にしてくださいね。

#1 そのまま&溶かしてと2通り楽しめる「名糖産業 レモンティーニューラムネ」

名糖産業 レモンティーニューラムネ 30g×10袋
名糖産業 レモンティーニューラムネ 30g×10袋
Amazonでの参考価格:¥1,296
価格・情報の取得:2022-11-16

香り高い紅茶とレモンの爽やかな酸味が味わえるラムネですが、めずらしいのは味だけではありません。なんと、お湯に溶かして飲むこともできるんです。溶かす量の目安は、お湯120mlにラムネ5粒。レモンティーが飲みたいとき重宝しそうです。

もちろんそのまま食べてもOK。カリっとした食感のあと口の中でほろっとほどけます。個包装だから湿気てしまう心配もありません。

次のページを読む
1 2 3
Share: