おうち時間向上料理・キッチン雑貨

おすすめのコーヒーフィルター10選!ペーパー・ステンレス・カフェ風などコーヒー好きな筆者が選び方のポイントと共に紹介

ここ最近、コーヒーを豆から挽いておうちで楽しむ方が増えていますね。より本格的なコーヒーを楽しむために、ハンドドリップで淹れている方も多いと思いますが、使用するフィルターによってコーヒーの味や風味が変わることをご存じですか?オーソドックスなペーパーフィルターやフィルターひとつでドリッパーの役目を果たすもの、本格的なカフェ風のものなど種類も様々です。その中で今回は、淹れ方や飲みたいコーヒーの種類に合わせて使用する「コーヒーフィルター」を、毎日ハンドドリップでコーヒーを淹れている筆者が厳選!あなたの合ったコーヒーフィルターを探してみてくださいね。

ライター/OrangePine

北陸在住。スポーツが大好きで、健康に良いものをいろいろ試しています♪子育てもひと段落し、リラックスしながらゆったりとおうち時間を楽めるアイテムを日々探しています。

コーヒーフィルターの選び方のポイント3つ

image by PIXTA / 74092034

コーヒーフィルターには、家庭でもよく使う紙製のものの他に、布製・ステンレス製などの種類があります。使用するフィルターによって、使い方やお手入れの方法も違ってくるのでは?と思ってしまいますよね。ここでは、素材や形状などによっての違いや、選び方のポイントをご紹介します。

その1.フィルターの素材で選ぼう

フィルターの素材には、紙・布・ステンレス・セラミックなどの種類は豊富。おうちでドリップする場合によく使われるのは紙製のフィルターで、購入もしやすくハンドドリップ・コーヒーメーカーどちらにも使用できます。

布製はカフェなどで目にすることが多いと思いますが、本格的なコーヒーを淹れたい方にはおすすめ。ステンレス製はコーヒー豆の油分をそのまま通しますので、抽出されたコーヒーの口当たりはまろやかな感じに。

セラミック製は他のフィルターに比べて目が細かく、抽出に少し時間がかかりますが、濃いめのコーヒーを好む方は是非選んでみてください。

その2.形状や淹れる容量によって選ぼう

紙製のフィルターを使用する場合、お持ちのドリッパーに合わせた形状のものを選びましょう。そのほかの素材のフィルターについても円錐型・台形型など底面の形状が異なり、抽出されたコーヒーの味にも違いが出てきます

初心者の方には台形型がおすすめで、底面が広くなっているのでコーヒー粉に均等にお湯が行き渡り味にブレがありません。また、淹れる杯数によってフィルターの大きさも気を付けましょう。

その3.お手入れの仕方によって選ぼう

お手入れをしやすいのは、毎回コーヒーを淹れるごとに使い捨てる紙製のフィルターです。ドラッグストアやスーパーなどでも購入できる点も嬉しいですよね。

布製・ステンレス製・セラミック製については、毎回手洗いが必要になってきます。特に布製については放置しておくと、コーヒーの成分が染み付いてしまいますので気を付けたいですね。

味にこだわって布製やステンレス製を選びたい方は、淹れた後のお手入れもしっかりとしましょう

おすすめのコーヒーフィルター10選

ここでは、おすすめのコーヒーフィルターを筆者が厳選しました。普段使いのフィルター、休日にゆっくりとコーヒーを淹れる時のフィルターなどで使い分けてみてもいいですね。あなたに合ったコーヒーフィルターを探してみてください。

#1 お好みの味に調整可能な円錐型「HARIO(ハリオ) V60ペーパーフィルター」

HARIO(ハリオ) V60ペーパーフィルター02 W ブラウン 1~4杯用 100枚入り 日本製 VCF-02-100M
HARIO(ハリオ) V60ペーパーフィルター02 W ブラウン 1~4杯用 100枚入り 日本製 VCF-02-100M
Amazonでの参考価格:¥312
価格・情報の取得:2022-10-23

有名メーカーHARIOの円錐型ペーパーフィルター。円錐型の特徴はお湯が中心に向かって注がれることで、中心に向かって粉に長く触れコーヒー豆の味わいをしっかり抽出します。

ペーパーには、開きやすいようつまみが付いているのも嬉しいですね。使い捨てタイプなので、お手入れも簡単です。

次のページを読む
1 2 3
Share: