おうち時間向上料理・キッチン雑貨

買って損なしの全自動コーヒーメーカーおすすめ10選!楽々お手入れ・容量・タイマー機能など選び方とともに極度のコーヒー党ライターがおしゃれな商品を紹介

豆と水を入れておくだけで淹れたてのコーヒーを味わうことができる全自動コーヒーメーカー。自分で淹れる手間が省けるだけでなく、最近ではかなり本格的な味を再現できる機種も増えてきています。しかし、ネットなどで探してみるとあまりにもさまざまなコーヒーメーカーがあり、購入する際迷ってしまうことはないでしょうか?そこで今回は、コーヒーに目がない筆者が強くおすすめするコーヒーメーカー10選を紹介します。

ライター/ぴか

仕事に子育てに奮闘中のアラサーマザー。近年夫の影響で家電や生活雑貨にのめりこんでます。その他、音楽・映画・ゲームなどのサブカルにも食指が動きがち。

全自動コーヒーメーカーを選ぶ際のポイントは?

image by PIXTA / 71468891

ここでは、全自動コーヒーメーカーを選ぶ時に注目してほしいポイントを紹介。毎日使うものなので、"生活に根ざす"という観点でピックアップしています。

その1. 簡単にお手入れできるものが◎

毎日のお手入れが欠かせない全自動コーヒーメーカー。しかし「掃除したりお手入れしたりが面倒そう⋯」、そんなイメージはありませんか?

実は機種によって、お掃除しやすいようにパーツがシンプルに作られていたり、簡単に取り外せるようになっているものがあります。また、メンテナンス用の機能やモードを搭載しているものも。

その2. 利用する人数や頻度から選ぶ

全自動コーヒーメーカーが一度で作れるコーヒーの量は、機種によって1〜10杯とさまざまです。

一度にたくさん利用したり頻繁に使う場合は大容量のものを、逆に一人での利用や時々飲んだりするならば1杯づつ抽出するタイプを選ぶのがよいでしょう。どちらでもなければ、4〜5杯分を作ることができるスタンダードタイプをおすすめします。

その3. タイマー機能があればなおよし

全自動コーヒーメーカーは全てオートでコーヒーを淹れてくれる分、ある程度の時間がかかってしまうもの。朝などの忙しい時間は特に、準備が面倒ですし時短したいところですよね?

そんな時に便利なのがタイマー機能必要な時に合わせてコーヒーを作ることができます。単純な機能ですが、これが有るのと無いのでは利便性が大違いです。

筆者おすすめの全自動コーヒーメーカー10選!

ここからは筆者が強くおすすめする全自動コーヒーメーカー10選を紹介していきます。いろいろな人のニーズに合うよう、さまざまな個性を持った機種をピックアップしてみました。

#1 杯数に応じた豆挽きで美味しさ持続「siroca SC-A371」

シロカ 全自動コーヒーメーカー カフェばこ [ステンレスサーバー/静音/ミル4段階/コンパクト/豆・粉両対応/蒸らし/タイマー機能] ブラック SC-A371
シロカ 全自動コーヒーメーカー カフェばこ [ステンレスサーバー/静音/ミル4段階/コンパクト/豆・粉両対応/蒸らし/タイマー機能] ブラック SC-A371
Amazonでの参考価格:¥16,970
価格・情報の取得:2022-07-06

シロカの「SC-A371」は、設定した杯数に応じ豆の挽き方を変更する機能を搭載。これにより、美味しいコーヒーを常に同じレベルで提供できます。

本体はいたってコンパクト。交換不要のメッシュフィルターや取り外しのきくパーツなど、お手入れが簡単なのもうれしいポイントです。タイマー機能もあるので、とにかく時短したい人におすすめ。

#2 カフェインレスコーヒーもしっかり美味しく「Panasonic NC-A57-K」

パナソニック コーヒーメーカー 全自動 ミル付き 沸騰浄水機能 デカフェ豆コース搭載 ブラック NC-A57-K
パナソニック コーヒーメーカー 全自動 ミル付き 沸騰浄水機能 デカフェ豆コース搭載 ブラック NC-A57-K
Amazonでの参考価格:¥19,464
価格・情報の取得:2022-07-06

パナソニックの「NC-A57-K」は、カフェインレスコーヒーを淹れるコースを搭載しています。独自のプログラムで、あっさりしがちなデカフェコーヒーにしっかりコクをプラス。眠る前でも美味しいコーヒーを愉しむことができます。

また、ミルの自動洗浄機能も付いているので、毎度毎度ミルを洗う手間が省けるのもうれしいポイント。

次のページを読む
1 2 3
Share: