おうち時間向上ガジェット

最強のノイズキャンセリングイヤホン価格別おすすめ10選!選び方も性能にこだわる筆者が紹介

音楽を聴くときは電車やカフェなど人が多い場所で聴くことが多いですよね。そんなときに役立つのがノイズキャンセリング機能の付いているイヤホンです。ノイズキャンセリング機能とはマイクで周囲の雑音を拾い、逆位相の音でそれを打ち消したり、イヤホンの形状などの工夫によって雑音を低減しているものをいいます。また、音楽を聴いているとき以外にも耳栓として使用できるのでテレワークなどの集中したいときにもぴったりですね♪
今回はそんな便利なノイズキャンセリングイヤホン10選を性能にこだわる筆者が価格別に紹介させてもらいます!

ライター/ぴよ林檎

滋賀の田舎で婚約者&おてんばハムスター1匹と三人暮し(?)中の24歳です。 マイペースな三人暮らしをもっと楽しくするアイテムや体験を自ら試しながら、紹介していきます♪

気にしていないつもりでも意外と気になる周囲の雑音

image by PIXTA / 66375841

周囲の雑音というのはストレスになっていることが多くあります。ノイズキャンセリング機能を初めて使った人の中には「今までこんなに雑音にストレスを感じていたのか!」とびっくりされる方もいるそうです。筆者も通勤電車で初めて使ったときのストレスフリーな感覚にびっくりでした!

ですが、歩行中や運動中は車や自転車の音が聞こえなくなり、事故にも繋がるのでノイズキャンセリング機能はオフにするのがおすすめです。

初心者向け!ノイズキャンセリングイヤホンの選び方

一口にノイズキャンセリングイヤホンと言っても価格やその形状、どうやって雑音を打ち消しているのかなどさまざまな種類があります。今回は種類が多く選びづらいノイズキャンセリングイヤホンの選び方を、初心者の方向けにわかりやすく紹介させてもらいますね♪

ポイント1.雑音を打ち消す方法

ノイズキャンセリングイヤホンの遮音方法は2種類あります。

1つ目はイヤーパッドの素材やイヤホン自体の形状で遮音する方法です。パッシブノイズキャンセリングと言い、静かな場所でホワイトノイズが出ないのがおすすめポイント。ですが、2つ目の方法に比べて雑音が綺麗に消えづらいという点あります。

2つ目の方法は雑音の逆位相の音を出すことによって遮音するアクティブノイズキャンセリングです。こちらは周囲の音を綺麗に消してくれますが、静かな場所にいくと逆位相の音がホワイトノイズとなって聞こえることがあります。

ポイント2.バッテリー稼働時間

意外と気になるのが連続再生時間ですよね。無線タイプであれば、ケースから取り出した際どれくらい使用できるのかをチェックするのが大切です。

音楽を聴くのと同時にノイズキャンセリング機能を使うとバッテリーを消費するので、出来れば10時間程度バッテリーが持つタイプだと安心ですね♪

ポイント3.装着方法の違い

イヤホンの装着方法は耳栓のように耳の内部に入れるタイプのカナル型と、耳に引っ掛けて使用するオープン型の2種類があります。

カナル型は密閉性やフィット感が高く、オープン型は圧迫感がなく長時間の装着に適しているという特徴がそれぞれあるので、お好みの方を選んでみてくださいね♪ちなみに筆者は仕事中やスポーツ中など使用場面よって使い分ける派です!

コスパ最強!5000円以上のおすすめのノイズキャンセリングイヤホン5選

ここから5000円以上10000円以下のコスパ最強なノイズキャンセリングイヤホンを紹介させてもらいます。ノイズキャンセリングイヤホン初心者の方ぜひこちらからチャレンジしてみてくださいね♪

#1 環境に合わせて選べる「Anker Soundcore Life P3」

安価で良い製品が多いAnkerから発売されているワイヤレスタイプのノイズキャンセリングイヤホンです。

こちらの1番の特徴はウルトラノイズキャンセリングという機能で、環境によってアクティブノイズキャンセリングの方法を変えてくれるスグレモノ。どんな時でも没入感の高い時間を過ごすことが出来ます。また、イヤホン本体から音を鳴らして探すことが出来るなど多機能なのも嬉しいポイントですね。

次のページを読む
1 2 3
Share: