アニーお祝い体験マガジン

【保存版】会津デートならここ!福島デート経験者おすすめの15スポット【定番から温泉・自然や歴史施設・グルメまで】
会津 南会津

【保存版】会津デートならここ!福島デート経験者おすすめの15スポット【定番から温泉・自然や歴史施設・グルメまで】

#6 二重らせん構造が不思議!「さざえ堂」

image by PIXTA / 40713082

「さざえ堂」は「白虎隊記念館」と同じ「飯盛山」にあるので、記念館とともに足を運びたいスポットでしょう。

1796年に建てられた仏堂なのですが、内部が二重らせん構造となっていて上りと下りが別々の階段になっているんです。堂内にある「西国三十三観音像」へお参りすると三十三観音参りをしたことになると言われ、特に江戸時代の人々から信仰されました。

さざえ堂の住所・アクセスや営業時間など

名称さざえ堂
住所福島県会津若松市一箕町八幡滝沢155
営業時間・開場時間【4~11月】8:15~日没【12~3月】9:00~16:00
利用料金や入場料【拝観料】400円

まだまだあります!おすすめのんびりデートスポット

定番スポットを押さえても、まだまだ会津の魅力は感じ切れていませんよ!

せっかく会津を訪れたなら、ぜひ楽しんでほしいのんびりスポットをご紹介します!

#7 和菓子と抹茶をいただきながら昔に想いを馳せて!「茶室麟閣」

image by PIXTA / 60105071

「茶室麟閣」は千利休やその子である少庵とゆかりが深い茶室です。草庵風の茶室は福島県の指定重要文化財なのですが、関東でこの建て方は少ないのだとか。

美しい庭園が眺められるロケーションは、とってものどかで風流な感じ。お茶席で和菓子と抹茶をいただきながら、のんびり昔に想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

茶室麟閣の住所・アクセスや営業時間など

名称茶室麟閣
住所福島県会津若松市追手町1-1
営業時間・開場時間8:30~17:00
利用料金や入場料【入園料】210円【お抹茶】1席600円(お菓子付)

#8 秘伝の薬草茶がいただけます!「御薬園」

blank

image by PIXTA / 72884989

こちらも「茶室麟閣」と同様、のんびりほっこりできる庭園である「御薬園」。「鶴ヶ城」からも徒歩で行ける場所にあるので、両方訪れるのも素敵ですね。

会津藩主の別荘として使われていた「御薬園」は、2代目藩主が薬草栽培を始めたことが由来となっています。現在もお抹茶だけでなく秘伝の薬草茶をいただくこともできますよ。

御薬園の住所・アクセスや営業時間など

名称御薬園
住所福島県会津若松市花春町8-1
営業時間・開場時間8:30~17:00
利用料金や入場料【入園料】330円

#9 当時の雰囲気を色濃く感じる茅葺き屋根の数々!「大内宿」

blank

image by PIXTA / 43319499

江戸時代、会津若松市と日光今市を結ぶ「会津西街道」の途中にあった「大内宿」は、宿場町として賑わいを見せました。現在も「大内宿」には多くの茅葺き屋根が残されていて、当時の雰囲気を色濃く感じることができます。

春や夏の新緑、秋の燃えるような紅葉、冬のしんしんと降り積もる雪景色…四季折々の表情と茅葺き屋根が織りなす風景は、日本の原風景を思い起こさせてくれるよう

大内宿の住所・アクセスや営業時間など

名称大内宿
住所福島県南会津郡郷町大内字山本
営業時間・開場時間9:00頃~17:00頃(店舗により異なる)
利用料金や入場料店舗により異なる

#10 山頂からは会津若松市街地が一望!「飯盛山」

blank

image by PIXTA / 47257232

「白虎隊」の悲しい物語が残る「飯盛山」ですが、山頂からは会津若松市街地が一望できてとってもすがすがしい風景

身体を動かしたいときはハイキング気分で頂上を目指すのも良いですし、体力に自信がない方やサクッと散策したいときは「スロープコンベア」で楽に上ることもできますよ

飯盛山の住所・アクセスや営業時間など

名称飯盛山
住所福島県会津若松市一箕町八幡
営業時間・開場時間【スロープコンベア】3月21日~11月20日8:00~17:00 11月21日~3月20日9:00~16:00
利用料金や入場料【スロープコンベア】250円

1 2 3 4