みなとみらい・桜木町元町・中華街・山下町横浜駅周辺横須賀・三浦神奈川県箱根藤沢・茅ヶ崎・寒川鎌倉・逗子・葉山関東

【2021年版】冬の神奈川デート50選!筆者おすすめの50スポット【定番・温泉・歴史・工場見学・名物など】

神奈川県にはたくさんの観光スポットがあるため、どこに訪ればいいかわからないという方もいるのではないでしょうか?特に冬は日が暮れるのも早く寒さも身に沁みるので、長時間の外デートは辛いもの。

そこで今回は神奈川県在住の筆者が、地元民だからこそわかるおすすめの神奈川の寒さに負けず、愛を深められるだろう冬のデートスポット50選を紹介します。

ライター/Wasao

横浜在住で東京、神奈川のデートスポットに詳しい若干20歳の男子大学生。

たくさんの冬デートスポットのある横浜

image by PIXTA / 552895

神奈川県は横浜、鎌倉、箱根などたくさんの観光地のある県。2019年度の都道府県魅力度ランキングでは、北海道、京都、東京、沖縄に続き第5位となっています。

これぞ横浜「みなとみらい」

みなとみらいは横浜市西区にある未来的なウォーターフロント地区で、赤レンガ倉庫や山下公園などがあり、人気のデートスポットになっています!夜の海の見える景色は格別です!

#1 実は中に入れる「赤レンガ倉庫」

image by PIXTA / 47725048

横浜は江戸時代の開港から港町として栄えてきました。当時倉庫として活躍していたのが中区にある赤レンガ倉庫ですが、2002年に改装され今ではカフェやレストランなど複合施設へと変貌。冬の冷え切った体で赤レンガ倉庫に入りご飯を食べた思い出は一生ものになるでしょう!私も冬に訪れ赤レンガ倉庫内でカレーを頂きましたが、雰囲気もあって今でも鮮明に覚えています。

夜のライトアップやイルミネーションも素敵で、日が暮れるのが早い冬は特におすすめ。

赤レンガ倉庫の住所・アクセスや営業時間など

名称赤レンガ倉庫
住所神奈川県横浜市中区 新港1-1
営業時間・開場時間【1号館】10:00~19:00※2Fスペース、3Fホールはイベントにより異なる【2号館】11:00~20:00※カフェ・レストランの営業時間は店舗によって異なる
利用料金や入場料店舗により異なる
参考サイトhttps://www.yokohama-akarenga.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#2 横浜の象徴「ランドマークタワー」

image by PIXTA / 42008201

ランドマークタワーはオフィス、ホテル、ショッピングモールなどからなる複合施設で大阪市のあべのハルカスに次いで日本で2番目に高い超高層ビル。ビル内にはスカイガーデンという展望台があり、360度横浜の街を一望することができ、天気がいい日には東京タワーやスカイツリーなど都心部も拝めますよ。

夜にカップルで行くのがおすすめ。

ランドマークタワーの住所・アクセスや営業時間など

名称ランドマークタワー
住所神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1
営業時間・開場時間【スカイガーデン】10:00~21:00(延長営業時は10:00~22:00)【ショッピング】10:00~20:00【カフェ&レストラン】11:00~22:00【みらい横丁】11:00~23:00
利用料金や入場料【スカイガーデン】1,000円【その他】店舗により異なる
参考サイトhttps://www.yokohama-landmark.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#3 温まりながらお好みヌードルを作ろう「カップヌードルミュージアム」

横浜みなとみらいにある冬でも寒くなく、カップルで楽しめる施設がここカップヌードルミュージアム。このミュージアムではトッピング、スープを自分好みにアレンジできるのと同時に、あなたのデザインした容器を作ることができるので、世界で一つしかないマイカップヌードルを生み出せますよ!さらにカップヌードルがどうできるか、カップヌードルを世に生み出した安藤百福の教えも学べ大人も楽しめるのでおすすめです。

ライターの私も訪れマイカップヌードルを作りましたが、恋人とわいわい楽しみながら作れたのでいい思い出となりました。

カップヌードルミュージアムの住所・アクセスや営業時間など

名称カップヌードルミュージアム
住所神奈川県横浜市中区新港2-3-4
営業時間・開場時間10:00~18:00
利用料金や入場料【入館料】500円【チキンラーメンファクトリー】800円【マイカップヌードルファクトリー】400円【カップヌードルパーク】1回30分400円
参考サイトhttps://www.cupnoodles-museum.jp/ja/yokohama/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#4 温泉でゆったり「万葉俱楽部」

image by PIXTA / 552895

カップヌードルミュージアムの目の前にあるのが万葉倶楽部。万葉倶楽部では毎朝、湯河原温泉と熱海温泉をタンクローリーで運んできており、訪れた人は2つの温泉を手軽に楽しむことができます。館内には横浜の綺麗な夜景が一望できる足湯が設置してあるので、そこで横並びで恋人とおしゃべりするのもロマンチック!

温泉のほかにも、マッサージサービス、岩盤浴などがあり美と健康に気を付けている彼女さんにとっては最高の施設。カップルで楽しめるゲームコーナーや貸個室も充実。

万葉俱楽部の住所・アクセスや営業時間など

名称万葉俱楽部
住所神奈川県横浜市中区新港2-7-1
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料【マル得セット入館料】2,750円(入浴料・浴衣・バスタオル・タオル・館内利用料金の セット)【深夜料金】1,980円【宿泊】1室2名1名あたり10,725円~
参考サイトhttps://www.manyo.co.jp/mm21/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#5 夜景を見てうっとり「港の見える丘公園」

港の見える丘公園は文字通り、横浜港を見下ろすことのできる小高い丘の上にある公園。この丘はもともと開港当時、イギリス軍とフランス軍が駐屯していた場所。そのため当時の面影が残っており、有名なのが園内にある「イングリッシュローズの庭」。この庭はバラがとても有名で、横浜のバラの名所になっています。

少し寒いこの公園が冬のデートスポットに最適な理由として外せないのが、展望台からの絶景。展望台から見下ろせる横浜港や、横浜ベイブリッジは格別ですよ。

港の見える丘公園の住所・アクセスや営業時間など

名称港の見える丘公園
住所神奈川県横浜市中区山手町114
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料【入園料】無料
参考サイトhttps://www.welcome.city.yokohama.jp/spot/details.php?bbid=182
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#6 中華料理で温まろう「横浜中華街」

image by PIXTA / 23282787

横浜中華街は神戸南京町や長崎新地中華街とともに三大中華街とされている場所。500店以上が軒を連ねており、中華料理の本場中国からの華僑や華人が本場の味を堪能させてくれる。四川麻婆豆腐、フカヒレ、シュウマイ、青椒肉絲、小籠包どれを食べても格別の味。冬の冷え切った体に染みわたり、ぽかぽかになることでしょう。

食べ歩きも可能なので、恋人とたくさんあるお店からどれを食べるかを話しながら歩くのも楽しいこと間違いなし!

横浜中華街の住所・アクセスや営業時間など

名称横浜中華街
住所神奈川県横浜市中区山下町
営業時間・開場時間店舗により異なる
利用料金や入場料店舗により異なる
参考サイトhttps://www.chinatown.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#7 暖房のきいた船で横浜港に出てみよう「シーバス」

image by PIXTA / 49050492

シーバスは横浜駅東口から山下公園へとベイエリアの名所を海の上からめぐることのできる旅客船。客室部には空調が完備されており、冬のデートにも最適。後部デッキに出ると横浜の風景を直に楽しむこともでき、みなとみらいを背景としたインスタ映えの写真が撮ることができます。

特に夜はみなとみらいを見ながら横浜の海を渡るデートはロマンチック!

シーバスの住所・アクセスや営業時間など

名称シーバス
住所【横浜駅東口のりば(横浜ベイクォーター2階)】神奈川県横浜市神奈川区金港町1-10【みなとみらいのりば】神奈川県横浜市西区1丁目みなとみらい1-3【ピア赤レンガ】神奈川県横浜市中区新港1丁目1-1 海側 横浜赤レンガ倉庫1号館【山下公園のりば】神奈川県横浜市中区山下町
営業時間・開場時間運航ダイヤを確認のこと
利用料金や入場料360円~700円(発着場所による)
参考サイトhttps://www.yokohama-cruising.jp/index.php?act=cruise&do=course_select&ship_id=003
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#8 冬の夜空に七色に輝く「コスモワールド」

image by PIXTA / 61217482

コスモワールドはみなとみらい地区にある都市型遊園地。園内のコスモクロック21と呼ばれる世界最大級の観覧車があります。なんとこの遊園地驚くことに入園料が無料!。

イルミネーションも最高で、冬にはイルミネーションも冬バージョンとなるのでおすすめです。

コスモワールドの住所・アクセスや営業時間など

名称コスモワールド
住所神奈川県横浜市中区新港2丁目8番1号
営業時間・開場時間11:00~20:00 ※曜日・シーズンにより異なるため営業カレンダーを確認のこと
利用料金や入場料【入園料】無料 ※アトラクション体験料は施設により異なる
参考サイトhttp://cosmoworld.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#9 世界が集まる「横浜ワールドポーターズ」

image by PIXTA / 36522469

横浜ワールドポーターズは横浜市中区新港にあるショッピングセンター。「いろんな世界がここにある」をコンセプトとしており、イタリアン、中華、ハワイ、カリフォルニアなどの料理を堪能できるほか、ショッピングもできます。そのためみなさんの舌にあった料理が見つかるでしょう。

館内は広く、お買い物も食事もできるので冬のデートにはばっちり!

横浜ワールドポーターズの住所・アクセスや営業時間など

名称横浜ワールドポーターズ
住所神奈川県横浜市中区新港2丁目2-1
営業時間・開場時間【ショッピング】10:30~21:00【レストラン】11:00~23:00 ※一部営業時間が異なる店舗あり
利用料金や入場料店舗により異なる
参考サイトhttps://www.yim.co.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#10 ターミナルの役割「大さん橋」

image by PIXTA / 80814781

横浜のデートスポットでおススメなのがここ「大だん橋」。国内最大級の大型客船ターミナルで、おしゃれなデッキ・落ち着ける雰囲気になっています。

大さん橋は正式には「横浜港大さん橋国際客船ターミナル」という名称で、国内外の船が停泊するターミナルの役割になっているそうです。屋上広場は24時間開放されており、いつでも入れるようになっています。

#11 夜景がきれい「日本丸メモリアルパーク」

image by PIXTA / 63296086

みなとみらい21地区における最初に整備された公園「日本丸メモリアルパーク」。目の前には国指定重要文化財に指定されている「帆船日本丸」があり、太平洋の白鳥と呼ばれただけあり大きく美しいものです。

夜には帆船日本丸がライトアップし、みなとみらいの夜景を一望できとてもきれいになっています。是非ゆっくりくつろいでみてはいかがでしょうか。

#12 横浜みなとみらいの海の玄関口「ぷかりさん橋」

image by PIXTA / 63575692

横浜みなとみらいの海の玄関口と言われている「ぷかりさん橋」。1階デッキからは、横浜ベイブリッジ・横浜港などの眺望を楽しむことができ、2階からは、「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」が運営しているレストランがあり、一流の料理を堪能することができます。

また、観光船などに乗船できる桟橋となっているので、是非乗船してみてはいかがでしょうか。

#13 絶景を眺められる遊歩道「汽車道」

image by PIXTA / 78597289

1911年に開通した臨港鉄道で、500mほどの道を利用した海を渡るための遊歩道「汽車道」。遊歩道からは、みなとみらいの高層ビル群を見渡すことができます。

また、桜木町駅から横浜ワールドポーターズへの近道にもなっているんだとか。春は遊歩道が桜のスポットとして大変人気な散策路にもなっていて、観光客でにぎわっています。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: