みなとみらい・桜木町元町・中華街・山下町神奈川県関東

【保存版】みなとみらいデート50選!ハマッコおすすめの観光・グルメ・ホテル・遊びスポット

カップルの間の定番デートスポット「みなとみらい」。いろいろと検索してみても「同じような場所ばかりで全然参考にならない」「一度行ったことのある場所ばかりで面白みがない」なんてことありませんか?生まれも育ちも横浜の通称ハマッコである筆者が、定番エリアはもちろんのこと、地元民しか行かないような隠れたおすすめデートスポットまでピックアップして紹介します!何度行っても楽しい「みなとみらい」で、ラブラブ度アップな幸せデートを体感してくださいね!

※本サイトは広告プログラムにより収益を得ています。

海を臨む「みなとみらいエリア」で体験するここにしかない上質な時間!

image by PIXTA / 41829388

横浜といえばみなとみらいエリアが神奈川県民の定番デートスポットです。しかし、地元民からすると他県民の方々はみなとみらいの「み」の字も楽しめていません。みなとみらいエリアは、中心となっているのが海側のベイエリアですが、じつは山側のエリアにも楽しい場所は沢山あるのです。そして、それらすべて徒歩圏内から遠くても電車で一駅と密集しています。ベイエリアから山のエリア、元町中華街まですべて楽しめる他のカップルとは一味違うデートで距離を縮めませんか?

【みなとみらい初心者必見】まずは定番のベイエリアからご紹介します

地元民からしてもベイエリアなくしてみなとみらいは語れません。まずは、みなとみらい初心者には絶対行ってほしい定番エリアをご紹介。

#1 まずは「CIAL」!駅に降り立ってからみなとみらいの散策の旅支度を整える

桜木町に降り立って改札を出るとすぐ目の前にあるのがCIAL。土日に混雑するコレットマーレに比べて比較的空いています。ここで、ベイエリアをよりよく探索するための下準備
まずは、CIALに入っている「スターバックスコーヒー CIAL桜木町店」や「カフェレクセル シァル桜木町店」で飲みものを調達しましょう。
ここで購入した飲み物は店内で飲むのもいいですが、晴れている日は少しベイエリアを散策しながら頂くのが粋です!

ベイエリアは屋外のスポットが多く、海沿いなので日陰も少なく風よけも少ないです。そうすると、真夏は酷暑の中を直射日光を浴びながら、冬は極寒の中を強風に吹かれながら歩くことになるので、飲み物が欲しくなります。しかし、飲み物を販売するお店は土日は混みあって長蛇の列になってしまうので、いきなりラブラブな二人が険悪なムードになってしまうこともしばしば。そこで先に飲み物を調達しておくことで、余裕をもって散策することができますよ。

CIALの住所・アクセスや営業時間など

名称CIAL
住所神奈川県横浜市中区桜木町1-1
営業時間・開場時間【ショッピングフロア】10:00~21:00【レストラン&カフェ】11:00~23:00 ※店舗により異なる
利用料金や入場料入場無料、店舗により異なる

#2 飲み物を片手にベイエリアへ。「気車道」を通って横浜を感じる!

image by PIXTA / 56912524

飲み物を片手に、汽車道を渡りましょう。潮風がラブラブな二人を祝福するようです。地面の木製の床は、まさに港町。橋の開けた場所からは「ヨコハマコスモワールド」や「ワールドポーターズ」が望めます。

みなとみらいベイエリアの玄関口でもあるここは、旧横浜駅と新港埠頭を結ぶ臨港線の廃線跡を利用して作られた場所で、昔の横浜の物流を支えていた大切なものです。横浜の歴史にふれつつ、散策を進めましょう!

気車道の住所・アクセスや営業時間など

名称気車道
住所神奈川県横浜市中区新港2丁目、西区みなとみらい2丁目
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料

#3 「赤レンガ倉庫」で物流の歴史とモダンな雰囲気を合わせて感じよう

image by PIXTA / 21726393

真っ赤なレンガで作られたそこはまるで異世界。古き良き横浜のイメージを感じられる場所です。

赤レンガ倉庫の周辺には広場があり、家族でピクニックをしていたり、赤レンガ倉庫の周辺でイベントを開催していたりと、その周辺にいるだけで楽しめるスポットといえるでしょう。
しかし、せっかく赤レンガ倉庫に来たならば、外観だけ楽しむのはもったいない!赤レンガ倉庫の中は横浜元町の名物が沢山販売されており、レストランもあります。
ここで、ランチやディナーを楽しむといつもと違う雰囲気に二人の距離が急接近間違いなし。特にディナーは2階の店舗でテラス席を予約しておくと、横浜の夜景を眺めながら食事が可能です。まさに、デートにぴったりの雰囲気。

赤レンガ倉庫の住所・アクセスや営業時間など

名称赤レンガ倉庫
住所神奈川県横浜市中区新港1-1
営業時間・開場時間【1号館】10:00~19:00※2Fスペース、3Fホールはイベントにより異なる【2号館】11:00~20:00※カフェ・レストランの営業時間は店舗によって異なる
利用料金や入場料店舗・イベントにより異なる

#4 横浜の若者の聖地「ワールドポーターズ」で横浜デート

image by PIXTA / 50681577

横浜の若者の聖地といえば、横浜駅周辺のビブレと並んでワールドポーターズが二大巨頭です。横浜の地元民は若かりし頃、一度は足を踏み入れたことのある場所ではないでしょうか。

そんなワールドポーターズですが、1階から5階までがデートスポットとして使える部分。特に5階にはイオンシネマも入っていますので、雨の日のデートにはピッタリです。食事をするにも有名チェーン店も多数出店しており、スイーツも多種多様ですので、施設内だけで殆どデートが完結できてしまうのが特徴。

ワールドポーターズの住所・アクセスや営業時間など

名称ワールドポーターズ
住所神奈川県横浜市中区新港2丁目2-1
営業時間・開場時間【ショッピング】10:30~21:00 ※一部異なる店舗あり【レストラン&カフェ】11:00~23:00 ※一部異なる店舗あり【シネマ】9:00~レイトショー終了まで
利用料金や入場料店舗・施設により異なる

#5 世界に一つだけのカップを作る「カップヌードルミュージアム」

image by PIXTA / 61062711

日本人のソウルフードともいえるカップラーメン。その起源はNHKの朝ドラ「まんぷく」で有名になりました。世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を発明し、地球の食文化を革新した日清食品創業者・安藤百福の生涯とその開発魂を数々の展示を通じて体感することが出来る施設

施設内には安藤百福の生涯を動画にして説明するブースや、チキンラーメンの進化の過程、日本全国のカップラーメンの変遷等、一般の方でも楽しめるブースがいっぱいです。中でも絶対に行ってほしい場所は、マイカップヌードルファクトリー。世界で一つのオリジナルカップヌードルが作れます。

カップヌードルの器に自分で絵をかいて、デザインするところがカップヌードル作りの特徴。カップルでわいわいお絵かきをする気分で楽しめますよ。また、中に入れる具なども自分で指定できます。二人で好みのカップヌードルの味を議論しながら作り上げるとお互いの味覚の好みも分かるかも。

帰り道は特製バックに入れてもらって、思い出深い横浜土産にしちゃいましょう

カップヌードルミュージアムの住所・アクセスや営業時間など

名称カップヌードルミュージアム
住所神奈川県横浜市中区新港2-3-4
営業時間・開場時間10:00~18:00
利用料金や入場料【入館料】500円【チキンラーメンファクトリー】800円【マイカップヌードルファクトリー】400円【カップヌードルパーク】1回30分400円

#6 「シーバス」で楽しむ潮風の中の海上散歩

image by PIXTA / 49050493

横浜といえばクルージングが有名です。夕日を眺めながら優雅にフレンチコースを楽しめる「マリンルージュ」も魅力的ですし、クルージング重視の「マリンシャトル」も定番のデートコースだとおもいます。しかし、少し値が張ってしまいますし、みなとみらいをじっくり散策したいのにクルージングで時間を割きすぎてしまうという欠点も。みなとみらいを遊び尽くした人にはお勧めなのですが、みなとみらい初心者には不向きです。

「クルージングしている時間はないけど海を体感したい」という欲張りなカップルに必見なのが、「シーバス」。横浜駅に到着した後、JR桜木町駅やみなとみらい線を乗り継いでみなとみらいに行くのも楽しいですが、横浜駅から出ている「シーバス」なら移動時間もデートになります

「シーバス」は横浜駅からパシフィコ横浜、赤レンガ倉庫を通過し、山下公園まで行く水上バスです。休日は沢山の人で賑わいますが、平日は空席もあり気軽に利用できますよ。夕日の時間に合わせて利用すれば素敵な夕焼けが二人を出迎えてくれますよ。

シーバスの住所・アクセスや営業時間など

名称シーバス
住所【横浜駅東口のりば(横浜ベイクォーター2階)】神奈川県横浜市神奈川区金港町1-10【みなとみらいのりば】神奈川県横浜市西区1丁目みなとみらい1-3【ピア赤レンガ】神奈川県横浜市中区新港1丁目1-1 海側 横浜赤レンガ倉庫1号館【山下公園のりば】神奈川県横浜市中区山下町
営業時間・開場時間ダイヤによる
利用料金や入場料360円~700円(発着場所による)

#7 「ヨコハマコスモワールド」みなとみらいのトレードマークの観覧車で素敵な夜

image by PIXTA / 25317062

みなとみらいといえば、コスモワールドの観覧車がランドマークの一つになっています。みなとみらいと聞いてこの観覧車をイメージする人が多いのではないでしょうか。

コスモワールドは遊園地で、観覧車以外にも様々なアトラクションが揃っています。ジェットコースターはもちろんのこと、叫び声を計測するジェットスライダー等レパートリーも豊富です。横浜のデートスポットの定番コースの1つ。

夜の時間に利用すると横浜の夜景を上から見下ろすことができます。また、最近イルミネーションが変更され、今までよりも更に美しいパターン点灯となったこともあり、外から見ても楽しめる観覧車に仕上がりました。観覧車の中はみなとみらいの喧騒を忘れさせてくれる別世界。二人きりの空間で楽しむ夜景は必見です。

よこはまコスモワールドの住所・アクセスや営業時間など

名称よこはまコスモワールド
住所神奈川県横浜市中区新港2丁目8番1号
営業時間・開場時間11:00~22:00(季節・エリアにより変動。当月・翌月の営業カレンダーをHPで発表するので要確認)
利用料金や入場料【入園料】無料【アトラクション】コスモクロック21 1名900円など、アトラクションごとにチケットで支払う方式

#8 未体験からショッピングまで幅広く楽しめる「マークイズみなとみらい」

image by PIXTA / 61608094

マークイズみなとみらいは大型複合施設でショッピングからショールーム、アミューズメントまで幅広くテナントが入っているため、デートの応用が利きやすく、ぜひおすすめしたい施設です

中でも、5階の「Orbi(オービィ)」は必見。「Orbi」はあのセガが企画開発した大自然や動物たちの世界を全身で体感するエンタテインメントパーク。都会では、滅多に味わうことができな非日常のネイチャー体験が「Orbi」の特徴です。ゲームで有名なセガが開発しただけあって、子供から大人までゲーム感覚で楽しめる施設となっています。また、動物とも直接触れあれるコーナーもあり、ウサギやモルモットという人気の小動物から大型のフクロウまで様々な動物と触れ合う体験は思い出に残ること間違いなし。

そして、「Orbi」で自然を感じた後は、ショッピングや食事で都会的なデート。ほとんどこの施設の中で完結するので、雨の日にもおすすめなスポットです。

マークイズみなとみらいの住所・アクセスや営業時間など

名称マークイズみなとみらい
住所神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目5番1号
営業時間・開場時間【物販】月~木10:00〜20:00 金〜日・祝・祝前日10:00〜21:00【飲食店】:11:00〜23:00【フードコート】月〜木10:00〜20:00  金〜日・祝・祝前日10:00〜21:00【Orbi Yokohama(オービィ横浜)】月〜木9:00〜21:00 金〜日・祝・祝前日9:00〜22:00
利用料金や入場料入場無料 ※オービィ横浜の入館料は800円

#9 雨の日でも安心な「横浜美術館」でアーティスティックなデートを

image by PIXTA / 50130514

横浜美術館は1989年に開館して以来、横浜の近代美術を先導してきた美術館。迫力のあるシンメトリーな外観と、吹き抜けの開放的なグランドギャラリーが特徴。マークイズみなとみらいの正面にある立地も、デートスポットとして優秀。

館内は7つの展示室や、11万冊を超える蔵書がある美術情報センター、多彩なワークショップを行うアトリエなども揃う、国内でも有数の規模を誇る美術館です。常設展はもちろんのこと、企画展も大規模でそれぞれ個性のある企画展が目白押し。いつ来ても、何度来ても楽しめる美術館といえます。

ゆっくりと館内を鑑賞するのも楽しいですが、ワークショップがデートにはお勧め。アウトドアなカップルでも楽しみやすい工夫がいいっぱいで、美術館好きになってしまうかもしれませんよ。

横浜美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称横浜美術館
住所神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号
営業時間・開場時間10:00~18:00
利用料金や入場料【コレクション展】500円【企画展】展覧会ごとに異なる

#10 横浜のシンボル「ランドマークタワー」の展望デッキで空中散歩

image by PIXTA / 42008201

「ランドマークタワー」は、その名の通り横浜のランドマーク。周囲のビル群よりもひと際大きく、その存在感は圧倒的。タワーの地下部分はショッピングができる「ランドマークプラザ」、上階は高級ホテルの「横浜ロイヤルパークホテル」となっており、横浜を見下ろす上質な体験ができるスポットとなっています。

そして「ランドマークタワー」といえば展望デッキです。地上70階建て、約300メートルの高さから見下ろす横浜の絶景を感じることができ、休日は多くの人で賑わいます。晴れている日はまさに至高のひと時。初心者の方には絶対に行ってほしいスポットです。

逆に、雨の日の展望デッキは完全に雲の上になってしまうため絶景はそこにはありませんが、地元民の筆者からはそんな雨の日こそ展望デッキをお勧めしたいと思います。雨の日は展望デッキに雨が打ち付けるのですが、その雰囲気はまさに雨中遊泳。人も少なく、カップルで雨が降りしきる横浜をじっくり堪能できますよ。

ランドマークタワー(スカイガーデン)の住所・アクセスや営業時間など

名称ランドマークタワー(スカイガーデン)
住所神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目2-1 ランドマークタワー69F
営業時間・開場時間10:00~21:00 ※夏休み、ゴールデンウィーク、毎週土曜日、連休中日にあたる日曜日などは10:00~22:00
利用料金や入場料入場料1,000円

#11 「臨港パーク」で昼はアクティブに、夜は夜景を楽しむ

image by PIXTA / 46929532

「臨港パーク」はパシフィコ横浜の隣にある、海に面した公園です。実は隠れた釣りスポットであったり、噴水広場と芝生のエリアを備えた遊びにもピッタリなスポットであったりなど、アクティビティに長けた公園。赤レンガパークなどは人が多いので地元民が家族ずれでよく利用しています。

しかし、そんな昼の姿とは打って変わって夜は夜景スポットの1つ。公園自体もライトアップがされますが、ヨットの帆でお馴染みのインターコンチネンタルホテル等を海側から真正面に望むことのできる数少ないスポットであり、その雰囲気の良さは折り紙付きです。

みなとみらいベイエリアの端に当たるためJR桜木町駅に戻るには少し距離がありますが、新高島駅やみなとみらい駅を利用すればスマートに電車に乗ることができますよ。

臨港パークの住所・アクセスや営業時間など

名称臨港パーク
住所神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料

#12 「象の鼻パーク」と「大さん橋」で横浜の海を感じるお散歩コース

image by PIXTA / 50009874

臨港エリアに出たら、海を感じながら散策するのがおすすめです。なかでも、人気のコースは「赤レンガパーク」から「象の鼻パーク」を通って「大さん橋」に向かうコース。二人で海の風を浴びつつ歩いていけば、食後の気晴らしにもなりますよ。

歩いていると気付くかもしれませんが、実はこのコース、様々なドラマや映画で用いられている場所です。「海猿」「おっさんずラブ」の一コマでも大さん橋が登場しました。平日の昼間に行くと、時々コマーシャルやドラマ撮影と遭遇することもあって、ミーハーなカップルにはお勧めのエリアです。
大さん橋は国際旅客船用のターミナルなのですが、屋上デッキへの立ち入りは無料。また、大さん橋自体にも飲食店が数店ありますので、そこでカフェタイムなどはいかがでしょうか。

象の鼻パーク・大さん橋の住所・アクセスや営業時間など

名称象の鼻パーク・大さん橋
住所【象の鼻パーク】神奈川県横浜市中区海岸通1丁目【大さん橋】神奈川県横浜市中区海岸通1-1-4
営業時間・開場時間24時間(大さん橋の屋上「くじらのせなか」も24時間オープン)
利用料金や入場料無料

#13 「山下公園」でのんびり過ごす至福のひと時

image by PIXTA / 32870866

山下公園は海沿いの公園で、みなとみらいの中心地といえます。

山下公園といえば、氷川丸やシーバスに乗っての遊覧を思い浮かべると人が多いのではないでしょうか。また、週末はイベントが行われていますので、ひとたび公園に足を踏み入れれば楽しめるスポットです。

しかし、せっかく山下公園に来たのなら、山下公園の隠れた名物である西洋風の庭をチェックしてみてください。特に、バラの時期とアジサイの時期は賑わいます。お花が好きなカップルにはぴったりの場所です。

山下公園の住所・アクセスや営業時間など

名称山下公園
住所神奈川県横浜市中区山下町279
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料

#14 人形ずくしの空間で人形の歴史を感じる!「横浜人形の家」

image by PIXTA / 25392753

横浜人形の家は人形好き必見。人形の家ということは子供向けなのかなという印象を受けるところですが、実は大人が楽しむ空間です。常設展には古いお人形が展示されており、人形の歴史を感じることのできるものとなっています。

横浜人形の家は、昭和53年に大野英子氏の人形コレクションが横浜市に寄贈されたことをきっかけに発足し、その後規模を拡大しながら現在の施設となりました。その展示数は膨大で、100か国以上、1万点以上の人形を収蔵する国内唯一の施設となっています。季節に合わせた展示も充実しており、いついっても楽しい施設です。

横浜人形の家の住所・アクセスや営業時間など

名称横浜人形の家
住所神奈川県横浜市中区山下町 18番地
営業時間・開場時間9:30~17:00
利用料金や入場料入館料400円

次のページを読む
1 2 3 4
Share: