元町・中華街・山下町厚木大和・海老名・座間・綾瀬小田原平塚横須賀・三浦相模原神奈川県箱根藤沢・茅ヶ崎・寒川鎌倉・逗子・葉山関東

【2021年版】神奈川の穴場デート50選!ドライブ好きおすすめの絶景スポット・公園・美術館・穴場スポット

#25 立派な赤門と庭園の赤橋が見ごたえある「称名寺」

北条氏一門の菩提寺、称名寺。住宅街に突如現る立派な赤門をくぐると、桜並木の参道が続き仁応像が構える境内入り口に突き当たります。称名寺内には静かな庭園や金堂、鐘楼等歴史的建造物が並び、四季折々の草花と見事に調和していましたよ。

また境内から山道を登っていくと、海を眺められる展望エリアにたどり着きます。中心地から少し離れた穴場のデートスポット称名寺で、カップルでのんびり過ごしてみてはいかがですか。

称名寺の住所・アクセスや営業時間など

名称称名寺
住所神奈川県横浜市金沢区金沢町212
営業時間・開場時間9:00~16:00
利用料金や入場料【拝観料】250円
参考サイトhttps://www.kanagawa-kankou.or.jp/?p=we-page-single-entry&spot=295664&type=spot
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#26 鎌倉の閻魔様を拝む「円応寺」

北鎌倉の名刹、円応寺。人通りの少ない道沿いにひっそりと佇む円応子には、閻魔大王を中心に死後、冥界で出会うとされる十王が祀られています。十王像はすべて表情が異なり睨みつける王から優しい表情の王まで様々で、実物を見るとどれも大迫力

目の前で見ると思わず舌を隠してしまう程、見応えがあります。北鎌倉から徒歩17分の鎌倉駅への道中なので、物好きなカップルには是非訪れてほしい穴場スポットですよ。

円応寺の住所・アクセスや営業時間など

名称円応寺
住所神奈川県鎌倉市山ノ内1543
営業時間・開場時間【3~11月】9:00~16:00【12~2月】9:00~15:30
利用料金や入場料【拝観料】200円
参考サイトhttps://kamakura-ennouji.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#27 金運アップを目指して「銭洗弁財天」

image by PIXTA / 12353923

宇賀福神社にある銭洗弁財天では、実際に手持ちのお金を自分で霊水を使って洗うという貴重な経験ができます。鎌倉駅から少し離れたところにあり、駅周辺に比べ人も少ない穴場のデートスポットですよ。

トンネルに続く鳥居や七福神神社など、銭洗弁財天以外にも珍しい見どころがあり、一風変わったデートに最適。向かう道中に佐助稲荷神社や源氏山公園があり、軽いハイキングをしたいカップルにはお勧めの穴場デートスポットです。

銭洗弁財天の住所・アクセスや営業時間など

名称銭洗弁財天
住所神奈川県鎌倉市佐助2-25-16
営業時間・開場時間24時間(社務所は8:00~16:30)
利用料金や入場料【拝観料】無料
参考サイトhttps://www.kamakura-burabura.com/meisyokamakurazeniaraibenten.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#28 厳粛な空間ぬ包まれる「寿福寺」

image by PIXTA / 40791689

鎌倉駅から徒歩10分ちょっとのところにある、寿福寺大自然に囲まれ凛と佇む厳かなお寺で、穴場のパワースポットです。四季折々の草花に包まれた石畳の参道は、ジブリの世界に入り込むような気分になるはずですよ。

その不思議な空間の中にいると、私も思わず深呼吸をしてしまいました。森林に顔を隠す仏殿や総門は、近づきがたいオーラさえ放ちます。拝観料無料でとことん自然とお寺の調和を楽しめる、穴場のデートスポットですよ。

寿福寺の住所・アクセスや営業時間など

名称寿福寺
住所神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-17-7
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料【拝観料】無料(仏殿公開時は拝観料が必要)
参考サイトhttps://www.trip-kamakura.com/place/168.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

横浜・鎌倉の町を150%楽しむならここ!

ここからは横浜・鎌倉の町を150%楽しむスポットをご紹介します。

#29 天上の聖母媽祖を祀る神社「横浜媽祖廟」

image by PIXTA / 32812422

自然災害や疫病から人々を守る中国の神様・媽祖を主神とし、学問や安産、金運などご利益が異なる神を祀っています。中でも「月下老人」という縁結びの神様が大人気。境内にはそれぞれの神様の香炉があるので、心を込めて順番に参拝しましょうね。数種類あるお守りは要チェックです。

#30 港が見える高台がある!「伊勢山皇大神宮」

image by PIXTA / 54712800

「関東のお伊勢様」と称されており、地元の人々をはじめ全国から参拝者が訪れますよ。境内には梅、桜、青葉、紅葉など多くの花が四季を彩り、神前結婚式を挙げるカップルも多いです。二人で訪れるのがおすすめ。

#31 見どころ満載、指折りの古社「師岡熊野神社」

image by PIXTA / 80274634

「もの生み・安産・子育て・諸願成就」のご利益を得るため、全国各地から参拝者が数多く訪れますよ。御守りの種類が豊富で「日本サッカー協会公認の御守」や「おみくじで凶を引くともらえる御守」が話題です。

#32 豪華でかわいい洋服に出会える「岩崎ミュージアム」

岩崎学園・横浜Fカレッジの創立50周年に建てられた服飾資料博物館。館内での展覧会は絵画やテキスタイルなどさまざまなジャンルが2週間ごとに入れ替わります。ルネッサンスやロココ時代の衣装を着てお姫様気分になれる写真撮影が人気。二人で記念撮影してみてはいかがでしょうか。

#33 横浜港開港以降の美術を鑑賞できる「横浜美術館」

約1万2千点の美術品を所蔵。国内有数の規模を誇り、7つの展示室や11万冊以上の蔵書がある美術センター、ワークショップを行うアトリエを擁し、見る・作る・学ぶことができます。迫力のあるシンメトリーな外観と吹き抜けが開放的なグランドギャラリーが見事。二人で体験すれば仲も深まるでしょう。

#34 海を見ながら優雅な時間を過ごせる「ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル」

image by PIXTA / 64492126

みなとみらいのランドマーク的存在。ラウンジ&バー「マリンブルー」では、自然光が降り注ぐ明るく開放的な店内の窓から、ベイブリッジを背景に横浜港を行き来する船を眺めることができます。都会にいながらしにして豪華なリゾート気分が味わえますよ。フルーツのタルトやオリジナルハンガーがおすすめ。

#35 ゆったりとした時間を過ごせる「ホテルニューグランド」

image by PIXTA / 78773314

ホテルのフロントロビーと本館をつなぐラウンジ「ラ・テラス」の紅茶は格別。紅茶の色、香り、味の抽出へのこだわりは全国の紅茶を楽しめるお店の中から日本紅茶協会の「おいしい紅茶の店」にも選ばれたほどです。美しいパティオの情景とあたたかいおもてなしに包まれ、寛ぎの時間を過ごせるでしょう。

#36 シンプルな味で男女ともに人!「パンケーキリストランテ」

image by PIXTA / 64857413

注文してから丁寧に焼き上げられるパンケーキは、オリジナルのパンケーキミックスを使用しています。生地はふんわりと香り高いプレーンと風味豊かでもともちした全粒粉の2種類。テイクアウトの時は食べやすいように袋に入れてくれるのが嬉しいですね。ワンちゃんと一緒に入れる席もあります

#37 シナモンロールがおすすめ「ecomo Bakery」

image by PIXTA / 75699232

オーガニックにこだわったパンや菓子、ドリンクを提供しています。稀少な国産小麦「キタノカオリ」を100%使用したパンは岩塩が味を引き締め、もちもちとした食感。公園で小麦の香りに包まれながら、自然を満喫してみてはいかがでしょうか。モーニングやランチなどのカフェメニューもおすすめ。

#38 金運アップを願うならここ!「銭洗弁財天宇賀福神社」

本宮隣の洞窟には鎌倉五名水の一つに数えられる湧水があります。線香とロウソクを買って本宮にお参りし、宇賀神と弁財天が祀られている洞窟へ。

たくさんのザルが用意されているので、そこにお金を入れて柄杓で水を掛けましょう。洗ったお金はおっておかないで、使うと何倍にもなって戻ってくると言われていますよ。

自然を満喫するデートならここ!

忙しい毎日に疲れた時は、やっぱり大自然を感じたいですよね。

続いて神奈川県で自然を感じて楽しめる、穴場の自然デートスポットをご紹介します。

#39 偉人の邸宅を散策する「旧吉田茂邸」

大磯の海沿いにひっそり佇む、旧吉田茂邸。落ち着いていて穴場感溢れる静かな空間が広がり、私もよく訪れています。旧邸内は、庭園や竹林道、自然に囲まれた散策路が広がり、中央に元総理大臣の吉田茂が住まれていた邸宅がひっそりと跡を残していましたよ。

小高い丘の上からは大磯海岸が見渡せて、栄えた大磯の街の中で静かに自然を感じられる一押しデートスポットですよ。大磯方面のドライブの際にも、是非立ち寄ってみてくださいね。

旧吉田茂邸の住所・アクセスや営業時間など

名称旧吉田茂邸
住所神奈川県中郡大磯町西小磯
営業時間・開場時間9:00~16:30
利用料金や入場料【観覧料】510円
参考サイトhttp://www.town.oiso.kanagawa.jp/oisomuseum/index.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#40 落ち着いた景勝スポット「三渓園」

image by PIXTA / 62270535

賑やかな横浜エリアの真ん中で自然を感じる穴場スポット、三渓園。明治時代に開園した日本庭園で、国の名勝にも指定されている自然と歴史が融合した空間が広がります。

京都や鎌倉から集められた歴史的建造物が散在する庭園内は、ゆるやかに時間が流れ、視界全体に広がる森林に心癒されますよ。四季折々に変化する草木も楽しめる、のんびりデートにはぴったりのスポットです。

三渓園の住所・アクセスや営業時間など

名称三渓園
住所神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
営業時間・開場時間9:00~17:00
利用料金や入場料【入園料】700円
参考サイトhttps://www.sankeien.or.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: