神奈川県鎌倉・逗子・葉山関東

【保存版】鎌倉・江ノ島デートならここ!地元民厳選の13スポット【定番スポットから食べ歩きグルメまで】

よくある内容の観光記事ばかりでお困りのあなたにぴったりの、実際の体験を元にしたおすすめデート記事を人気シーンに合わせてご紹介します。
今回は神奈川在住の筆者が、もう行く場所に迷わない!鎌倉江ノ島でご機嫌になれるスポットをお届けします。

※本サイトは広告プログラムにより収益を得ています。

鎌倉・江ノ島の自然の恵みから絶景までパワーみなぎるスポットがいっぱい!

image by PIXTA / 48312500

鎌倉・江ノ島は東京からもアクセスが良く、電車や車でも訪れやすい場所になっており、海と山に挟まれた土地ならではのグルメから絶景が見る事ができる場所まで幅広く利用できるスポットです。以前から海外からの観光客や旅行客も多く、町全体が活気に満ちています。

食べ歩きやイートインがたくさん「鎌倉小町通り」

JR鎌倉駅東口から徒歩3分の大きな鳥居が目印の商店街!地元のお土産からローカルフードまで取り揃えており、歩くだけでも楽しめる観光スポットになっています。

#1 食べ歩きをするなら「あさひな」

商店街の入り口からすぐのところにあり、練りものを取り扱うお店です。小腹が減った時やちょっとした食べ歩きに最適ですよ。出来立てアツアツの練りものを串に刺していただきます。私もいただきましたが、出汁の染みた味が印象的でした。

定番の練りものから、地元で採れた新鮮なしらすを使用したものがオススメで、写真映えと記憶に残る一品になっています。

あさひなの住所・アクセスや営業時間など

名称あさひな
住所神奈川県鎌倉市小町1-6-15
営業時間・開場時間9:30~19:00
利用料金や入場料~1,000円

#2 甘味だけじゃない「こまち茶屋」

ぶらり歩くのに疲れたそこの方、甘いものはどうでしょうか。こちらのお店ではかき氷やあんみつといった甘味どころから、しらすご飯や雑炊まで幅広く取り扱っています。そのためランチにもカフェタイムにも使用することが可能です。店内の落ち着いた照明と素敵な盛り付けのお料理に癒されてみてください。

少しお値段はしますが、看板の本わらび餅は香りがよく高級感のある和菓子になっていますよ。

こまち茶屋の住所・アクセスや営業時間など

名称こまち茶屋
住所神奈川県鎌倉市小町1-6-15 i-ZA鎌倉1F
営業時間・開場時間10:30~18:30
利用料金や入場料1,000円~2,000円

#3 意外と知られていない 「漬け物の町」

blank

image by PIXTA / 24100320

小町通り内には漬け物を取り扱うお店が多くあります。お土産としてぜひ一度は見てみてください。なかには食べ歩きができるものを置いてあったりや、試食のバリエーションが多く揃っているところもあります。

漬け物専門店に行く機会がない方には入りづらいかもしれませんが、お店によって味付けが全然違うので、ぜひお店の人に聞いたり試食をしてみてください。

一度は乗っておきたいレトロな電車「江ノ島電鉄」

移動するなら江ノ電に乗って街並みを楽しみながら、あちこち散策してみましょう。ここでか味わえない、情緒ある景色があなたを待っていますよ。

#4 江ノ電を間近にご飯が食べられる 「ヨリドコロ」

江ノ島電鉄稲村ケ崎駅から徒歩2分の飲食店。こちらの魅力は江ノ電の線路に面したカウンター席があることです。干物料理など和食を中心に食べることができ、ロッジ風の店内はのんびりと過ごせる雰囲気になっています。

みなさんが食べたことのあるTKG(卵かけご飯)の食べ方が少し変わっていて、卵白をメレンゲ状に泡立ててふわふわのところに黄身をそっと乗せて食べるのが醍醐味です。この時に黄身が割れてしまわないように注意してください。

ヨリドコロの住所・アクセスや営業時間など

名称ヨリドコロ
住所神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1-12-16
営業時間・開場時間7:00~18:00
利用料金や入場料【モーニング】500円~1,000円【カフェ】~1,000円【ランチ】1,000円~2,000円

次のページを読む
1 2 3
Share: