ライフイベント結婚・ウェディング

結婚式のお呼ばれイヤリングおすすめ10選!パール以外や大振りなもの・揺れるものなど人気のおしゃれなデザインを極度のアクセサリー好きが紹介

結婚式に招待されたら、当日のドレスやご祝儀など、色々と準備が必要になりますよね。その中でも、顔まわりを華やかに見せるイヤリング選びはとても重要。華やかならなんでも良いわけではなく、結婚式にふさわしいものを選んで身につけなければいけません。
今回は、結婚式ごとにイヤリングを買い替えるアクセサリー好きの筆者が、結婚式お呼ばれにピッタリのイヤリング10選を、選び方のポイントとともにご紹介します!

ライター/ぶちねこ

結婚式お呼ばれのイヤリングに決まりごとはある?

image by PIXTA / 84913658

結婚式お呼ばれのイヤリングを選ぶ際に特に重要なのは「花嫁より目立つもの」「花嫁と被りそうなもの」を避けることです。最近は結婚式お呼ばれの服装に関してのマナーはかなり柔軟になってきているので、その2つを念頭に置いて選べば失敗は少ないでしょう。

また、正式なお祝いの場なので暗い色やカジュアルなものはおすすめできません。式場の雰囲気や身につける他のアクセサリー等と合うものを選ぶのも大事なポイントです。

結婚式お呼ばれにふさわしいイヤリングを選ぶポイント3つ

では、結婚式にお呼ばれされたら、実際にはどのようなイヤリングをつけていけば良いのでしょうか。具体的なポイントを3つご紹介しますので、参考にしてみてください。

その1.王道を選べば失敗なし!パールのイヤリング

結婚式のお呼ばれアクセサリーの代表格、パールをあしらったイヤリングならまず間違いありません。一粒パールのイヤリングはちょっと堅苦しいかも…と思う人でも、パールが複数並んだものや小さなジュエリーが添えられたデザインなら、格式を守っておしゃれを楽しめます

ただ、黒色やいびつな形のパールは、正式なお祝いの場にふさわしくない場合があるので避けたほうが無難でしょう。

その2.ドレスに合わせたいジュエリーは控えめなものならOK

普段とは違った雰囲気が演出できるドレスに合わせたくなる、キラキラ輝くジュエリー。結婚式お呼ばれのシーンでは華美なジュエリーは避けるべきとされていますが、実際はさりげなくキラッと光る程度のものなら問題ないことの方が多いです。

花嫁よりも目立つことがないように石のサイズやデザインに気をつけて選べば、華やかなジュエリーのイヤリングでドレスアップを楽しむこともできるでしょう。

その3.上品なフラワーモチーフなら結婚式に最適

可憐なお花のイヤリングは、おめでたい結婚式のお呼ばれにピッタリ!カジュアルすぎるものはNGですが、上品なバラや桜などをかたどった繊細なデザインなら、ドレスにもよく合うはずです。

色付きのものは着ていくドレスや他のアクセサリーとのバランスを考えて身につけると良いでしょう。また白や黒のお花のデザインはマナー違反になる可能性があるので、控えた方がいいかもしれません。

【厳選】結婚式に華を添えるお呼ばれイヤリングおすすめ10選

ここからは結婚式お呼ばれにうってつけの、気品あるおしゃれを楽しめるイヤリングのおすすめ10選をご紹介していきます。

#1 王道だけどおしゃれ心も忘れない【 VINGTAINE ダブルパール ウェーブイヤリング】

[ヴァンテーヌ] VINGTAINE ダブル パール ウェーブ イヤリング 結婚式 二次会 P1305-S-E シルバー-E
[ヴァンテーヌ] VINGTAINE ダブル パール ウェーブ イヤリング 結婚式 二次会 P1305-S-E シルバー-E
Amazonでの参考価格:¥1,296
価格・情報の取得:2022-08-21

まずはどんな場面でも安心のパールイヤリングをご紹介します。シンプルにパールのみを使っているので、格式の高い式場や目上の人が多く集まる結婚式でも安心してつけていけるでしょう。2つ並んだ大小のパールとさりげないウェーブの装飾が施されていて、デザイン性も兼ね備えているのも嬉しいポイント!

どんなイヤリングをつけていけば良いかわからない時でも失敗なしの頼もしい一品ですね。

次のページを読む
1 2 3
Share: