結婚・ウェディング

結婚式に持っていきたいサブバッグ10選!高見え・普段使い・コスパ◎など、選び方のポイントとともに現役プレ花嫁が厳選して紹介

結婚式でよく見る小さめのフォーマルなパーティーバッグ。かわいいけれど、この大きさじゃ荷物が入りきらない!という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方におすすめなのがサブバッグ。「どんなものを選んだら良いの?」とお困りの方に向けて、おすすめのサブバッグ10選を現役プレ花嫁がご紹介いたします。選び方のポイントもあわせてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください♪

ライター/川上詩乃

東京出身、名古屋在住の20代兼業OLライター。普段は、医療業界で企画職として働いています。2023年に予定している結婚式に向けて準備中。現代志向のプレ花嫁によるリアルな結婚事情をお届けします♪

結婚式にサブバッグは必要?

image by PIXTA / 59474805

結婚式に大きすぎるバッグはマナー違反であるとされているため、メインのパーティバッグには招待状ご祝儀袋など会場に持ち込む最低限の荷物を選んで入れる必要があります。一方、サブバッグには、着替え折り畳み傘などあると便利だけれど式の間には使わないものをいれるのが一般的です。挙式や披露宴の間はクロークに預けておきましょう

なお、容量のあるパーティバッグを持っている方や荷物が少ないという方は無理に使う必要はありません。

結婚式用サブバッグ選びのポイント

では、結婚式用のサブバッグにはどんなものを選べば良いのでしょうか。3つのポイントに沿って解説していきます。

その1.フォーマルで慶事にふさわしいデザイン

冠婚葬祭という言葉が示す通り、結婚式は人生の節目となる儀式であり、ドレスコードと同じくバッグにもフォーマルさが求められます。メインバッグはもちろんサブバッグも、ふさわしい色、デザイン、素材のものを選びましょう。

サテンやシルクといった光沢のある素材の上品な輝きは、慶事にふさわしいでしょう。かわいらしいレースのデザインもおすすめです。

その2.A4サイズが便利

サブバッグはA4サイズであれば大きめの招待状も入るので安心です。マチがついているかも大事なポイント。大きさは同じでもマチがあるとないとで容量が大きく異なります。マチがない方がスマートな印象ですが、靴など場所をとるものを入れたい場合、マチは必須です。

一度持ち物リストを作ってみるとサブバッグに必要な容量の目途が立つでしょう。

その3.紙のバッグはNG

お店でもらう紙袋はさまざまなサイズがあるので、ちょうど良いサイズ感のものを結婚式でサブバッグとして使いたい、という方もいるかもしれません。

ただ、たとえブランドのショップバッグであったとしても、紙のバッグをサブバッグとして使うのはNGとされています。ショップバッグは買ったものを入れる袋であり、失礼にあたるためです。

【厳選】結婚式にふさわしいサブバッグ10選

ここからは、結婚式におすすめのサブバッグ10選を紹介していきます。上記で紹介したポイントに沿ったおしゃれなバッグばかりなので、ぜひ参考にしてください!

#1 控えめなリボンが上品「PREX フォーマル サブバッグ」

フォーマルシーンに馴染む上品なリボンデザインのトートバッグ。ドレスの邪魔をしないシンプルなデザインで、手に持つと大人の女性らしい凛とした雰囲気を感じさせます。

10cmのマチがあり収納力を求める方も十分に満足できるでしょう。内側にはオープンポケットがついているのでキーケースや小銭入れなど、小物の整理にも便利です。

IMAGE

フォーマルバッグ サブバッグ リボン 黒 冠婚葬祭 結婚式 入学式 卒業式 レディース [プレックス] 慶弔両用 A4サイズ対応 191123 アイボリー

¥3,520Amazonで見る
価格・情報の取得:2022-07-29
次のページを読む
1 2 3
Share: