スターバックス飲食店

【現役スタバ店員が解説】スタバの定番メニューを紹介!おすすめカスタマイズも大公開

スタバに訪れる際、どのドリンクを選ぶか迷う方も多いかと思います。そこで、現役スタバ店員として、スタバ定番メニューを「フラペチーノ編」「エスプレッソ編」「ティー編」に分けてご紹介いたします。さらに、各ドリンクのおすすめカスタマイズもご紹介します。これらの情報を参考に、次回のスターバックスコーヒーの注文に役立ててみてください。

※本サイトは広告プログラムにより収益を得ています。

スタバの定番メニュー3選「フラペチーノ編」

スタバの定番メニュー3選「フラペチーノ編」

ライター自⾝による撮影

ここでは、スタバの定番メニュー3選「フラペチーノ編」を紹介します。

その1. 「バニラクリームフラペチーノ」

「バニラクリームフラペチーノ」はバニラアイスよりもさっぱりとした口当たりが特徴で、親しみやすく、どんな方でも楽しめる美味しさがあります。幅広い世代から愛されるコアビバレッジ商品の1つ。価格は下記の通り。

Short535
Tall575
Grande620
Venti665

メニューに表記はされていませんが、ショートサイズで注文することが可能です。カロリーを下記にまとめました。

Short227kcal
Tall255kcal
Grande357kcal
Venti427kcal

フラペチーノ全体のカロリーの平均値あたりになります。なお、 「バニラクリームフラペチーノ」のドリンク構成は以下の通りです。

・ホイップクリーム
・バニラシロップ
・クリームベース
・ミルク
・氷

上記の通りです。なお、ホイップクリームとバニラシロップと氷の量については無料で調整することが可能。他にもソース類のトッピングも無料でできます。「バニラクリームフラペチーノ」のおすすめカスタムは下記の通りです。

・チョコレートチップを追加(+55円)
・チョコソース追加(無料)

バニラの単調なフレーバーだけでは飽きやすい場合、チョコレートの風味を加えることでより一層美味しさが引き立ちます。特にチョコチップの歯応えが追加されることで、全く新しい味わいを楽しむこと可能です。

その2. 「キャラメルフラペチーノ」

「キャラメルフラペチーノ」は、キャラメルシロップやミルクに加え、コーヒーを組み合わせたフラペチーノです。ホイップクリームとキャラメルソースをトッピングして、よりキャラメルの濃厚な味わいが楽しむことができます。価格は下記の通りです。

Short535
Tall575
Grande620
Venti665

メニューに表記はされていませんが、ショートサイズで注文することが可能です。カロリーを下記にまとめました。

Short271kcal
Tall302kcal
Grande420kcal
Venti505kcal

フラペチーノ全体のカロリーの平均値あたりになります。なお、 「キャラメルフラペチーノ」のドリンク構成は以下の通りです。

・キャラメルソース
・ホイップクリーム
・キャラメルシロップ
・コーヒーベース
・ミルク
・コーヒーロースト
・氷

上記の通りです。なお、キャラメルソース・ホイップクリーム・キャラメルシロップ。コーヒーベース。氷の量については無料で調整することが可能。他にもソース類のトッピングも無料でできます。「キャラメルフラペチーノ」のおすすめカスタムは下記の通りです。

・アーモンドミルク変更
・バニラシロップ変更
・ホワイトモカシロップ追加
・ココアパウダー追加

キャラメルフラペチーノのおすすめカスタムとして、ティラミス風カスタムが代表的です。ドリンクの構成を見ると、キャラメルの要素が控えめで、バニラやホワイトモカの風味も感じられません。実際に飲んでみると、これらが絶妙なバランスで調和しており、後味に広がるアーモンドの香ばしさが良いアクセントになっています。

既に濃厚なドリンクですが、さらなるコクを楽しむためにはブレべミルクへの変更もおすすめです。ココアパウダーを最大限に追加してもらうと、見た目もティラミスに近づきます。

その3. 「ダークモカチップフラペチーノ」

「ダークモカチップフラペチーノ」は、ダークチョコレートのほろ苦さが際立つコーヒーベースのフラペチーノです。トップにはホイップクリームとダークチョコパウダーがトッピングされています。コーヒーベースにはミルクや砕いたチョコチップが加えられ、大人な味わいがまろやかに仕上げられているのが特徴的。

価格は下記の通りです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: