中部地方熱海静岡県

【2021年版】熱海デートならここ!毎年通う筆者おすすめの30スポット【絶品グルメ・アクティブスポット・レトロ商店街・絶景エリアなど】

「熱海って温泉以外に何があるっけ?」そう思っている方もいるかもしれません。実は熱海は温泉リゾートだけでなく、文豪ゆかりの地や自然や歴史をたっぷりと味わえるスポット、また「東洋のナポリ」とも呼ばれるほどの美しい夜景を楽しむことのできる、デートにぴったりの街なんですよ。

今回は毎年熱海に通う筆者が、何度も訪れてしまいたくなるようなおすすめの熱海デートスポット30選をご紹介します。

熱海には2人で楽しめるデートスポットがいっぱい!

image by PIXTA / 32461554

静岡県、熱海市。かつて新婚旅行の定番として人気を集めたこの街は、東京から訪れる際も新幹線で40分と、都心からのアクセスも抜群な日本有数の温泉リゾートとして現在でもたくさんの人々から愛されています。

坪内逍遥や谷崎潤一郎など多くの文豪が愛した熱海は温泉以外にも新鮮な海鮮や「東洋のナポリ」とも呼ばれるほどの美しい夜景も楽しむことができる、1日デートにぴったりの街なんですよ。

やっぱり外せない!熱海の定番デートスポット

魅力たっぷりの熱海デート、まずは定番から巡ってみるのはいかがですか?おすすめの定番デートスポットをご紹介します。

#1 熱海一の海水浴場でゆっくりとお散歩をしよう!「サンビーチ」

image by PIXTA / 5529022

最初にご紹介する熱海の定番デートスポットはこちらの「サンビーチ」。熱海市街地の目の前に広がるこちらのビーチでは、ヤシの木がずらっと並んだ400メートルにもわたる真っ白な美しい砂浜でゆっくりとしたデートを楽しむことができます。

海開きが行われる夏の時期には全国から訪れるたくさんの人で賑わい、日の出時や満月の日はロマンチックな雰囲気が漂う、1年を通して人気がある熱海一の海水浴場です。

サンビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称サンビーチ
住所静岡県熱海市東海岸町
営業時間・開場時間【海水浴場設置】7月10日~8月29日(遊泳可能時間9:00~16:00、ライトアップ日没~22:00(花火打上時間は消灯)) ※
利用料金や入場料【入場料】無料
参考サイトhttps://www.ataminews.gr.jp/spot/119/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#2 日本三大古泉を訪ねよう!「走り湯」

image by PIXTA / 36632312

続いてご紹介するのは、奥行き5メートルの洞窟の中から源泉が湧き出すこちらの「走り湯」。日本でも珍しい横穴式源泉のこちらのスポットは日本三大古泉のひとつとされており、1300年前の発見時には北条政子らも入浴したと伝えられています。

伊豆山神社の神湯として信仰もされており、現在も神事に用いられるなど、熱海を知る上では欠かせないスポットです。

走り湯の住所・アクセスや営業時間など

名称走り湯
住所静岡県熱海市伊豆山604-10
営業時間・開場時間9:00~16:00
利用料金や入場料【入場料】無料
参考サイトhttps://www.ataminews.gr.jp/spot/133/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#3 空中散歩を楽しもう!「アタミロープウェイ」

image by PIXTA / 18314688

続いてご紹介するのは、こちらの「アタミロープウェイ」。熱海のランドマーク「熱海城」に通じるこちらのロープウェイでは、熱海の街並みを見下ろしながら約3分間の空中散歩を楽しむ事ができます。

片道400円、往復600円の料金がかかりますが、車やバスを選ぶと見ることができない自然の景色を眺めることができるので、熱海を訪れた際にはぜひ利用してみてくださいね!

アタミロープウェイの住所・アクセスや営業時間など

名称アタミロープウェイ
住所静岡県熱海市和田浜南町8-15
営業時間・開場時間【上り始発】9:30【上り最終】17:00【下り最終】17:30 ※概ね10分間隔で運行
利用料金や入場料【片道】400円【往復】700円
参考サイトhttps://www.atami-ropeway.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#4 末願い愛を絵馬にお願いしよう!「あいじょう岬」

image by PIXTA / 18314683

続いてご紹介するのは、こちらの「あいじょう岬」。先ほどご紹介した「アタミロープウェイ」を降りたすぐ先に位置するこちらの岬は、恋愛運向上を願って「あいじょう絵馬」と呼ばれる絵馬に願いを綴ることができるスポットがあることで人気なんです。

絵馬には錠前とふたつの鍵がついており、絵馬を奉納した後鍵をお互いに持っておくことで末長い愛が叶うと言われています!

あいじょう岬の住所・アクセスや営業時間など

名称あいじょう岬
住所静岡県熱海市和田浜南町
営業時間・開場時間9:30~17:30(アタミロープウェイ運行時間帯)
利用料金や入場料【入場料】無料(アタミロープウェイの運賃が別途必要)
参考サイトhttps://www.atami-ropeway.jp/aijoumisaki/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#5 熱海のランドマークで歴史にワクワクしよう!「熱海城」

image by PIXTA / 37775289

続いてご紹介するのは、海抜約120メートル、熱海ロープウェイ山頂駅の近くに位置するこちらの「熱海城」。熱海のランドマーク的な存在のこちらは、1959年に、桃山時代から慶長初期の様式で建てられた観光施設です。

城内には兜や日本刀などの歴史好きがワクワクするような展示をはじめ、疲れた足をほっと癒してくれる足湯美しい眺めの展望天守閣など様々な魅力的なスポットがたくさん揃っています。

熱海城の住所・アクセスや営業時間など

名称熱海城
住所静岡県熱海市曽我山1993
営業時間・開場時間9:00~17:00
利用料金や入場料【入城料】1,000円
参考サイトhttp://atamijyo.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#6 熱海のグルメはここで買い込もう!「仲見世商店街」

image by PIXTA / 54679556

続いてご紹介するのは、こちらの「仲見世商店街」。熱海のお土産を買うのにぴったりなこちらの商店街には、魅力的なグルメがたくさん並んでいます。

温泉で有名な熱海だからこそ買っておきたい定番の温泉まんじゅうをはじめ、新鮮な魚介類がたくさん獲れる熱海ならではの旨味たっぷりの干物専門店など、つい試したくなってしまうようなお土産をたくさん楽しんでくださいね。

仲見世商店街の住所・アクセスや営業時間など

名称仲見世商店街
住所静岡県熱海市田原本町
営業時間・開場時間店舗により異なる
利用料金や入場料店舗により異なる
参考サイトhttps://www.ataminews.gr.jp/spot/331/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#7 自然たっぷりの有人島でアクティビティを楽しもう!「初島」

image by PIXTA / 40767546

続いてご紹介するのは、熱海市街から約10キロの場所に位置するこちらの「初島」。静岡県唯一の有人島であるこちらの島は周囲約4キロという小さい土地ながらも日帰り入浴ができるスポット、灯台や新鮮な魚をいただくことのできる食堂街などが並んでいます。

島内ではアスレチックコースや釣り、ダイビングなど自然たっぷりのアクティビティを楽しむこともできるため、アウトドアなカップルにもぴったりです!

初島の住所・アクセスや営業時間など

名称初島
住所静岡県熱海市
営業時間・開場時間店舗・施設により異なる
利用料金や入場料店舗・施設により異なる(熱海~初島への定期船は片道1,320円、往復2,640円)
参考サイトhttps://www.hatsushima.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#8 日本一早い梅まつりを見に行こう!「熱海梅園」

image by PIXTA / 20733030

続いてご紹介するのは、こちらの「熱海梅園」。1886年の開設以来美しい梅の花を咲かせ続けてきたこちらの梅園では、4.4ヘクタールの敷地内に咲き誇る59品種472本もの梅の木を楽しむことができます。

1月中旬から3月上旬には日本一早い梅まつりとも呼ばれる「熱海梅園梅まつり」、11月中旬~12月上旬には「もみじまつり」など、季節に合わせたイベントを訪れてみるのもおすすめです。

熱海梅園の住所・アクセスや営業時間など

名称熱海梅園
住所静岡県熱海市梅園町8-11
営業時間・開場時間24時間 
利用料金や入場料【入園料】無料 ※梅まつり期間の8:30~16:00は入園料300円(熱海市民は100円)が必要
参考サイトhttps://www.ataminews.gr.jp/spot/105/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: