アニーお祝い体験マガジン

静岡の観光スポット30選!ときめきスポット・定番お出かけ・ドライブなど旅行好きな筆者が紹介!
中部地方 静岡県

静岡の観光スポット30選!ときめきスポット・定番お出かけ・ドライブなど旅行好きな筆者が紹介!

この記事は、編集部で2023年10月23日にチェックし追加更新した最新情報を掲載しています!

茶畑が広がる風景をいたるところで見られる静岡。南アルプスの山々に抱かれた雄大な大井湖には四季折々の風景が広がっており、果てしなく広がる大自然に見守れながら散策を楽しめます。また静岡は水資源と原料となる木材が豊富であったことなどから製紙産業が発展し、今なお国内屈指のシェアを誇る紙の街のため、地元の製糸会社で作られる紙を使って自分だけのオリジナルグッズを作れますよ。お茶で有名な牧之原台地の西斜面に広がる千框の棚田は田んぼが階段状に連なる美しい日本の原風景です。棚田を守る人々の思いが伝わる貴重な風景はきっと心に刻まれるはず。そして温暖な気候とおだやかな湖面を活かしさまざまなマリンレジャーが楽しめる浜名湖では、ちょっと勇気を出せばなかなかできないレアな体験やパラセーリングに挑戦できますよ。そこで今回は、静岡の街に詳しい筆者が静岡でおすすめの観光スポットを紹介します。

※本サイトは広告プログラムにより収益を得ています。

espressivo

ライター/espressivo

旅行が好きなフリーライター。美しい夜景や人気の絶景スポットはもちろん、アクティブに過ごせる場所、歴史ある建造物など情報を惜しみなくお届けするとともに、ビギナーでも安心して出かけられるよう分かりやすく解説します。

静岡には魅力的なスポットがたくさん!

image by PIXTA / 90015991

穏やかな流れに巨岩が変化を生みだし初夏は深緑、秋は紅葉が彩を添える自然豊かな街静岡。中心市街地から郊外へ少し足を延ばしたエリアには川沿いに広がる渓谷をはじめ豊かな自然があふれています。

遊歩道や吊橋からは四季折々の情景を楽しみつつ散策したり、のどかな里山の情景を残す場所ではゆっくりと1日を過ごしたりしましょう。

日帰りでも十分楽しめる自然の恵みでリフレッシュスポット5選!

ここからは日帰りでも十分楽しめるリフレッシュスポットを紹介します。大棚の滝や紅葉など愛鷹山系随一の自然美で知られる渓谷からは抜群の眺めが望めますよ。富士山を望む雄大なロケーションで自然に抱かれながら風を全身で感じてみましょう。

#1 首都圏から一番近い離島で気軽に南国気分を味わう!「初島」

blank

image by PIXTA / 16884619

熱海湾から高速船に乗って約30分でアクセスできる初島は首都圏から日帰りで楽しめる離島として知られています。静岡県唯一の有人島であり熱海市に属する小さな島で、島に渡れば驚くほど静かでゆったりした時間が流れていますよ。

バスもタクシーもなく島の周囲は約4キロと徒歩で回ることができる大きさなので1泊してたっぷり島時間を満喫するのもおすすめ。南国の雰囲気が漂う島をのんびりと散策してみましょう。

スポット名初島
概要小さなリゾート島。シュノーケリングやダイビング、ピクニック、海鮮グルメを日帰りで楽しめる。
住所〒413-0004 静岡県熱海市 初島
営業時間要お問い合わせ

#2 新展望施設も完成!静岡屈指の景勝地「日本平」

blank

image by PIXTA / 77389930

標高307メートルの有度山の山頂一帯に広がる日本平は富士山を正面に眺め、眼下にはその構成資産となった三保松原や駿河湾、清水の町並みなどが広がっています。

昭和34年には国の名勝に指定され、ほかにも日本観光地百選第一位や日本夜景遺産にも選出されていますよ。まさに押しも押されもせぬ王道観光エリアと言えるでしょう。

日本平ロープウェイ

Googleマップで見る

スポット名日本平ロープウェイ
住所〒424-0886 静岡県静岡市清水区草薙 日本平ロープウェイ
営業時間要お問い合わせ
電話番号054-334-2026
公式サイト公式サイトにアクセスする

#3 厳かな朝の光の到来はまさにダイヤモンドの輝き「田貫湖ダブルダイヤモンド富士」

blank

image by PIXTA / 43070828

富士山頂から太陽が昇る瞬間、ダイヤモンドのように輝く現象をダイヤモンド富士と呼び、湖面にも富士山が映る状態をダブルダイヤモンド富士と言います。

田貫湖のダブルダイヤモンド富士波は雲がなく快晴の日が条件となっており、4月と8月は6時頃が狙い目ですよ。

スポット名田貫湖
概要日本を象徴する火山、富士山が水面に映る湖で釣り、ボート遊び、富士山の景色を楽しめる。
住所〒418-0108 静岡県富士宮市猪之頭 田貫湖
営業時間要お問い合わせ

#4 鮮やかな新緑と蒼の湖面!揺れる吊橋が織りなす渓谷美「夢の吊橋」

blank

image by PIXTA / 33280568

夢の吊橋はエメラルドグリーンやコバルトブルーと日によって趣を変える大間ダム湖に架かる長さ90メートル、高さ8メートルの吊橋です。

雨の後は水が濁るので晴天が続いた時に訪れるのがおすすめ。新緑のほか紅葉の時期も素晴らしい景色が堪能できますが、訪れる際は歩きやすい靴で出かけましょう。

井川 夢の吊橋

Googleマップで見る

スポット名井川 夢の吊橋
住所〒428-0504 静岡県静岡市葵区井川
営業時間月曜日: 24 時間営業、火曜日: 24 時間営業、水曜日: 24 時間営業、木曜日: 24 時間営業、金曜日: 24 時間営業、土曜日: 24 時間営業、日曜日: 24 時間営業、
電話番号054-260-2377

#5 陽を浴びて黄金に輝き風で波打つ海ススキ「稲取畑野高原」

blank

image by PIXTA / 35144777

例年ススキが見頃の時期に約1か月にわたり開催されるイベントが秋のススキ祭りです。125ヘクタールものススキの原は黄金色に輝き、風に揺れて波打つ様はまるで大海原のよう。

ススキ野原の先には青く煌めく相模湾が広がっており、海を背景にススキを眺める抜群のロケーションは稲取畑野高原ならではと言えるでしょう。伊豆七島などを一望できる絶景ポイントもあるので要チェックです。

稲取高原桜回廊

Googleマップで見る

スポット名稲取高原桜回廊
住所〒413-0411 静岡県賀茂郡東伊豆町稲取3349
営業時間要お問い合わせ

新しい発見がある今話題のときめきスポット5選!

ここからは今話題のときめきスポットを紹介します。静岡ならではの日本の伝統に触れられる美術館や博物館を巡ればこの土地の学びがより一層深まるでしょう。

#6 建築アートが魅せる空間美に息をのむ「MOA美術館」

blank

image by PIXTA / 98090686

MOA美術館は国宝3点を含む約3500点の東洋美術を収蔵する美術館です。丘陵地の熱海らしく海を見下ろす山の斜面を活かして建てられた美術館は建物自体が現代美術のインスタレーションのよう。最上階から入館した場合、海抜約270メートルの高さにもかかわらず海側の風景を遮断しているため海の気配を感じません。

ですがメインエントランスへ続く階段を下りていくと視界が突如として開け、眼下に広がるのは建物をフレームとした絵画のような海の絶景が広がりますよ。メインロビーでは幅32メートルのガラス窓からの借景も望めます。

スポット名MOA美術館
概要熱海の海と街並みが眼下に広がる高台の美術館。数多くの東洋美術作品を所蔵、日本庭園も併設。
住所〒413-8511 静岡県熱海市桃山町26−2
営業時間月曜日: 9時30分~16時30分、火曜日: 9時30分~16時30分、水曜日: 9時30分~16時30分、木曜日: 定休日、金曜日: 9時30分~16時30分、土曜日: 9時30分~16時30分、日曜日: 9時30分~16時30分、
電話番号0557-84-2511
公式サイト公式サイトにアクセスする

#7 豊かな未来のために考えるを楽しむ博物館「ふじのくに地球環境史ミュージアム」

blank

image by PIXTA / 70821946

ふじのくに地球環境史ミュージアムは駿河湾を望む丘の上に建つ人と自然の関係を考える博物館です。懐かしさを感じる建物は旧高校校舎をリノベーションしたもので、教室は展示室や研究室に職員室はカフェへと生まれ変わっていますよ。

また管内の10の展示室には植物や昆虫、化石など約50満点もの収蔵標本の中から選び抜いた標本を展示。郷土の自然の豊かさを知り、視点を変えると今まで気づかなかった地球の一面も見えてくるはず。過去を振り返り地球のこれからを考える良い機会になるでしょう。

ふじのくに地球環境史ミュージアム

Googleマップで見る

スポット名ふじのくに地球環境史ミュージアム
概要高校をリノベーションして作られた、落ち着いた雰囲気の博物館。地質や生物多様性に関する展示物がある。
住所〒422-8017 静岡県静岡市駿河区大谷5762
営業時間月曜日: 定休日、火曜日: 10時00分~17時30分、水曜日: 10時00分~17時30分、木曜日: 10時00分~17時30分、金曜日: 10時00分~17時30分、土曜日: 10時00分~17時30分、日曜日: 10時00分~17時30分、
電話番号054-260-7111
公式サイト公式サイトにアクセスする

#8 逆さ富士が水面に映り雄大な富士山を描き出す!「静岡県富士山世界遺産センター」

blank

image by PIXTA / 43683595

静岡県富士山世界遺産センターは世界遺産に登録された富士山を後世に守り伝えるための拠点施設として2017年に誕生しました。周囲の建物とは一線を画す逆さ富士の展示棟を歩きながら6つの展示ゾーンを巡りますよ。

登拝する山では1階から5階までの全長193メートルの螺旋スロープの壁面にそれぞれの標高で見られる富士山の登山道の景色の映像を設置。タイムプラスの映像を眺めながら緩やかなスロープを登る疑似登山のような体験は斬新な設計と発想がなす技と言えるでしょう。頂上で望む本物の富士山の圧倒的なスケールを堪能してください。

静岡県富士山世界遺産センター

Googleマップで見る

スポット名静岡県富士山世界遺産センター
概要象徴的な富士山の魅力を伝える印象的な博物館。体験型展示と展望ホールがある。
住所〒418-0067 静岡県富士宮市宮町5−12
営業時間月曜日: 9時00分~17時00分、火曜日: 9時00分~17時00分、水曜日: 9時00分~17時00分、木曜日: 9時00分~17時00分、金曜日: 9時00分~17時00分、土曜日: 9時00分~17時00分、日曜日: 9時00分~17時00分、
電話番号0544-21-3776
公式サイト公式サイトにアクセスする
1 2 3 4