中部地方福井県若狭

【2022年版】小浜デートならここ!北陸在住者おすすめの15スポット【絶景スポット・工芸体験・グルメ・海水浴場など】

福井県小浜市は県の南西部に位置し、若狭湾国定公園のエリア内にあります。古くから北陸有数の港町として知られており、サバやフグ、カレイといった絶品の海の幸が食べられるのが魅力。ヤマト王朝時代は都の入り口として栄えていたことから、現在も京都や奈良の街並みに似た場所や歴史ある建築物が数多く残っており、「小京都」「海のある奈良」と呼ばれることも。
今回は北陸在住の筆者が、おすすめの小浜のデートスポット15選を紹介します。

ライター/miki516

旅行が趣味の北陸在住アラサー主婦です。海外旅行は10回、国内旅行は数知れず。絶景と美味しい食べ物を求める旅が大好き! よろしくお願いいたします。

小浜で若狭湾の魅力を満喫しよう!

image by PIXTA / 62215380

「若狭湾」は小浜市の魅力について紹介する際にかかせない場所であり、北陸ではめずらしく白い砂浜と青い海というリゾート風の光景が楽しめるのが魅力です。断崖絶壁のそばを遊覧船で通れる場所や、海水浴ができるビーチなどさまざまなロケーションで海を満喫しましょう!

若狭湾で獲れるサバフグは市の特産品となっており、市内に新鮮な海の幸を提供するお店がたくさんあるのも嬉しいポイント。

小浜で自然を満喫できるデートスポットはここ!

小浜市は若狭湾周辺にたくさんの絶景スポットがあり、海はもちろん山から見る景色もおすすめです。北陸有数の景勝地から地元民も定番のドライブコースなど、晴れた日にお出かけしたくなるようなスポットが満載。2人で小浜ならではのすてきな眺めを見に行って、思い出をたくさん作りましょう!

#1 小浜随一の景勝地「蘇洞門」

内外海半島に位置する約6キロメートルにわたる断崖絶壁に空いている海蝕洞で、日本海の激しい波によってできた自然の絶景スポットです。周囲には奇岩群や天然の洞窟が点在しており、迫力ある光景に目を奪われること間違いありません。

海から景色を眺められる遊覧船が人気で、大人1名2,000円で約60分の船旅が楽しめます。

#2 夕日スポットとして人気「マーメイドテラス」

小浜市には「八百比丘尼」という人魚の肉を食べて800歳まで生きた少女の伝説があり、その伝説にちなんでつくられたのがマーメイドテラスです。長寿の願いを込めて作られた人魚像があり、日中もオーシャンビューが楽しめる場所としてたくさんの人が訪れますが、夕日の眺めがきれいなスポットとしても人気。

となりには白い砂浜が続く人口海浜「人魚の浜海水浴場」もあり、夏は海水浴客でにぎわいます。

#3 抜群の透明度が自慢「犬熊海水浴場」

たくさんのビーチがある小浜市のなかでも、広い砂浜と透明度の高い海水が魅力の海水浴場。ビーチでのんびり過ごすのもよし、岩場や海で思いっきり遊ぶのもよし、アウトドア派のカップルにはもってこいのスポットです。

海水浴場専用の有料駐車場をはじめ、トイレや更衣室、シャワーを完備しているので気軽に利用しやすいのも嬉しいポイント。

#4 海と田んぼが織りなす絶景「田烏の棚田」

内外海地区の海岸線に沿って広がる棚田で、古き良き日本の風景が見られるスポットとして知られています。日中は緑豊かな棚田と真っ青な海の爽やかな景色を、夕暮れ時はオレンジ色に染まる空と遠くに見える漁り火のロマンチックな景色を楽しんで。

毎年5月と9月には夜に棚田全体がライトアップされる「棚田キャンドル」というデートにぴったりのイベントが行われます。

#5 ドライブデートの定番「エンゼルライン」

内外海にそびえる久須夜ヶ岳の山頂まで続く道路で、県内有数のドライブコースとして人気。緑豊かな山中や海が見える道中はもちろん、山頂からのオーシャンビューも魅力です。天気の良い日は遠くの越前岬や丹後半島が見えることも。

利用時間は7:00~19:00までとなっており、冬季は積雪のため道路が閉鎖されるのでご注意を。

小浜の歴史・文化を学べるデートスポットはここ!

小浜は古くはヤマト王朝時代から漁師町として発展した場所であり、小浜から京都へ名産品のサバを運んだルートは「鯖街道」と名付けられ、現在も道なりに鯖街道にちなんだ観光名所が残っています。京都に近い立地にあることから国や県の重要文化財となっている歴史ある建築物が多く、デートで史跡巡りを楽しむのもおすすめ。

#6 小浜の文化が一度でわかる「御食国若狭おばま食文化館」

小浜の食文化や伝統工芸品について学べるさまざまな工夫が施された施設で、ミュージアムの見学だけではなく料理体験や工房での制作体験など自ら地域の良さに触れられます。館内には海が見える温泉「濱の湯」や、地元グルメを提供する食事処「濱の四季」も。

海側につくられたマリンデッキ夕日の眺めがよく、2人でじっくりと景色を楽しむのがおすすめ。

#7 世界最大のおはしを見に行こう「箸のふるさと館WAKASA」

小浜市の名産品「若狭塗り箸」は、全国シェアの約80%を占める地域の自慢の品。漆喰や貝殻を漆塗のお箸に埋め込んだ美しいデザインが特徴で、近年は時代に合わせたシンプルなデザインのお箸も生産しています。ギネスブックに登録されている長さ8.4メートル、重さ約1トンの巨大箸が見どころ!

館内では約3,000種類のお箸が展示販売されているので、2人でお気に入りのお箸を選んでみましょう。

#8 工芸体験が楽しめる「ガラス工房KEiS庵」

沖縄で琉球ガラスを学んだ庵主が営む工房で、OBAMAガラスと称した色鮮やかなガラス製品を販売しています。工房では吹きガラス体験絵付け体験などを行っており、世界にひとつだけのオリジナル製品の制作が可能。

グラスにメッセージや名入れのサービスも行っているので、プレゼントにもぴったり!ぜひ工房を訪れて、お気に入りの一品を探してみてくださいね。

#9 小京都の街並みを散策「三丁町」

小浜市は、京都の文化を取り入れた城下町としての風情をいまも残す場所。その主たるスポットが「三丁町」と呼ばれる一角で、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。当時は茶屋街としてにぎわいを見せていましたが、現在はおしゃれな飲食店が立ち並ぶ観光スポットに。

竹灯籠の灯りが幻想的な「ナイトバザール」が定期的に開催されているので、夜デートにもぴったりです。

次のページを読む
1 2 3
Share: