三重県桑名・長島・四日市・湯の山・鈴鹿近畿

【保存版】四日市ドライブデートならここ!三重県通の筆者オススメの15スポット【自然・紅葉・名物・屋内・夜景スポットなど】

ナガシマスパーランドや伊勢神宮など、観光スポットが充実している三重県。また、最近では、「ベビースターラーメン」のテーマパークもオープン。そんな三重県内で、四日市は最も町の開発が早く、近鉄四日市駅周辺は中心商業地区の規模を表す年間商品販売額において上位にランクインしているほど。

そんな今回は三重県通の筆者が恋人達向けに、四日市市内の最新ドライブスポット情報をまとめてみました。

※本サイトは広告プログラムにより収益を得ています。

ライター/Mari I

生まれも育ちも愛知県です。本業は日本語講師ですが、書くことが好きで、ライター業や翻訳業もしています。趣味は旅行で、日本全国はもちろん、25カ国以上の国々へ行きました。今までの旅行経験をいかして、みなさんに素敵な情報をお伝えできたらいいなと思います。よろしくお願いします。

四日市の魅力とは?

image by PIXTA / 49595440

四日市は明治以降、産業の中心地として発展してきました。現在も、四日市港を中心に海外との貿易も盛んで、紡績業や石油化学企業が多数あります。全国展開するイオンショッピングモールも、元々は四日市で岡田屋として創業したのが始まりでした。

そんな四日市市内には、楽しいスポットがいっぱい!ドライブデートで、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

ココは訪れておくべき!人気スポット

やっぱりデートで欠かせないのが定番の人気スポット。四日市にも、いっぱいありますよ!ここでは、一度は二人で行っておきたいスポットをピックアップしてみました。二人で行けば、良い思い出になりますよ。

#1 日本二百名山に選ばれている「御在所岳」

image by PIXTA / 66411614

「御在所岳」は、日本二百名山や関西百名山に選ばれている山。実際には、四日市市内というより、近郊の菰野町と滋賀県の東近江市間付近に位置します。山頂へ行くためには、湯の山温泉からロープウェイを利用しますが、このロープウェイから見える山々の景色が壮大。

湯の山温泉エリアにはホテルや旅館がたくさんあるので、泊まり旅行もオススメ。

御在所岳の住所・アクセスや営業時間など

名称御在所岳
住所三重県三重郡菰野町
営業時間・開場時間【4~11月】ロープウェイ9:00~17:20 観光リフト9:30~17:00【12~3月】ロープウェイ9:00~16:20 観光リフト9:30~16:00
利用料金や入場料【ロープウェイ】往復2,450円 片道1,320円【観光リフト】往復650円 片道350円

#2 紅葉の名所である「宮妻峡」

image by PIXTA / 68997465

「宮妻峡」は、鈴鹿国定公園内にある紅葉の名所。百人一首の中で、猿丸太夫の「おくやまに もみぢふみわけ なくしかの こゑきくときぞ あきはかなしき」という句は、この場所のことだという言い伝えが残っているほど!

江戸時代にもみじ以外の木をすべて伐採してしまったため、ここで見れるのは純粋なもみじの紅葉だけ。毎年11月頃には、紅葉祭りも開催

宮妻峡の住所・アクセスや営業時間など

名称宮妻峡
住所三重県四日市市水沢町
営業時間・開場時間三重県 四日市市水沢町
利用料金や入場料【入場料】無料

#3 四季折々の自然に囲まれた「伊坂ダムサイクルパーク」

image by PIXTA / 49765836

名前にもなっているように、サイクリングをするならピッタリのスポットといえば、「伊坂ダムサイクルパーク」。自宅から自転車を持っていかなくても、ここではレンタルサービスがあります。しかも、20種類以上の自転車から選べて、好きなのに乗れるとのこと。

普段仕事や勉強で忙しい人は、ここでリフレッシュしてみては?

伊坂ダムサイクルパークの住所・アクセスや営業時間など

名称伊坂ダムサイクルパーク
住所三重県四日市市伊坂町157-2
営業時間・開場時間【3~10月】9:00~17:00【11~2月】9:00~16:30
利用料金や入場料【普通車】2時間500円【ダンデム車】1時間500円【サイクル広場利用料】変り種30分300円 モトクロス車30分200円 一輪車100円 ※広場利用料はいずれも1人当たり

#4 かぶせ茶の生産地「水沢の茶畑」

三重県内のお茶の産地である、水沢地区。ここでは「かぶせ茶」を生産していて、その生産量は全国一です。毎年5月になると、茶葉の緑で辺り一面埋め尽くされるため、景観を眺めに訪れる観光客も多いとか。

水沢の茶畑の住所・アクセスや営業時間など

名称水沢の茶畑
住所重県四日市市水沢町
営業時間・開場時間24時間(農作業者、周辺住民に配慮のこと)
利用料金や入場料見学無料

次のページを読む
1 2 3 4
Share: