アニーお祝い体験マガジン

コストコマニアがロティサリーチキンを徹底解説!切り方やアレンジ方法・保存の仕方も紹介
コストコ 飲食店

コストコマニアがロティサリーチキンを徹底解説!切り方やアレンジ方法・保存の仕方も紹介

この記事は、編集部で2024年03月05日にチェックし追加更新した最新情報を掲載しています!

『コストコ』の『ロティサリーチキン』は、一羽丸ごとローストされた美味しいお肉で、クリスマス以外の時期でも様々な料理にアレンジできる人気商品です。この記事では、ロティサリーチキンの値段やアレンジレシピ、効果的な切り方、そして冷凍方法について、コストコマニアが解説します。

※本サイトは広告プログラムにより収益を得ています。

コストコのロティサリーチキンの基本情報

ここでは、コストコのロティサリーチキンの基本情報について紹介します。

ホームパーティーの定番!コストコ「ロティサリーチキン」

ホームパーティーの定番!コストコ「ロティサリーチキン」

ライター自⾝による撮影

コストコの広い売り場の中で、「ロティサリーチキン」はデリコーナーで目を引く存在で、すぐに見つけることができます。ホットデリとして、ウォーマーが備わった陳列棚に並んでいますよ。

このコーナーでは焼きたてのチキンが次々と運ばれ、誘惑的な香りが漂っています。購入時には、車内が美味しい香りで満たされ、つい食べたくなる衝動に注意が必要ですね。「ロティサリーチキン」のロティサリーとは、フランス語で炙り焼きを指す「ロティール」が語源です。低温で時間をかけてゆっくりと炙り焼きにすることで、余分な脂を除きつつも、旨みはしっかりと残ります。

カロリー情報

フライドチキンに比べ、カロリーが控えめで糖質も低いため、ヘルシーと言えるでしょう。原材料の鶏肉はブラジル産で、重さは1.6kgありました。

値段と賞味期限について

鶏の丸焼きは通常、特別な料理で値段も張るものと考えられがちですが、コストコの「ロティサリーチキン」は798円(税込)と非常に手頃な価格です。通常のロティサリーチキンは、一羽につき2,0003,000円が一般的であり、コストコの商品は非常にお買い得と言えるでしょう。

日持ちは購入日を含む2日間となります。できるだけ早めにお召し上がりいただくか、食べきれない場合は冷凍保存やアレンジ料理に活用することをおすすめです。

冷凍方法と解凍方法について

「ロティサリーチキン」は完全な形で冷凍することも可能です。パサつきを防ぐために、ハケでオイルを塗り、それからラップで包んで冷凍しましょう。できるだけ空気に触れないように、ラップを密着させると良いです。ラップで包んだ後は、さらにジップ付きの袋に入れて冷凍庫に保管しましょう。

解凍する際は、ゆっくりと時間をかけて冷蔵庫で解凍しましょう。低温での解凍は、ドリップが出にくくなり、風味を逃さずに均等に解凍できます。

コストコのロティサリーチキンの解体方法

コストコのロティサリーチキンは、一羽丸ごとローストされた贅沢なお肉です。そのまま食べるのも良いですが、より食べやすく、アレンジしやすいように、もも肉(チキンレッグ)、手羽(チキンウィング)、胸肉、ささみといった部位ごとに切り分ける方法をご紹介します。

具体的な手順としては下記の通り。

1. ひもをはずし、もも肉からカット
2. 手羽をカット
3. 胸肉をカット
4. ささみをカット
5. 骨についた肉を削ぎ落とす

1 2 3 4