アニーお祝い体験マガジン

鹿児島の観光スポット30選!癒しスポット・ドライブ・絶景など旅行好きな筆者が紹介
九州 鹿児島県

鹿児島の観光スポット30選!癒しスポット・ドライブ・絶景など旅行好きな筆者が紹介

この記事は、編集部で2023年10月23日にチェックし追加更新した最新情報を掲載しています!

本土と呼ばれる九州島の部分と離島と飛ばれる薩南諸島に分かれる鹿児島は君が代や日の丸の発祥、鉄砲伝来、初の衛星打ち上げなどさまざまな物事の「事のはじめ」が多いことでも有名。また異文化が漂う鹿児島は温暖で過ごしやすい気候に加え、黒豚、黒牛、黒酢、黒糖、焼酎などの豊富な食材にも恵まれた生活先進県です。また鹿児島とは桜島の古名でカゴは崖という意味があり、桜島は四方を崖に囲まれていたためにカゴ島と呼ばれていたことから生まれたなど県名の由来には諸説ありますよ。なお桜島ははるか昔から地元の人の暮らしに根付き岩肌が荒々しいその姿は雄大で季節や時間の経過とともに表情を変える光景は神秘的。鹿児島を訪れたら上陸してその魅力にぜひ触れてみましょう。そこで今回は、鹿児島の街に詳しい筆者が鹿児島でおすすめの観光スポットを紹介します。

※本サイトは広告プログラムにより収益を得ています。

espressivo

ライター/espressivo

旅行が好きなフリーライター。美しい夜景や人気の絶景スポットはもちろん、アクティブに過ごせる場所、歴史ある建造物など情報を惜しみなくお届けするとともに、ビギナーでも安心して出かけられるよう分かりやすく解説します。

鹿児島には魅力的なスポットがたくさん!

image by PIXTA / 54488036

さまざまな魅力をもつ鹿児島。特に絶景と言われるスポットは一度は足を運んでみたいもの。錦江湾に堂々とそびえる桜島は鹿児島のシンボルで山間の霧島方面からもその雄姿を眺めることができますよ。鹿児島の美しさを知る旅へ出かけましょう。

知れば知るほど面白い鹿児島の歴史を感じるスポット5選!

ここからは鹿児島の歴史を感じるスポットを紹介します。日本史上に大きな足跡を残した偉人にまつわるスポットを巡りながら鹿児島の魅力を再発見しましょう。

#1 天孫降臨の聖地に鎮座する朱塗りの鮮やかなご本殿「霧島神宮」

blank

image by PIXTA / 59335923

西日本位置の大鳥居を抜け、80段ほどの石段を上ると国宝の本殿まですがすがしい参道が続きます。晴れた日は参道途中の展望所から鹿児島湾や桜島を一望できますよ。

富士山に祀られる美しい女神や漁業を司る神など主祭神のほかにも7柱もの神様が祀られています。冬が訪れる前のつかの間、楽園の様相を呈す深山幽谷の秋を楽しみましょう。

スポット名霧島神宮
概要うっそうとした森の中にある神社。朱漆塗りの柱と伝統建築が特徴。
住所〒899-4201 鹿児島県霧島市霧島田口2608−5
営業時間月曜日: 8時00分~17時00分、火曜日: 8時00分~17時00分、水曜日: 8時00分~17時00分、木曜日: 8時00分~17時00分、金曜日: 8時00分~17時00分、土曜日: 8時00分~17時00分、日曜日: 8時00分~17時00分、
電話番号0995-57-0001
公式サイト公式サイトにアクセスする

#2 斬新なガラスの鳥居が立つ縁結びのお稲荷様「神徳稲荷神社」

blank

image by PIXTA / 96544963

SNSで話題の幻想的なガラスの鳥居と朱色の千本鳥居は2018年の再建で誕生しました。季節や時刻によって表情を変える鳥居には訪れる方々に変化していく人の生活に感じてほしいという願いが込められています。

縁結びや恋愛の願掛けに女性の参拝者が多く訪れますよ。朝日を浴びて黄金色に輝くドラマチックな秋の楽園へ出かけましょう。

神徳稲荷神社

Googleマップで見る

スポット名神徳稲荷神社
住所〒893-0063 鹿児島県鹿屋市新栄町1771−4
営業時間月曜日: 9時00分~17時00分、火曜日: 9時00分~17時00分、水曜日: 9時00分~17時00分、木曜日: 9時00分~17時00分、金曜日: 9時00分~17時00分、土曜日: 9時00分~17時00分、日曜日: 9時00分~17時00分、
電話番号0994-36-0303
公式サイト公式サイトにアクセスする

#3 本土最南端の神社「御崎神社」

blank

image by PIXTA / 104377606

本土最南端の佐多岬に鎮座する御崎神社は縁結びのパワースポットとして人気です。和銅元年に創建され、琉球国の鎮護として現在地に遷して再建されたため、社殿が南面していると伝えられています。

境内には琉球からもたらされたソテツがうっそうと生い茂りまるでジャングルのよう。参拝後は佐多岬展望台からの絶景も楽しみましょう。

スポット名御崎神社
住所〒893-2604 鹿児島県肝属郡南大隅町佐多馬籠417
営業時間月曜日: 8時00分~17時00分、火曜日: 8時00分~17時00分、水曜日: 8時00分~17時00分、木曜日: 8時00分~17時00分、金曜日: 8時00分~17時00分、土曜日: 8時00分~17時00分、日曜日: 8時00分~17時00分、
電話番号0994-27-3151
公式サイト公式サイトにアクセスする

#4 日本一の大楠が見間折る古社「蒲生八幡神社」

blank

image by PIXTA / 88649822

蒲生八幡神社は商工や学問、芸術のご利益があるといわれる由緒正しい神社です。神々が宿ると伝わる樹齢約1600年のご神木・蒲生楠木は必見。日本一の大楠は特別天然記念物に指定されています。

高さ約30メートルを誇り力強く枝を広げる日本一の巨木から神聖な力をいただきましょう。

蒲生八幡神社

Googleマップで見る

スポット名蒲生八幡神社
概要この古い歴史のある神社にあるのは日本で最大の木とされている。茶室あり。
住所〒899-5302 鹿児島県姶良市蒲生町上久徳2259−1
営業時間月曜日: 24 時間営業、火曜日: 24 時間営業、水曜日: 24 時間営業、木曜日: 24 時間営業、金曜日: 24 時間営業、土曜日: 24 時間営業、日曜日: 24 時間営業、
電話番号0995-52-8400
公式サイト公式サイトにアクセスする

#5 アートのような天井がが壮観!「鹿児島神宮」

blank

image by PIXTA / 19638545

ご祭神は海幸山幸神話の彦火火出見尊。築紫国開拓の祖神様に家内安全を祈りましょう。1756年創建の九州最大級の本殿は美しく、さらに感動的なのは拝殿のお賽銭箱の前から観賞できる壮麗な天井画。200枚以上の南国らしい草花や果物画が並ぶさまは圧巻ですよ。

鹿児島神宮(大隅正八幡宮)

Googleマップで見る

スポット名鹿児島神宮(大隅正八幡宮)
概要皇室の祖先神を祀る神社で、安産の神としても知られる。
住所〒899-5116 鹿児島県霧島市隼人町内2496−1
営業時間月曜日: 8時30分~17時00分、火曜日: 8時30分~17時00分、水曜日: 8時30分~17時00分、木曜日: 8時30分~17時00分、金曜日: 8時30分~17時00分、土曜日: 8時30分~17時00分、日曜日: 8時30分~17時00分、
電話番号0995-42-0020
公式サイト公式サイトにアクセスする

心洗われる魅惑の癒しスポット5選!

ここからはダイナックな景色はもちろん大地のパワーを感じる癒しスポットを紹介します。島内はあらあらしい溶岩源が広がっており自然のパワーを実感できますよ。

#6 豊かな水に恵まれたあらゆる生命が躍動する森「屋久島」

blank

image by PIXTA / 43571723

島の約90%を森が占めるという緑の楽園・屋久島。中心部には九州最高峰となる宮之浦岳が聳え立ち、その高低差によって総面積約500平方キロメートルという島でありながら亜熱帯から亜寒帯までの気候が生じるというとても特殊な自然環境が形成されています。

屋久島にしかいない固有種が約40種も棲息しており、日本における植物種の7割以上が島内で確認できるというほかに類を見ない多様な生態系を成していますよ。日本一の降水量を誇る島の空気はいつもみずみずしく歩いているだけでも体をしっとりと潤わせてくれます。

スポット名屋久島
概要古代の杉の木が生い茂る森で静かな山のハイキングを楽しめる亜熱帯の島。
住所日本、鹿児島県熊毛郡屋久島町 屋久島
営業時間要お問い合わせ

#7 海外リゾートにも負けない!南国気分を堪能できる島々「奄美大島」

blank

image by PIXTA / 81643016

鹿児島から飛行機でわずか50分。そこには日本とは思えないくらい透明で美しい海が広がっています。奄美大島ではその温暖な気候を活かしてマンゴーやパパイヤなどのフルーツを多く栽培していますよ。

名物の黒糖焼酎は島だけで製造が認められている特産品でお土産にも適しています。スキューバダイビングやシーカヤックなどマリンアクティビティにも事欠かないのでぜひ訪れてみてください。

スポット名奄美大島
概要奄美群島国立公園に属する、森林に覆われた島。田中一村記念美術館がある。
住所日本、鹿児島県 奄美大島
営業時間要お問い合わせ

#8 歴史のロマンと自然の造形美に触れる東シナ海上の離島「上甑島」

blank

image by PIXTA / 59335879

上甑島の北東にある里町は日本最大級のトンボロの町として知られています。トンボロとは堆積した砂によって大陸と地続きになった島のことで、陸繋砂洲とも呼ばれていますよ。島の北部にある遠見山は独立した島でしたが、流砂によって本島とつながりその上に集落が形成されました。

ここには里遺跡という遺跡があり縄文土器や弥生土器が出土しており、この土地には遥か昔から人間が暮らし生活を営んでいたことがわかります。海洋航海の技術もない時代、彼らはどのようにして島に渡ってきたのか、謎とロマンが膨らむ島ですよ。

スポット名上甑島
住所日本、鹿児島県薩摩川内市 上甑島
営業時間要お問い合わせ
1 2 3 4