中部地方寒河江・月山山形県

【2021年版】寒河江デートならここ!お出かけ好きライターおすすめの15スポット【イルミネーション・桜・グルメ・郷土料理など】

山形と言われる県だけに、日本百名山など名所が多い山形県。そんな山形県にある寒河江市は、ちょうど県の中央辺りに位置し庄内エリア、最上エリアにかぶさったところにあります。県庁所在地がある山形市からもアクセスがしやすい地域で、寒河江サービスエリアがあるため、高速道路を利用して観光を兼ねてデートに訪れるにはとても便利!

そんな寒河江市で、どんなデートができるのか?今回はお出かけ好きのライターが寒河江市をたっぷりと楽しめる魅力的なデートスポットを紹介していきます。

ライター/ポケット

北海道生まれ北海道育ちで、1人旅が好きなライター・ポケットです。北海道、北関東、東北エリアに詳しいです。神社仏閣、路地裏を巡ってトマソンを発見するのが好きです。よろしくお願い致します。

寒河江市はデートスポット満載

image by PIXTA / 43610062

寒河江市は、つつじ、桜などを自然を満喫できる素敵な公園や名所が点在しています。人気の1つは慈恩寺。つつじ、桜などのほかに彼岸花などを見ることができる人気のスポットです。季節によって異なる景色を見ることができるから、何度訪れてもデートを楽しめます

多くの名所は、無料で楽しむことができるスポットだけに、デートで無駄なお金がかからないというのも魅力。自然、歴史、文化財などを見て回った後は、寒河江市の特産品、農産物を使ったおいしいグルメで、心だけでなくお腹を見たしにぶらぶらしてくださいね、

定番だけどやっぱり外せないスポットはここ!

最初に紹介するスポットは、定番だけど寒河江市を語るには欠かせない施設、パークなどばかり。初めて寒河江市に旅行を兼ねて訪れたカップルも、デートを楽しく過ごせるスポットばかりですよ。定番なスポットだけに、幅広い年齢のカップル、シーンに合わせて利用できおすすめ!

#1 さくらんぼ日本一がほこるテーマパーク「チェリーランド」

山形県は果物王国として知られてていますが、寒河江市はなかでもさくらんぼが日本一の生産量を誇ります。そんな寒河江市にあるサクランボをテーマにしたパークが「チェリーランド」です。道の駅でもあるチェリーランドは、車で訪れた人の休憩場、観光情報なども兼ねた施設

チェリーランドの名物は、さくらんぼ会館で販売されているジェラート。山形の特産品である米やサクランボ、イチゴ、ラフランスなどを使った季節のジェラートは季節問わず何時でも人気ですよ。ほかにも河川敷公園、二の堰親水公園などが続き、グルメ以外にも風景を眺めながらのんびりとした時間が過ごせるスポットです。

#2 平安時代に作られた社寺周辺は自然を満喫できる人気スポット「慈恩寺旧境内」

慈恩寺旧境内は平安末期に建立された歴史ある寺。本堂は木造の弥勒菩薩が奉納され、重要文化財にもなっている本堂には多くの仏像などもある歴史的価値の高いお寺です。史跡慈恩寺旧境内には、令和3年㋄にはテラスもでき、慈恩寺の歴史価値を知ることができますよ。見学後は、設備された寺カフェで、おそばを食べたり、お茶を飲んだりして小休憩をすることができます。

寺の周辺は以前より桜、彼岸花などが楽しめるスポットでしたが、展望休憩所もでき今まで以上に風景を満喫できますよ。

#3 つつじが有名な「寒河江公園」

お花を見にいくのにぴったりな公園「寒河江公園」は、なかでもつつじが東北最大級ということでも知られていますよ。春先の桜は夜桜を楽しめるスポットだけに、ロマンチックなデートにも使えますね。

桜が終わった辺りには、つつじが見ごろに。標高160メートルと小高い丘だけに行きやすく散策もばっちり。月山、蔵王、など山形を代表する山々も望める素敵な公園ですよ。

#4 街歩き後に足を癒したい「せせらぎ公園足湯」

朝6時から夜9時まで、寒河江市の駅前をぶらぶらした後に、足を休める時に利用したいのが寒河江温泉の足湯です。

手湯も併設しているので、手だけ寒い時にもさっさとあたたるのもいいかも。大き目のタオル、ハンカチがなくても手だけなら気軽に利用できますね。

#5 桜の景勝地「二の堰親水公園」

無料で利用できるうえに、春先には桜の名所となるのが「二の堰親水公園」です。水辺沿いに咲く桜並木はとてもフォトジェニック。水面に映る桜をみているだけで癒されますよ。

そのほかに、ここには水車もありその動いている様を見ているだけでも、のんびりとした時間が過ごせます。寒河江インターチェンジから車で10分とアクセスも良好!

次のページを読む
1 2 3 4
Share: