熊本県玉名・山鹿・菊池

【2021年版】玉名デートならここ!九州在住の筆者おすすめの15スポット【パワースポットや人気の観光地・自然・穴場スポットなど】

玉名は、熊本県の北部にある街。のどかな風景が広がる自然豊かなエリアで、玉名平野の中央には菊池川が流れています。昔から米の生産が盛んであったこの地域には、日本遺産に選ばれた史跡が点在。自然豊かな観光地として人気があります。熊本駅から玉名駅までは、JR鹿児島本線を利用して27分ほどの距離。今回は九州在住の筆者が、地元民だからこそわかるおすすめの玉名のデートスポット15選を紹介します。

ライター/うーくん

九州在住で、ウェブライターをしているu-kunです。近場からちょっと遠くまでの国内旅行が趣味で、お休みの日には、しょっちゅうおでかけをしています。大好きなスポットは沖縄など、海が見えるロケーション。デートや記念日に利用できる、素敵なスポットをご紹介していきます!

玉名にはたくさんのデートスポットがある

image by PIXTA / 48001098

熊本市のおとなりに位置する玉名。三井グリーンランドで有名な荒尾市にも隣接しており、併せてドライブを楽しむカップルも多い街です。そんな玉名には、自然あふれるデートスポットがたくさんあります。景色の良いフォトジェニックなスポットも充実していますよ。

今回は、玉名のおすすめスポットをジャンル別にご紹介。最新版デートスポットを掲載していますので、記事を参考にデートを楽しまれてみてください。

定番だけどやっぱり外せないスポットはここ!

玉名を初めて訪れた際は、まず定番スポットへおでかけするのがおすすめです。観光名所から自然あふれるスポットまで、人気のスポットをご紹介していきます。

#1 樹齢200年の大きな藤棚は必見!「山田日吉神社」

image by PIXTA / 50303268

山田日吉神社は、708年に創建された歴史の古い神社。本殿には大山咋神(おおやまくいのかみ)、西相殿に白山比売神(しらやまひめのかみ)がお祀りされています。もともとこの地区は修験道の道場があった地で、集落に住居をもち暮らしていました。そのことから、玉名の比叡山とも呼ばれています。

神社の見どころと言えば、樹齢200年の大きな藤棚。毎年4月下旬から5月の初めにかけて、美しい藤の花を咲かせます。期間中はライトアップイベントも実施。たくさんの観光客でにぎわいをみせます。最寄り駅はJR玉名駅からは、車で5分ほどの距離。見ごろに合わせて、お花見を楽しまれてみてください。

#2 2つの世界一がある寺院「蓮華院誕生寺」

image by PIXTA / 48001102

蓮華院誕生寺は、築地にある真言律宗のお寺。平安時代から鎌倉時代にかけて開基された寺院で、玉名の観光名所として人気の高いスポットです。ご本尊は皇円大菩薩(こうえんだいぼさつ)。皇円上人は、日本最古の歴史書である「扶桑略記(ふそうりゃくき)」を書いた僧侶。浄土宗の開祖法然の師匠としても知られる人物です。

歴史の古い寺院には、2つの世界一があることで知られています。飛龍の鐘は、世界一の大きさがある大梵鐘。37.5トンの重さがあり、鐘の音は遠く離れた地にまで響き渡るそうです。51.5mもの高さがある五重の塔では、写経や座禅などの修業が行われていますよ。

#3 66000本のしょうぶの花が咲く名所「高瀬裏川水際緑地公園」

image by PIXTA / 28606088

玉名駅より歩いて15分ほどの場所にある、高瀬裏川水際緑地公園。高瀬裏川沿いに位置する自然公園で、水辺のデートが満喫できる人気のスポットです。園内は66000本のしょうぶの花が咲く名所として知られており、毎年5月から6月ごろに見ごろを迎えます。

1848年に造られた眼鏡橋も見どころのひとつ。アーチ型の風情ある石橋は、県の文化財に指定されています。日常を忘れのんびり過ごせるスポットで、ぜひ大人のデートをお楽しみください。

#4 玉名の歴史が感じられるスポット「高瀬船着場跡」

image by PIXTA / 4659783

高瀬船着場跡は、永徳寺にある史跡。菊池川流域で生産されていたお米を、運搬するための港があった場所です。菊池川流域は日本遺産に認定されたエリアで、古くから交通の要として栄えてきました。米俵をころがしながら運んだ坂道など、歴史が感じられる見どころが遺されています。

大河ドラマのロケ地としても使用されたスポットで、以来多くの観光客が見学に訪れていますよ。高瀬裏川水際緑地公園は徒歩5分ほどのところにあるので、ぜひ併せて散策デートを楽しまれてみてください。

#5 教科書に記載されている貴重な史跡「江田船山古墳」

image by PIXTA / 4375969

江田船山古墳は、和水町にある史跡。5世紀から6世紀初頭にかけて造られた、前方後円墳です。古墳の出土品のほとんどは、東京国立博物館に収蔵。日本最古の漢字が75文字象嵌(ぞうがん)された銀象嵌銘大刀(ぎんぞうがんめいたち)は、国宝に指定されています。

徒歩2分ほどのところには和水町歴史民俗資料館があり、出土品のレプリカが展示されていますよ。古墳の周りは公園として整備されており、ピクニックデートにおすすめ。古代のロマンが感じられるスポットで、ぜひ大人のデートを楽しまれてみてください。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: