群馬県赤城・桐生・渡良瀬関東

【2021年版】赤城デートならここ!関東在住ライターおすすめの15スポット【レジャースポット・歴史巡り・自然満喫・温泉など】

都心から約2時間。かつて「赤城村(あかぎむら)」として群馬県中部にあった村は、2006年に渋川市・北群馬郡伊香保町・小野上村・勢多郡北橘村・子持村とともに合併し今現在は渋川市の一部となっています。周辺には赤城山がどっしり構えていて、カルデラ湖の大沼が存在。避暑地として利用するのにも適しているほかに、ハイキングや氷上のワカサギ釣りや紅葉などを楽しめますよ。

今回は関東在住の筆者が、おすすめの赤城のデートスポット15選を紹介します。

ライター/りか

温泉旅と映画が好きな関東在住ライターです。 連休のある週末は、温泉旅行や美味しいものを求めてゆったりおでかけしています。 素敵&至福な記念日が過ごせるよう、関東近郊のおすすめスポットをお届けします。

ノスタルジックな雰囲気を楽しめる赤城エリア

image by PIXTA / 3119683

赤城エリアは、広い敷地で多くの自然や植物を楽しめるスポットが充実しています。また昔から存在している古い蔵やトロッコ列車があり、ノスタルジックな雰囲気にほっこりすることでしょう。

ローカル駅の「わたらせ渓谷鐵道」の駅は、四季折々の自然を堪能できます。見どころが多いスポットですので、途中下車しながら散策して楽しんでみましょう!

赤城でレジャーやリゾートを楽しむなら、こちら!

赤城でレジャーやリゾートを楽しめるスポットをご案内します。赤城周辺には、広大な敷地の中に一年中花を観賞できたり、里山で様々な昆虫を観察できたり癒しスポットがたくさん。年間パスポートを持っていると、お得に利用できますよ!

#1 有料レベルの「桐生が岡動物園」

桐生駅から徒歩20分。山を切り開いた中にあり、たどり着くまでにアップダウンの道になっています。園内には、ライオン・マントヒヒ・ミーアキャット・ペンギン・フクロウなど100種類以上の動物を見学でき、入園料金はなんと無料です。

近くにはミニ水族館や芝生の公園や遊園地も併設されていて、大人も十分に楽しめますよ!

#2 一年中花を楽しめる「ぐんまフラワーパーク」

赤城山の南麓の前橋市に位置しています。18.4ヘクタールの広大な敷地に、年間を通していつでも植物や花を楽しむことができる癒しスポットが存在。入園料は季節により異なり、610円~720円です。四季を通して見どころがたくさんあるので、年間パスポート(2000円)がお得ですよ!

パーク内には色とりどりの花が咲いていて、温室やバラ園・ハーブガーデン・日本庭園など、1日では巡りきれない広さとなっています。カップルには、冬場のイルミネーションもおすすめです。

#3 江戸時代へタイムスリップ「三日月村」

東武両毛線「やぶ塚駅」下車、徒歩15分。1972年にテレビで人気ドラマだった「木枯し紋次郎」の舞台、上州新田郡三日月村を再現した時代劇テーマパークです。1998年の4月にオープンしました。

火の見やぐらや水車小屋などがあり、江戸時代そのままの雰囲気を楽しむことができます。焼きまんじゅうが人気の茶屋やそば処などで食事をし、タイムスリップした気分を満喫してみては…?

#4 昆虫好きにおすすめ「群馬県立ぐんま昆虫の森」

約45ヘクタールの広大な敷地に雑木林や田畑や小川などの里山があり、たくさんの昆虫に触れ合うことができるテーマパークです。「昆虫」をテーマにした全国的にも珍しい体験型教育施設となっています。

敷地内には安藤忠雄氏が設計した昆虫観察館があり、日本最大級のチョウ「オオゴマダラ」が舞い、近くで観察することができますよ。カップルだけでなく、ファミリーにもおすすめのパークです。

#5 コスパ良いリゾートプール「桐生新里温水プールカリビアンビーチ」

新里駅からバスで5分。常夏のカリブをテーマにした群馬県最大級の屋内型プール施設です。温水プールなので、季節を問わず一年中楽しめます。館内には、波の大きさが様々に変化する「波のプール」や楽々泳げる「流れるプール」全長80mの距離をすべり抜けていく「ウォータースライダー」など一日中飽きないアクティビティがたくさん。入館料は平日大人520円となっており、コスパも◎

ひと泳ぎした後に、疲れた身体を癒すサウナも併設しています。広々としたプールでリゾート時間を過ごしてみましょう!

赤城で歴史や神社巡りをするなら、こちら!

赤城で歴史や神社巡りのおすすめのスポットをご紹介します。風情があるトロッコ列車や湖畔近くの景色の良い赤城神社、歴史ロマンのある遺跡などを散策してみましょう!

#6 トロッコ列車で景色を堪能「わたらせ渓谷鐵道」

JR両毛線「桐生駅」よりわたらせ渓谷鐵道「間藤駅」までのおよそ1時間20分の鉄道の旅です。渡良瀬川沿いを窓ガラスのないオープン式のトロッコ列車が走り、渓谷ののどかな風景を堪能することができます。お弁当を食べながら、窓から新緑や紅葉を眺めて旅をしてみてはいかがでしょうか…?

見どころが多いスポットですので、「一日フリーきっぷ」を購入して途中下車してみるのもおすすめです。

#7 湖畔を眺めながら参拝「赤城神社」

大沼湖畔のほとりに位置しています。湖畔を眺めながら、赤城神社へ向かう参道は景色が良く風情がありますよ。晴天の日に参拝するのがおすすめです。本殿・神橋・拝殿は、朱色が鮮やかな立派な建造物で見応えあり。

周囲の山々が紅葉になるシーズンは、多くの人で賑わいます。神秘的な雰囲気の神社でパワーをいただいてみては…?

#8 かわいい絵柄入り御朱印が人気「宝徳寺」

東武鉄道「赤城駅」または「相老駅」よりタクシーで13分。室町時代の宝徳年間(1450年頃)に建てられた臨済宗の禅寺です。「石庭・枯山水庭園」は、整備されていてとても綺麗。5月には新緑、11月には紅葉が水面に映し出されて「床もみじ」を楽しむことができます。

宝徳寺の御朱印は、種類が多くカラフルでお地蔵さんなどのかわいい絵柄が入ったものです。旅の記念にいかがでしょうか…?

#9 教科書にも載っている「岩宿遺跡」

群馬県みどり市笠懸町の小さな丘陵に位置しています。入場無料で国指定の史跡。関東ローム層の時代には、人類が住めなかったと考えられてきましたが相沢忠洋が岩宿遺跡の関東ローム層から、石器や黒耀石の石槍などを発見。

「旧石器時代」に人類が住んでいたことを明確にしたのが、岩宿遺跡です。その後も発掘調査が行われ、数々の石器が発見されています。石器や資料が展示されて、遺跡好きにはロマンのある場所ですね!

次のページを読む
1 2 3
Share: