中部地方山梨県石和・勝沼・塩山

【2022年版】勝沼デートならここ!おすすめスポット15選を紹介【ワイン・歴史・自然・グルメなど】

関東から程近い、のどかな雰囲気のある山梨県。たくさんの果物がとれることで有名ですが、その中でも美味しいぶどうが収穫できるエリアが勝沼です。勝沼には、そんなぶどうを生かしたグルメや癒される自然スポットなどが数多くあります。

今回は、日帰りデートでも行ける勝沼のおすすめスポットを紹介していきます。

ライター/risa.

最新スポットのリサーチ&お出かけを趣味にしているライターです! 関東圏のスポットを中心に執筆していきます。 皆さんのデートや大切な日が、より良い時間になるような記事をつくっていきます!

勝沼ってどんなところ?

image by PIXTA / 74177223

勝沼町は、山梨県甲州市にある街です。山梨県の東部に位置し、関東から近くにあるため日帰りのおでかけもおすすめ。人口9000人ほどの小さな街ですが、広大なぶどう畑があり、芳醇な果物の匂いに包まれます。

そののどかさに、普段の疲れを忘れてデートを楽しめることでしょう。

勝沼の定番!おすすめワイナリー

勝沼には多くのぶどう園があります。果物狩りもおすすめですが、おいしいぶどうを使ったワインを作っているワイナリーにぜひ行ってみて。たくさんのワインに囲まれて、2人のお気に入りを見つけるのもいいですね。

今回紹介するワイナリーは、勝沼でも人気の場所になっています。お酒が飲めない人でも楽しめるワイナリーがあるので、チェックしてみてください。

#1 勝沼のはずせないワイナリーといったらここ!「ぶどうの丘」

ぶどう畑を見降ろせる小高い場所に位置する「ぶどうの丘」。実は全国にある「恋人の聖地」でもあります。ぶどうの丘には、ワイナリーをはじめ、ワイン料理を提供するレストラン、バーベキュー場、日帰り温泉、宿泊施設があり、1日過ごすことができるスポットです。

そのなかでもワイナリーは、地下に200銘柄以上のワインを貯蔵しており、ワインが立ち並んでいるだけでインスタ映えする空間。こちらは専用の試飲容器を購入することによって、180種類のワインが試飲できる仕組みになっています。どれにしようか迷ってしまう種類の多さですが、時間を忘れてワインを味わいたいカップルはぜひお試しください。

#2 ぶどう畑の風景に心奪われる!「シャトー・メルシャン勝沼ワイナリー」

続いてのワイナリーは、日本初の民間ワイン会社をルーツとしている「シャトー・メルシャン勝沼ワイナリー」です。こちらは体験型のワイナリーとなっており、ガイドによるツアーがおこなわれています。ワインの貯蔵庫やタンクなどを間近に見ることができ、貴重な体験ができること間違いなし。

おすすめは、ワイン専用の品種が育てられているぶどう畑で、ツアー参加者でなければ立ち入ることのできないスポットです。果物狩りで行くぶどう畑とは違う、特別な空間を味わうことができるでしょう。

ガイド付きのツアーは事前予約が必要になるので、詳細をチェックしてみてくださいね。

#3 インスタ映えなワイナリーで珍しい体験を!「ロリアンワイン白百合醸造」

白い壁の建物に、おしゃれな看板がついているこちらは「ロリアンワイン白百合醸造」です。外観から外国のようなかわいらしさを感じますね。こちらでも、ワインの貯蔵庫を見学できるツアーや試飲を楽しむことができます。

このワイナリーでぜひチェックしたいのが特別ツアーの体験。自分で生のワインをそそいでコルク締めをしたり、オリジナルラベルをつくってボトルに張り付けたりといった、ワイナリーならではの内容がそろっています。ツアーは要予約になるので、お出かけ前の予約を忘れずに!

#4 歴史を感じるワイナリー「まるき葡萄酒」

「まるき葡萄酒」は、明治10年に創業し今なお続く日本最古のワイナリーです。その内観は、古民家を思わせるような日本らしい作りが特徴。

こちらには見逃せない写真スポットがあります。樽貯蔵庫の突き当りに、ぶどうをあしらった美しいステンドグラスが飾られているのです。まるで西洋の教会を思わせ、心に残る写真が撮れるでしょう。思わず見とれてしまう、デートの穴場スポットです。

#5 大人な空間で、ワインのテイスティングをしよう!「マンズワイン 勝沼ワイナリー」

マンズワインは、山梨で最大級のワイナリーで、生産量も山梨で一番多くなっています。山梨の芳醇なぶどうを使ったワインや、プレミアム日本ワインと呼ばれるものまで、品ぞろえの多さは圧倒的です。

併設されているワイナリーショップは、照明を活かした落ち着いた雰囲気。大人のデートにぴったりな空間となっています。店内には試飲をしながらくつろげるスペースがあるため、ワインをゆっくり味わいたい方にもおすすめです。また、テイスティングセミナーの開催もあるため、これを機にワインを学びたいというカップルは参加してみてはいかがでしょうか。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: