中部地方長野・戸隠・小布施長野県

【2021年版】小布施デートならここ!長野在住者おすすめの15スポット【絶景スポット・グルメ・日帰り温泉など】

長野県上高井郡・小布施エリアは葛飾北斎や小林一茶、多くの文化人が愛した地。小布施といえば「栗」が有名で江戸時代には将軍へ献上されるほどのブランドでした。名物の栗菓子が人気の小布施町はその昔は観光地ではなく栄え、多くの豪商を生みました。

さらに昭和の時代からは独自の歴史を守り、地域の景観を意識したまちづくり開発がされてきました。自宅の庭を開放したオープンガーデンは日本初のおもてなしの取り組みとして話題になり、メディアにも度々取り上げられ高い評価を受けています。

今回は小布施をこよなく愛する長野在住者だからこそわかる、おすすめの小布施のデートスポット15選を紹介します。

ライター/vivien22

美容・食・健康関連の仕事をしています。 仕事柄温泉地へ行くことが多く、温泉巡りも大好きです!出かけた先の近くの日帰り温泉を探し、疲れを癒して帰宅~も度々あり♡美味しいものを作るのも大好きで、パン作りにはまってます。

小布施の魅力とは?

image by PIXTA / 73748433

小布施は美しい景観の街並みが魅力で、栗を中心にグルメの町として人気です。信濃の小江戸とも言われる街並みは、蔵を残した武家造りの屋敷や、趣ある店が建ち並んでいます。

現在では老舗ブランドの栗菓子屋や酒元の日本酒、味噌屋など小布施に来たならコレ!というお気に入りの品々など、リピーター率の高い観光地としても有名。古い伝統とおしゃれなセンスが融合した心地よさがあります。

小布施に来たら外せないスポットはここ! 

小布施の文化を知るには、数多くの妖怪画を描いた高井鴻山記念館、葛飾北斎館など有名場所が数多くあります。今回は北斎にゆかりある美術館やお寺のご紹介です。

また、ゆかりの地から行く散策コースなど自然体験プランや室内での体験デートにオススメあり!

#1 見応え抜群☆北斎館

江戸の浮世絵師の第一人者「葛飾北斎」の肉筆画作品が展示された美術館。北斎は晩年の83歳から88歳に4度も長野県小布施町に滞留し、多くの傑作を描き残しました。

何故江戸から約240キロも離れた小布施の山里に、老画家が通い続けたのか~北斎ミステリーの伝説は未だ謎。北斎隠密スパイ説やパトロン説など、歴史のロマンある語りが受け継がれています。

#2 山頂からの絶景は感動的☆雁田山(かりだやま)

雁田山ハイキングコースは、2~3時間で小布施の町並や千曲川・北信五岳・善光寺大良の眺望すべて見られるプチ登山道。雁田山山麓は、せせらぎ緑道・湧き水・ブドウ園など、自然の魅力がいっぱいです。

コース上には、見所が豊富ですべり山・一の岩・ニの岩・反射板跡・物見の岩・展望園地・姥石・千増坊・大城・小城などなど、周遊マップ持参で楽しんでみましょう。

#3 北斎館から徒歩2分☆陣屋小路(じんやこうじ)

まるで江戸時代にタイムスリップした感覚の小路は、元禄14年徳川幕府の代官所が築かれた通り。レンガ作りの煙突がとても印象的で、奥まで続く道を抜けると見事な栗畑に行き当たります。

小布施の街並みの中でもこの陣屋小路はさりげない雰囲気が人気で、SNS映えするスポットとしても欠かせない場所。古びた石の祠(せきし・ほこら)も往時のまま残されています。

#4 大迫力の八方睨み鳳凰図☆岩松院

雁田山のふもとにたたずむ岩松院の天井絵は、晩年の北斎の最高傑作と言われています。「八方睨(にら)み鳳凰(ほうおう)図」は1年をかけて畳21枚分の大きさで、一度も塗り替えられていません。

また庭には小林一茶の名句「やせ蛙 負けるな一茶 是にあり」の句碑もあり。小布施の歴史文化人の足跡に触れる時間を2人でぜひゆっくり愉しみましょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: