中部地方伊東・宇佐美・川奈御殿場・富士静岡・清水静岡県

【2020年版】静岡市ドライブデートならココ!旅行通がオススメするスポット15選

静岡県内の中部に位置する、静岡市。昔は「駿府」と呼ばれていたエリアで、現在も多くの歴史・史跡スポットが残っています。今回は旅行で何回も静岡県を訪れたことがある筆者が、静岡市内のおすすめドライブデート情報をまとめてみました。カップルさん達は必見ですよ!

ライター/Mari

生まれも育ちも愛知県です。本業は日本語講師ですが、書くことが好きで、ライター業や翻訳業もしています。趣味は旅行で、日本全国はもちろん、25カ国以上の国々へ行きました。今までの旅行経験をいかして、みなさんに素敵な情報をお伝えできたらいいなと思います。よろしくお願いします。

静岡市ってどんなまち?

image by PIXTA / 61815385

静岡県内で浜松市に次いで、2番目に多い人口を持つ静岡市。町の開発が進んでいて、商業都市として栄えていながらも、市内には歴史的スポットが数多く残っています。

今回は、そんな静岡市の魅力が思う存分味わえるドライブデートスポット15選をご紹介しましょう。

古き良き日本が体感出来る!歴史的スポット

静岡市内には、古代の歴史を感じる古墳から江戸時代の風情が楽しめる場所まで色々あります。現代社会ではなかなか無い古き良き日本を見学して、二人で素敵な思い出作りをしてみませんか?

#1 都市公園として整備されている「駿府城公園」

image by PIXTA / 60286115

「駿府城公園」は明治時代まで駿府城があったところで、1949年に都市公園として整備されました。現在、敷地内には資料館や庭園があります。他にも、江戸時代の石垣や徳川家康公之像なども見学できて見どころいっぱいなスポットです!

#2 社殿が国の重要文化材に指定されている「静岡浅間神社」

image by PIXTA / 40435568

標高約171メートルの「賤機山」のふもとにある、「静岡浅間神社」。神社となっていますが、実は神部神社・浅間神社・大歳御祖神社の三社から成り立っています。きれいな紅色の社殿は、国の重要文化財にも指定されているので、一度は見に行った方が良いところです!

#3 静岡市とゆかりのある外国人夫妻が住んでいた「旧マッケンジー住宅」

「旧マッケンジー住宅」は、市内に残る数少ない戦前に建てられた洋館。正確な時期は分かっていませんが、大正時代から昭和初期時代にかけて建てられたものだそうです。ここには昔、茶貿易商だったマッケンジー夫妻が住んでいて、昭和47年に夫人が帰国した後は静岡市が管理しています。

現在は一般公開されていて、入場料は無料!なので、館内を自由に見学できますよ。

#4 フォトジェニックな場所「旧エンバーソン住宅」

「旧エンバーソン住宅」は、ロバート・エンバーソンが住んでいた家です。彼はカナダ出身のキリスト教伝道師で、元々は静岡市葵区に建てられました。後に「日本平動物園」に隣接したところに移転しています。入場料は無料なので、動植物園へ行った際に一緒に行ってみては?

#5 江戸時代の建物が残る「宇津ノ谷の家並み」

image by PIXTA / 9798993

江戸時代にタイムスリップしたかのような感覚を体感できるのが、「宇津ノ谷の家並み」。ここは現在、「宇津ノ谷集落」と呼ばれていますが、江戸時代には東海道の宿場町がありました。落ち着いた場所なので、二人でゆっくり歩いてみるといいかもしれませんね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: