アニーお祝い体験マガジン

シャトレーゼのかりんとう饅頭を超絶甘党男子が徹底解説!ローソンでも買える?味や原材料・カロリーも紹介
シャトレーゼ 飲食店

シャトレーゼのかりんとう饅頭を超絶甘党男子が徹底解説!ローソンでも買える?味や原材料・カロリーも紹介

この記事は、編集部で2024年03月18日にチェックし追加更新した最新情報を掲載しています!

シャトレーゼの「かりんとう饅頭」は97円(税込)というリーズナブルな価格ながら、黒糖を使用した固めの皮と、しっとりとしたこし餡が特徴です。実際私は食べてみて「繊細な味わいで美味しい」と高評価をつけました。そんな私が、シャトレーゼのかりんとう饅頭をカロリーや味購入場所など、食べたい方に役立つ情報を徹底紹介。気になる方はぜひご覧くださいね。

source:ライター自⾝による撮影

※本サイトは広告プログラムにより収益を得ています。

シャトレーゼの「かりんとう饅頭」の魅力

シャトレーゼの「かりんとう饅頭」の魅力

ライター自⾝による撮影

シャトレーゼには和菓子も豊富にありますが、その中でも「かりんとう饅頭」はひと工夫があり、一風変わった魅力を持っています。名前を見ただけで「かりんとう」と「お饅頭」が一緒になっているという驚きがあり、気になるスイーツです。

では、「かりんとう饅頭」の魅力も深掘りしていきます。

1. 意外な組み合わせ

「餡入りかりんとう」という斬新な組み合わせで、日本茶はもちろん、コーヒーや紅茶にもぴったりです。

北海道産の小豆を使用した風味豊かなこし餡が特徴で、香ばしい米油で揚げられた外側のかりんとう部分は甘く、中の餡は控えめの甘さ。バランスの取れた味わいが魅力です。

2. 2つの食感が楽しめる

シャトレーゼの「かりんとう饅頭」の外側のかりんとうは非常に固く、ナイフで切るには先を尖らせる必要があります。一方、その内側には丁寧に濾されたなめらかな食感のこし餡が詰まっていますよ。

この2つの対照的な食感がユニークで、かりんとうの歯ごたえが味わいに深みを与え、満足感を高めています。

3. 黒糖も甘さが絶妙

シャトレーゼの「かりんとう饅頭」には、沖縄産の黒糖が使われています。そのため、濃厚な黒糖の甘みと微かな焦げた苦みが、中に詰まった餡と絶妙に調和していますよ。

黒糖の風味がなければ、このような味わいは生まれないでしょう。

4. こだわりのあんこを使用

外側の生地には沖縄産の黒糖を、中の餡には北海道産の小豆を使用しているようです。シャトレーゼは「あんこ」にこだわりを持っているため、ぜひ「あんこ」の風味を楽しんでください。

公式サイトでは、トースターなどでの再加熱もお勧めしていますので、ぜひ試してみてくださいね。

5. 饅頭生地

生地に塩を加えることで、黒糖の甘さを引き立て、コクと風味を強調しています。その後、蒸し上がった饅頭を米油で揚げて、カリッとした食感を出し、かりんとうのような仕上がりにしていますね。

この方法により、通常の饅頭とは異なる味わいを楽しめます。

実際に食べてみた感想

実際に食べてみた感想

ライター自⾝による撮影

手のひらサイズで手軽なお茶菓子として最適な和菓子です。開封すると、香ばしい風味が漂います。通常の饅頭と異なり、カリッとした食感が特徴であり、その特性はリニューアル後もさらに強調されていますね。時間が経つと生地が柔らかくなることがありますが、オーブントースターで少し温め、表面をカリッとさせると美味しさがより引き立ちますよ。名前通り、かりんとうのような食感を楽しむために、歯で生地を割るイメージで食べるのがおすすめです。

黒糖の生地とあんこの控えめな甘さが絶妙に調和し、バランスの取れた味わいを楽しむことができますよ。その風味と食感から、人気の商品であることが納得できます。

シャトレーゼの「かりんとう饅頭」の基本情報

シャトレーゼの「かりんとう饅頭」の基本情報

ライター自⾝による撮影

シャトレーゼの「かりんとう饅頭」は、福島県の老舗洋菓子店が生み出した和菓子です。このお菓子は、黒糖入りの生地になめらかなこしあんを包み、植物油でカリカリに仕上げたものですよ。

1 2 3 4