アニーお祝い体験マガジン

コストコマニアが手軽にコストコ会員カードを取得する方法を紹介!申し込み方法と会員特典も解説
コストコ 飲食店

コストコマニアが手軽にコストコ会員カードを取得する方法を紹介!申し込み方法と会員特典も解説

この記事は、編集部で2024年03月18日にチェックし追加更新した最新情報を掲載しています!

大容量の商品や日本ではあまり見かけない商品が手に入る魅力的なコストコ。しかし、会員カードが必要と聞くと敷居が高く感じることもありますね。でも、心配いりません。コストコの会員カードは手軽に取得できます!この記事では、「コストコ会員カードの申し込み方法や制度について」解説します。カードを手に入れるための手順や、会員特典を活用するポイントも丁寧にご紹介します。この記事を読めば、あなたも今すぐコストコでお買い物ができるようになりますよ。「コストコに行きたいけど会員カードがない」という方は、ぜひ参考にしてみてください!

※本サイトは広告プログラムにより収益を得ています。

会員になることでお得な買い物ができるコストコ

会員になることでお得な買い物ができるコストコ

ライター自⾝による撮影

コストコの正式名称は「Costco Wholesale Japan」です。「Wholesale」は「卸売り」を意味し、一般の人々も利用できる卸売業者というイメージを持っています。コストコはメーカーから卸業者を介さずに直接大量に商品を仕入れ、シンプルな陳列で運営費を削減することでコストを抑えていますよ。その結果、高品質な商品を低価格で提供することが特徴です。

アメリカ発祥のコストコは、飛行機の格納庫を改造して倉庫店舗を開業しました。各店舗の名前には「⚪︎⚪︎倉庫店」などの倉庫を示す言葉が使われており、倉庫型の店舗で知られています。

商品の特徴

商品の特徴

ライター自⾝による撮影

コストコで販売されている商品は、一般的に業務用サイズが多く、ボリューム感があります。これらはホームパーティーなどで活用されることが多く、友人との共同購入で分け合うこともよくありますね。

ただし、賞味期限には十分注意する必要があります。また、コストコではプライベートブランドの商品も豊富で、広告宣伝費を抑えることでリーズナブルな価格で提供されていますね。

レジの決済について

一部のクレジットカード会社では使用できない場合があるので、利用時には注意が必要です。また、コストコでは退店時にレシートが必要になるため、誤って捨てないように気を付けましょう。

コストコで買い物するには「会員カード」が必須

コストコの最大の特徴は、「会員制」であることです。コストコを利用するためには、会員証を取得する必要があります。

会員になる条件

会員資格は18歳以上です。また、同じ住所の場合、無料で1人分の家族カードも発行できます。会員カードと家族カードの両方には顔写真が付いており、利用は本人に限られていますよ。

年会費は4,840円

会員カードは1年ごとに更新されます。個人会員の場合、年会費は4,840円(税込)であり、事業主などの法人会員の場合は4,235円(税込)が必要です。

ただし、この年会費は賢く利用すれば簡単に元を取れますよ。コストコは日本に30店舗以上、世界には870店舗以上あります。会員であれば、日本全国または世界中のコストコを利用することができますよ。

会員カードの作り方

倉庫店の入り口にはスタッフが待機しており、入会を希望する場合はスタッフに伝えると、入会手続きを行うためのカウンターに案内してもらえます。本人確認書類を持参していれば、当日入会が可能で、会員証用の顔写真もその場で撮影して手続きが完了しますよ。

また、コストコ公式ウェブサイトで事前に登録しておけば、当日の手続きがよりスムーズに行えますよ。

1 2 3