アニーお祝い体験マガジン

コストコマニアがディナーロールを徹底解説!保存方法や美味しい食べ方6選も紹介
コストコ 飲食店

コストコマニアがディナーロールを徹底解説!保存方法や美味しい食べ方6選も紹介

この記事は、編集部で2024年03月05日にチェックし追加更新した最新情報を掲載しています!

コストコユーザーの中で広く知られているのが、「ディナーロール」。1袋に36個入っており、コストパフォーマンスが良く、その美味しさでも有名です。この記事ではコストコマニアの私が、「ディナーロール」をより美味しく楽しむ方法やアレンジレシピ、そして冷凍保存の方法などを紹介します。

※本サイトは広告プログラムにより収益を得ています。

コストコの「ディナーロール」について

ここでは、コストコの「ディナーロール」について紹介します。

コストコの「ディナーロール」の基本情報

コストコの「ディナーロール」の基本情報

ライター自⾝による撮影

「ディナーロール」は、コストコの代表的で長寿な人気商品で、1999年の日本上陸以来、幅広いメディアで頻繁に取り上げられています。その歴史の長さと美味しさが、多くの人に愛されている理由でしょう。

この商品は冷凍保存が可能で、購入したばかりの初心者から上級者まで、手軽に購入できることが魅力です。パンの香りが良く、アレンジがしやすいのも、多くの人に支持される理由の1つですね。

コストコ「ディナーロール」の値段と内容量

「ディナーロール」は約1350g36個入り、驚異的な大容量です。現在の購入価格は税込み458円で、1個あたりわずか12.7円という驚異的な低価格ですね。

かつては36個入りで価格は498円でしたが、2016年に値下げされて458円になり、ますます手頃な価格で手に入るようになりました。このコスパの良さが、「ディナーロール」が不動の人気を誇る要因の1つでしょう。

パンのサイズ

ディナーロールが1個ずつ大きさが違うという噂について、実際の製造過程を一度見たことがあります。製造では、ホールケーキのような円形の型に生地を流し込み、その上からディナーロールの型を押し込んでいました。生地ができる段階では、各個体は同じサイズですが、焼く際の熱の影響により膨らみ方が異なり、個体差が生じます。

また、生地が切れずにディナーロール同士がくっついてしまうこともあるようです。

原材料とカロリー

ディナーロールは、シンプルながら朝食にぴったりの味わいが魅力です。原材料もシンプルで、以下が使用されています。

・小麦粉
・砂糖
・ショートニング
・脱脂粉乳
・食塩
・イースト
・卵
・アセロラ果実パウダー

100gあたりのカロリーは281キロカロリー。大きさにはバラつきがありますが、全体の内容量が1350g36個入りなので、1個あたり約37.5gで、カロリーは約105キロカロリーとなります。

朝食の理想的なカロリー摂取量が500600キロカロリーとされているため、ディナーロールを朝食に選ぶ際は、23個を目安に、副菜と組み合わせていただくのがおすすめです。

1 2 3 4