アニーお祝い体験マガジン

コストコマニアがコストコのバナナを徹底解説!保存方法や余りそうになった時の美味しい食べ方も紹介
コストコ 飲食店

コストコマニアがコストコのバナナを徹底解説!保存方法や余りそうになった時の美味しい食べ方も紹介

この記事は、編集部で2024年02月29日にチェックし追加更新した最新情報を掲載しています!

コストコの大ヒット商品、「バナナ」は赤ちゃんから大人まで広く愛されています。1本1本が非常にボリュームがあり、食べ応え十分です。一度コストコのバナナを試すと、他のバナナには戻れないほどの人気があります。記事の後半では、冷凍保存方法やアレンジレシピ一緒に紹介するのでぜひご覧ください。


※本サイトは広告プログラムにより収益を得ています。

コストコのバナナの基本情報

コストコのフルーツコーナーはまさにフルーツ天国で、バナナをはじめとするさまざまな種類の果物がリーズナブルな価格で販売されています。ルビーグレープフルーツ、ラズベリー、りんご、パイナップルなどがその一例です。

特にバナナは安価で手に入るため、コストコでも非常に人気の商品で、「デルモンテバナナ」と「ファーマインド オーガニックバナナ」の2つの種類が山積みになっています。各商品の特徴を紹介しますね。

その1.むっちりとした食感が印象的な「デルモンテバナナ」

その1.むっちりとした食感が印象的な「デルモンテバナナ」

ライター自⾝による撮影

「デルモンテバナナ」はグアテマラからの輸入品です。1袋には15cmを超える太いバナナが8本入っています。販売されている際には、完熟前の青い状態も見受けられますが、全体的に黄色く熟れており、果柄の部分に僅かに青みが残っていました。

まだ完全に熟していないため、カットしてもバナナの香りはほとんど感じられません。一口食べてみると、酸味が際立ち、甘さは控えめ。むっちりとした食感が印象的で、長さは15cm以上、直径は3cmを超えるものです。値段は158円(税込)。

その2.有機栽培で育てられた「ファーマインド オーガニックバナナ」

その2.有機栽培で育てられた「ファーマインド オーガニックバナナ」

ライター自⾝による撮影

「ファーマインド オーガニックバナナ」はメキシコが原産国で、「デルモンテバナナ」と同じく15cmを超える大きなバナナが8本入っています。価格だけで比較すると、「デルモンテバナナ」の方が安価ですが、こちらのバナナは有機栽培で大切に育てられ、パッケージには日本の農林水産省の有機栽培基準を満たしていることを示す、有機JASマークがついています。

なお、「ファーマインド オーガニックバナナ」は販売時に完熟前の青い状態が多く見受けられますね。長さは15cm以上で、太い部分で直径が3cmを超え、重みがあります。さわやかな酸味とほどよい甘みがありますが、少し青臭さが感じられましたね。

コストコのバナナの賞味期限はどれくらい?

冷蔵保存するとバナナの皮は変色しやすくなりますが、常温保存よりも長い期間保存できます。食べ頃の期間は約23週間程度ですが、外見からでは状態が分からないため、実際に皮をむいて判断してください。

バナナの皮の変色が気になる場合は、各バナナを一本ずつ取り分けて新聞紙で包み、野菜室で保存すると良いです。

コストコのバナナの保存方法

ここでは、コストコのバナナの保存方法を「常温」「冷蔵」「冷凍」に分けて紹介します。

常温で保存する方法

常温で保存する方法

ライター自⾝による撮影

常温保存は主に青いバナナを追熟させるために行います。青いバナナは硬く糖度も高くないため、柔らかくて甘いバナナが好きな方は追熟が必要です。

ただし、房のまま保存しないでください。房のまま保存すると、バナナの軸から傷みが進み、黄色くなる前に軸が腐ってしまう可能性がありますよ。そのため、1本ずつバラバラにして保存してください。

冷蔵で保存する方法

コストコのバナナの冷蔵保存の手順は下記の通り。

1 2