アニーお祝い体験マガジン

現役スタバ店員がスタバの料金が高い理由を暴露!実は他よりもコスパが良い!お得情報も公開します
スターバックス 飲食店

現役スタバ店員がスタバの料金が高い理由を暴露!実は他よりもコスパが良い!お得情報も公開します

この記事は、編集部で2024年02月16日にチェックし追加更新した最新情報を掲載しています!

「スタバに行きたいけど、高いから行きにくいな」って思う人は多いでしょう。それもそのはずで、スターバックスコーヒーの料金は基本的に高いです。では、なぜ高い料金設定になっているのかについて現役スタバ店員が徹底解説していきます。記事の後半ではスタバをお得に使うコツを公開するので、見逃せませんよ。

※本サイトは広告プログラムにより収益を得ています。

スタバが高い理由を解説

スタバが高い理由を解説

ライター自⾝による撮影

ここでは、スタバが高い理由を解説していきます。

1. 材料の原価がそもそも高い

スターバックスはそもそもドリンクやフードを作る原材料が高いです。実際、どれだけの原材料なのかを公開することはできませんが、スターバックスで有名なシュガードーナツは卵や白砂糖を一切使っていないですが、甘さと濃厚さが絶妙に仕上がっています。

また、フラペチーノを作成するときに使われるシロップ類も砂糖などの無駄な成分をできる限り取り除かれているので健康に意識しながらも甘いものを楽しむことが可能。こういった原材料の品質にこだわるからこそ、価格が高めに設定されています。

2. サービスが充実している

スターバックスに訪れた人は「店内がかなり過ごしやすいな」と思ったはず。そのはずで、スターバックスは長時間店内に過ごせるために設計されています。実際、パソコンやスマートフォンを充電するためのコンセントやコーヒーのおかわりなどのサービスがありますよね。

ただ、コンセントに関しては設置されていない店舗もあるので注意してください。ショッピングモールにあるスターバックスはほとんどコンセントが設置されていません。

3. 接客レベルが高い

スターバックスの常連になる人のほとんどが、「店員さんの接客が良かったから」と答えるほど、スターバックスの接客レベルは非常に高いです。なぜ他の飲食店と比べて、接客がいいのかというとスターバックスは人柄を重視しており、面接は非常に難関と言われています。

巷では「顔採用があるんじゃないか?」と言われていますが、はっきり言ってそれはないです。どちらかというと、清潔感があって愛想が良い人が採用されています。清潔感があって愛想が良い人は顔もよく見えるので、顔採用と言われても仕方ないとは思いますね。少し話がそれましたが、こういった要因から価格が高く設定されています。

スタバのコーヒーはコスパ最強!他のカフェと比較

スタバのコーヒーはコスパ最強!他のカフェと比較

ライター自⾝による撮影

スタバのコーヒー(ドリップコーヒー)はコスパ最強です。他のカフェと比較しながら紹介します。

スターバックスとドトールコーヒー

スターバックスのコーヒー(ドリップコーヒー)トールサイズが420で内容量が350mlに比べて、ドトールのコーヒーはLサイズが350で内容量が270ml。ドトールといえば、チェーンの喫茶店で安価なイメージがあります。

ただ、内容量を考えるとスターバックスのコーヒーの方がコスパはいいですね。

スターバックスとサンマルクカフェ

スターバックスのコーヒー(ドリップコーヒー)のトールサイズが420円で内容量が350mlに比べて、サンマルクカフェのコーヒーはLサイズが420円で内容量が270ml。

値段は同じですが、内容量を考えるとスターバックスのコーヒーの方がコスパはいいですね。

1 2 3 4