アニーお祝い体験マガジン

【2024年版】京都の庭園30選!枯山水・池泉回遊式庭園・夢窓疎石など旅行好きな筆者が紹介
京都府 近畿

【2024年版】京都の庭園30選!枯山水・池泉回遊式庭園・夢窓疎石など旅行好きな筆者が紹介

#17 皇室ゆかりの蹴鞠の庭は比叡山の遠望好適地「実相院 一仏八僧の庭」

image by PIXTA / 18897929

客殿前に白砂に石が配された広々とした庭が広がっていますが、ここはかつては蹴鞠を行うための庭でした。北側の木立が春の新緑、秋の紅葉で色づくと白砂とのコントラストがとても美しいです。現在は比叡山を借景に取り入れた枯山水庭園

客殿西側にも庭がありこちらは瀧石組などが閑雅な池泉回遊式庭園で、石の上まで苔むす様は庭に落ち着きを与え枯山水庭園との対比も興味深いですよ。秋には庭の紅葉が床に映る床紅葉、新緑の季節は同じく床みどりとなる瀧の間の床板も見落とせません。

スポット名実相院
概要1229 年に建立され、15 世紀にこの地に移された皇室にゆかりの深い寺院。
住所〒606-0017 京都府京都市左京区岩倉上蔵町121
営業時間月曜日: 9時00分~17時00分、火曜日: 9時00分~17時00分、水曜日: 9時00分~17時00分、木曜日: 9時00分~17時00分、金曜日: 9時00分~17時00分、土曜日: 9時00分~17時00分、日曜日: 9時00分~17時00分、
電話番号075-781-5464
公式サイト公式サイトにアクセスする

#18 柿とツツジの寺の比叡山を借景にした平庭「圓通寺 比叡山を借景とする平庭」

image by PIXTA / 58074868

本堂の真東にある庭園はまぜ垣と呼ばれるいくつもの種類の木を混ぜて作られた人の背丈ほどの垣根の上に檜や杉木立の間から比叡山を望む借景庭園です。一直線に刈り込まれた生垣の上に浮かぶ山がまるで絵のように見える一種の額縁庭園で、秋の夕暮れ、比叡山が紅く染まり月が昇るのが見える頃が最も美しいと言われていますよ。

また苔の庭に40個ほどの石が配された枯山水平庭で国の名勝に指定されています。離宮の面影を今に伝える貴重な庭園で時には鹿も姿を現しますよ。

スポット名圓通寺
概要1600 年代に建立された禅寺。秋の紅葉と比叡山を望む庭園で有名。
住所〒606-0015 京都府京都市左京区岩倉幡枝町389
営業時間月曜日: 10時00分~16時00分、火曜日: 10時00分~16時00分、水曜日: 定休日、木曜日: 10時00分~16時00分、金曜日: 10時00分~16時00分、土曜日: 10時00分~16時00分、日曜日: 10時00分~16時00分、
電話番号075-781-1875
公式サイト公式サイトにアクセスする

#19 貴重な建物の中から眺められる贅沢な場所「西村家別邸 社家の庭」

blank

image by PIXTA / 32589372

社家の庭は明神川の水を曲水の水路に流す特有の形式の庭で、上賀茂神社の御神体である神山の降臨石を象った石組があります。客殿は東山天皇の中宮にある承秋門院の旧殿を移築したもので、その西側にある苔むした飛石が特徴的な池泉回遊式庭園

北側奥にある三尊石組の手前に石仏がある庭は大変珍しく、秋はこの石組の北側の紅葉がとても素晴らしいです。

スポット名西村家別邸
住所〒603-8075 京都府京都市北区上賀茂中大路町1
営業時間要お問い合わせ

#20 本堂に腰をおろして山の色の変化とともに楽しみたい庭「上賀茂神社 渉渓園」

blank

image by PIXTA / 84981645

上賀茂神社は平安京以前からある賀茂氏の氏神で京都最古の神社の1つ。渉渓園は摂社加茂山口神社の前庭に沢田川を引き込んでくねらせ、曲水の宴を再現するために中根金作により造られた庭園です。また比叡山が見事な眺望をみせる絶好の位置に造られた庭園。

まぜ垣は本堂脇までまわりこんでおり、ここでは間近で見られるためいろいろな種類の木でできていることがわかりますよ。

スポット名上賀茂神社
概要木々に囲まれた 7 世紀創建の神社。川のほとりにある。
住所〒603-8047 京都府京都市北区上賀茂本山339
営業時間月曜日: 5時30分~17時00分、火曜日: 5時30分~17時00分、水曜日: 5時30分~17時00分、木曜日: 5時30分~17時00分、金曜日: 5時30分~17時00分、土曜日: 5時30分~17時00分、日曜日: 5時30分~17時00分、
電話番号075-781-0011
公式サイト公式サイトにアクセスする

古からの京のリゾート地にある名刹と古社の庭を巡る!嵐山・松尾エリアの庭園5選

平清盛の寵愛を失った女人達が隠居した草案や室町幕府官領の細川頼之により創建された天龍寺塔寺院。本堂の前の庭は四季折々の季節の風情が映し出されています。散策しながら仏の無言の説法を感じ取る獅子吼の庭で心を癒しましょう。特に秋は見事な散り紅葉で埋もれますよ。

#21 巨岩・巨石が点在する借景回遊式庭園「宝厳院 獅子吼の庭」

blank

image by PIXTA / 11814057

獅子吼の庭は嵐山や亀山を借景に取り入れた池泉回遊式で夢窓疎石の法孫・策彦禅師の作といわれ、獅子吼の庭とも称されています。獅子吼とは仏が説法するという意味。手前には彼岸に渡るための舟石が置かれています。

園内を巡ると岩や碧岩などの巨大な岩の数々で古来その地にあった巨岩を生かして石組としていますよ。回遊式の園内を散策し鳥の声や風の音を聴くことにより、人生の心理や正道を肌で感じるという、そんな禅の修行のための庭でもあります。

スポット名宝厳院
概要落ち着いた雰囲気に包まれた風情ある仏教寺院。四季折々の風景が楽しめる美しい庭園と仏像で有名。
住所〒616-8385 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町36
営業時間月曜日: 9時00分~17時00分、火曜日: 9時00分~17時00分、水曜日: 9時00分~17時00分、木曜日: 9時00分~17時00分、金曜日: 9時00分~17時00分、土曜日: 9時00分~17時00分、日曜日: 9時00分~17時00分、
電話番号075-861-0091
公式サイト公式サイトにアクセスする

#22 竹と楓に囲まれた四季の表情が美しい庭「祇王寺 散り紅葉の庭」

blank

image by PIXTA / 80571703

茅葺の本堂の前に緑の苔に覆われた庭園が広がり四季の表情の美しさで特に有名に。春には祇王桜が風に舞い初夏から夏には深緑と苔の緑が一際生き生きと輝き、秋には真っ赤に色づいた楓が幾重にも散り紅葉となって苔の庭に散り積もります。

冬の枯葉の上に積もる雪景色の風情も捨てがたく、ささやかな草案と庭園を取り巻くように生い茂る竹林を渡る風の音も奥嵯峨らしい旅情を見せますよ。

スポット名祇王寺
概要古雅な趣の寺院。苔庭、竹林、楓の木々が織りなす美しい景観が魅力。
住所〒616-8435 京都府京都市右京区嵯峨鳥居本小坂町32
営業時間月曜日: 9時00分~16時30分、火曜日: 9時00分~16時30分、水曜日: 9時00分~16時30分、木曜日: 9時00分~16時30分、金曜日: 9時00分~16時30分、土曜日: 9時00分~16時30分、日曜日: 9時00分~16時30分、
電話番号075-861-3574
公式サイト公式サイトにアクセスする

#23 禅僧・任庵主の作庭を伝える唯一の庭「鹿王院 嵐山借景の前庭」

blank

image by PIXTA / 55329898

室町時代に醍醐寺の作庭もした禅僧の任庵主が客殿南庭として作庭しましたが、桃山時代末期の伏見大地震などにより荒廃しました。その名庭園跡地に江戸時代初期に作られたのが現在の庭で、1763年に建物の移築により一部が改修された記録があります。

嵐山を借景とする平庭式の枯山水庭園で京都市指定の名勝。苔むした庭園内には任庵主の作庭の面影を伝える三尊石組のほかモッコク、クロモチ、カゴノキなどの江戸時代からの古木が茂っており禅庭の雰囲気を醸し出しています。任庵主作の庭で一部でも残っているものは他にはない貴重な遺構ですよ。

スポット名鹿王院
概要数世紀の歴史を持つ寺院。秋の色鮮やかな赤と黄色の楓の紅葉で知られている。
住所〒616-8367 京都府京都市右京区嵯峨北堀町24
営業時間月曜日: 9時00分~17時00分、火曜日: 9時00分~17時00分、水曜日: 9時00分~17時00分、木曜日: 9時00分~17時00分、金曜日: 9時00分~17時00分、土曜日: 9時00分~17時00分、日曜日: 9時00分~17時00分、
電話番号075-861-1645
公式サイト公式サイトにアクセスする

#24 昭和を代表する作庭家・重森三玲の絶作庭園「松尾大社 松風苑」

blank

image by PIXTA / 95022419

昭和50年重森三玲が最後に取り組んだ庭で全てに四国産の青石を使い、伝統を重視しつつ現代的表現を目指しました。曲水の庭は庭園入口から渡り廊下をくぐっていくと最初に現れる現代的な庭でモダンで開放的な構成。上古の庭は背後の盤座にちなんでつくられたもので石組ではなく神により据えられた石を象徴したものとしています。

石の間のミヤコザサにより高山の雰囲気を醸し出すという異色といえる庭園でもありますよ。蓬莱の庭は境内の手前、茶店の奥にあり茶店の店内からも眺められます。古典的な石組と現代の池の護岸の技法を取り入れ、鳳来神仙の世界を表現。夜間はライトアップされ幽玄の世界を作り出しますよ。

スポット名松尾大社
概要国の重要文化財に指定されている神社。風光明媚な境内には、癒しの効果があるとされる湧き水が出ている。
住所〒616-0024 京都府京都市西京区嵐山宮町3
営業時間月曜日: 9時00分~16時00分、火曜日: 9時00分~16時00分、水曜日: 9時00分~16時00分、木曜日: 9時00分~16時00分、金曜日: 9時00分~16時00分、土曜日: 9時00分~16時00分、日曜日: 9時00分~16時00分、
電話番号075-871-5016
公式サイト公式サイトにアクセスする

#25 平安貴族の別荘の面影を伝える花の庭「梅宮大社 神苑」

blank

image by PIXTA / 63741662

神苑は本殿東側の入口より入ると3つの島を持つさくや池を中心とした池泉回遊式庭園が広がりますよ。手前の島には芦のまろ屋と呼ばれる茶室があります。1851年の建築の風雅な茅葺。島には石や木で架けられていますがその橋も変化に富んでいます

北側には土俵が設けられさらに本殿裏にまわると雰囲気が変わりまがたま池を中心とした山間を思わせる庭に多くの野鳥が飛来しますよ。2月の梅にはじまり3月の椿、4月の桜、5月のツツジや杜若、6月の紫陽花まで花の名所でもあります。

スポット名梅宮大社
概要花が美しい庭園、池、茶室、飼い猫などで知られる、静かにひっそりと佇む神社。
住所〒615-0921 京都府京都市右京区梅津フケノ川町30
営業時間月曜日: 6時30分~18時00分、火曜日: 6時30分~18時00分、水曜日: 6時30分~18時00分、木曜日: 6時30分~18時00分、金曜日: 6時30分~18時00分、土曜日: 6時30分~18時00分、日曜日: 6時30分~18時00分、
電話番号075-861-2730
公式サイト公式サイトにアクセスする
1 2 3 4