吉野家飲食店

【保存版】吉野家のカレーメニュー9選を紹介!牛丼チェーンのカレーはうまいのか?黒カレーは販売終了?口コミや注文サイズなど徹底解説

元吉野家アルバイターが大手牛丼チェーン店吉野家のカレーメニューをご紹介します!メインの牛丼に隠れたサブメニューのようなイメージですが、実際はうまいのか?まずいのか?口コミを含めその魅力をメニュー別にまとめました。一時は販売終了の噂も流れたカレーの現在は?辛さ調整は?大盛りは無料?気になる疑問にもお答えしますので是非参考にしてください!

※本サイトは広告プログラムにより収益を得ています。

牛丼チェーンのカレーっておいしいの!?

結論、すごく美味しいんです。ではなぜおいしいのか?今回はその魅力をご紹介します。

カレーを提供する理由は?

吉野家では現在店舗メニューの第2の主力商品としてカレーを展開しています。牛丼屋がカレーを販売していることに違和感を覚えられるお客様もいらっしゃいますが、提供している理由は、牛丼と変わらず美味い、安い、早い、が実現できる商品という側面が大きいのでしょう。また牛肉とカレーの親和性がいいことからメイン材料の応用性が効く点も原価の面からメリットがあります。しかし、あくまでもこだわりを持って販売しているため根強い人気があるんですね。

人気の理由は?

吉野家はこれまでに何度もカレーメニューのリニューアルを行っています。カレールーは牛肉の味付けに合わせ和風テイストに仕上げており、コクのある旨味と、だしの風味が牛丼とは違った満足感を与えてくれるんですね。そういったこだわりがリピーターから支持され、いつもの牛丼に変化をつけるというニーズから現在の人気に至ったのでしょう。

実際の口コミは?

一部の口コミでは「吉野家でカレー食べる人なんかいるの?「牛丼食べない人が頼むイメージ」というお声もございます。皆様食べる前から専門店ではない吉野家がカレーを提供していることへの違和感がぬぐえない、といったところでしょうか。しかし実際に食べた方からは「牛丼より好きになった」「カレー屋では出せないカレー」とオンリーワンの美味しさに絶賛の声が多くあります。

牛丼しか頼んだことがない、という方ほど是非試していただきたいです!

大盛りやトッピングはできるの?

大盛り・トッピングはできます。トッピングメニューは牛丼と同様になりますので、以下を参考にしてください。

大盛り:店内+55円(税込)、テイクアウト+54円(税込)
トッピング:牛小鉢(税込195円)、ねぎだく(税込140円)、玉子(税込96円)、半熟玉子(税込107円)、ねぎ玉子(税込151円)、チーズ(税込140円)、キムチ(税込40円)、ねぎラー油(税込140円)

吉野家のカレーは販売終了!?

そんな人気の吉野家のカレーですが、ネットでは販売終了の文字が飛び交っています。過去に何かあったのでしょうか?その理由を調べてきました。

販売終了と言われた理由は?

結論、カレー自体は販売終了していません。にもかかわらず、販売終了と言われた理由は、リニューアル前の商品が販売終了になったからです。吉野屋のカレーはこれまで以下のようにリニューアルを行っています。

2017年4月:黒カレー
2019年4月:スパイシーカレー
2021年4月:黒カレー
2021年12月:カリガリ吉野家カレー
2022年2月:黒カレー

次のページを読む
1 2 3 4
Share: