東京西部東京都関東

【2021年版】あきる野デートならここ!関東在住筆者おすすめの15スポット【マイナスイオンを感じられる・自然・温泉・グルメなど】

東京都の西部エリアに位置するあきる野市。都心からは離れているかもしれませんが、離れているからこその美しい大自然は日々の疲れを癒してくれること間違いなし。都内にいながらリフレッシュしたい気分の時には、ぜひ訪れたい街のひとつです。その雄大な自然環境が東京都だとはにわかに信じがたいかもしれません。

今回は、関東在住で普段は会社員として働く筆者が、都会の喧騒で疲れた心を自然の力で癒してくれる、あきる野ならではのおすすめデートスポット15選を紹介します。

ライター/深海

東京~横浜間をうろうろしているアラサー会社員。 地元は名古屋方面で稀に帰省。 美味しいお酒と御飯が好きで日夜いろんなお店を開拓中です。

記事の前にチェック!
東京都でデートに使えるレストランを予約するならこのサイト!
Annyお祝い体験
この記事では東京都でデートに使えるスポットやレストランを紹介していますが、ここぞという機会や記念日に使える高級レストランをお探しなら記念日特化レストラン予約サイト「Annyお祝い体験」がおすすめです。
ぜひリンク先から、誕生日デートのお祝いに使えるプランをご覧ください。
特別なレストランの誕生日プランを探す
(Annyお祝い体験へ移動します)

本当に都内なのかと驚くほどのマイナスイオンを感じられる場所、あきる野

image by PIXTA / 50859058

新宿などの都心まで電車で1時間以上かかるあきる野。ちょっと遠くないか?と思うかもしれませんが、その分雄大な自然を感じることができること間違いなし。日帰りには少し大変かもしれないので、ちょっとした小旅行気分で訪れる場所かもしれません。

ここからは、都心のような流行最先端の場所は少ないかもしれませんが、あきる野ならではの自然とその自然を活かしたデートスポットや観光地、グルメスポットを紹介していきます。

やっぱりあきる野の自然を堪能できる場所はマストですよね

あきる野といえば、その広大な土地と自然を活かしたスポットがかなり多いんです。せっかく都会の喧騒を離れてあきる野に来たのならば、この自然を存分に楽しまないのは損ですよね。

まずは、そんなあきる野の自然を満喫できるおすすめの場所を紹介してきます。マイナスイオンに囲まれて穏やかな時間を過ごしてみてください。

#1 東京屈指のマイナスイオンを感じられる「秋川渓谷」

あきる野市と檜原村に広がる約20kmの「秋川渓谷」。渓谷を流れる川のほとりでバーベキューを楽しんだり、爽やかな空気や涼しげな風を感じられて、気持ちが和やかになるスポットです。

こちらで有名な場所といえば石舟橋。コンクリートでできた吊り橋という、少し珍しい光景です。少しだけ揺れますが安定感もあり、周りの自然を眺めたり写真を撮影するのにもオススメですよ。

#2 手ぶらでバーベキューを楽しめる「otsu nature garden」

秋川渓谷にあるゲストハウスやオートキャンプ場。バーベキューや釣りなど、様々なアクティビティを手ぶらで楽しむことができる便利な施設です。

夜になれば満点の星空を眺めることができて、ムーディーな雰囲気になること間違いなし。都心から気軽に行ける中では、最も美しい星空が楽しめるといっても過言ではありません。五右衛門風呂などのレアな体験もできるので、ぜひチャレンジしてみてください。

#3 春のあきる野散策なら「乙津花の里」は外せません

4月上旬ごろから咲き誇るソメイヨシノやツツジを鑑賞することができる、あきる野きっての花の名所「乙津花の里」。一面がピンクに染まった山々はまるでおとぎ話の世界のような光景で、夢心地な気分を味わえます。菜の花の黄色も、良いアクセントになっていてまさに春を感じる場所といえるでしょう。

写真撮影にもピッタリの場所なのでぜひツーショットを撮影してみてください。SNS映えはもちろんですが、忘れられない思い出になること間違いありません。

アートやレジャーなどが楽しめる、あきる野ならではのデートスポット

あきる野の自然の中に存在するレジャーやアート、買い物が楽しめる施設たち。ただ景色を見ているだけでは物足りないなあ、というカップルたちはぜひこちらに行ってみてください。ワクワクする体験ができること間違いありません。

自然だけではない、あきる野の魅力を存分に楽しめるスポット満載ですよ。

#4 日帰りでもOKの温泉施設「瀬音の湯」

秋川渓谷には、温泉もあることをご存じでしたか?源泉かけ流しの内湯もお湯が柔らかく大満足できますが、渓谷の美しい自然を眺めながら入浴できる露天風呂がやはりイチオシ。特に、紅葉時期の露天風呂は鮮やかな赤や黄色を臨みながらゆったりと過ごせます。

それぞれ温泉を楽しんだ後は、レストランであきる野名物の川魚やおそばに舌鼓を打つのもたまりません。渓谷を散策してひと汗かいた後の温泉は格別ですよ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: