中部地方八ヶ岳・小淵沢・清里・大泉山梨県

【2023年版】増富温泉旅館おすすめ15選【温泉大好きライターが徹底紹介】ロケーション◎・お湯自慢・貸切風呂など

山梨県の北西に位置する増富温泉は、JR中央本線韮崎駅よりバスで約60分のアクセス。日本百名山の「みずがき山」と「金峰山」の麓、本谷川沿いに湧くこの温泉は、古くからの歴史を誇ります。由来は戦国時代に武田信玄が発見し、秘蔵湯として愛用した「信玄の隠し湯」のひとつなんです。明治20年頃からは金泉湯と呼ばれ、大正時代からはラジウム温泉として有名になり、古くから療養泉として長い歴史を誇る温泉です。増富温泉は温泉だけではなく、周辺には山梨の美しい豊かな自然を満喫することができます。効能抜群な温泉と、新緑や紅葉といった四季折々な景色で疲れた身体に休息を与えてみてはいかがでしょうか?

今回は年に何度も全国の温泉に行く筆者が、ここはおすすめ!と思う増富温泉の温泉旅館15選を紹介します。

ライター/旅するキリン

旅と野菜をこよなく愛するアラサー女子です。最近のマイブームは1人秘湯温泉めぐり。質の良い温泉と各地の郷土料理に癒されます。国内外問わず旅することを生き甲斐としているライターが各地のおすすめスポットをご紹介いたします!

武田信玄の「隠し湯」治癒力を高めるラジウム温泉で癒しのひとときを

image by PIXTA / 38345730

山梨県の大自然に囲まれた温泉地「増富温泉」は、治癒力を高める効能として注目されているラジウム温泉。日本百名山の麓に位置する好立地のため大自然の中で、じんわり身体の芯から暖まる極上体験ができるんです。

今回はココロもカラダもほっこり暖まるお宿をご紹介いたします。

ラジウム温泉高能ばっちり!温泉自慢な宿はここ

秩父多摩甲斐国立公園内に位置し、ラジウム含量が日本有数ともいわれる増富温泉。武田信玄が金山発掘の際に発見したといわれ、古くから病気治療など長期滞在の湯治客で賑わっています。

現在では、癒しの里づくりに取り組んでおり、「人間が本来持っている自然治癒力を高める」といった入浴方法の指導をしてくれる施設も!そんな効能抜群な温泉が自慢なお宿をご紹介いたします。

#1 まさに湯治体験!5つの湯めぐりができる「増富温泉 不老閣」

岩風呂などユニークな5つの源泉が楽しめる「増富温泉 不老閣」。効能抜群の温泉もお宿の自慢ですが、特筆すべきは「温泉利用指導者」がいるお宿なんです!ラジウム温泉の効能を最大限引き出してくれる入浴方法を教われば、さらに極上の癒し旅になること間違えなし。岩風呂や大浴場もどこかノスタルジックな雰囲気が特徴。

自慢のお食事も「一汁三菜」がメインで、どこか懐かしく優しい味わいが人気◎

【増富ラジウム温泉 不老閣】 の空室状況を確認するの住所・アクセスや予算など

店舗名【増富ラジウム温泉 不老閣】 の空室状況を確認する
エリア山梨県/増富ラジウム温泉
予約はこちら 一休で予約する

※最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

#2 「吸う温泉」!ラジウム効能たっぷりの「増富温泉 渓流の宿 金泉閣」

「浸かる」だけではく、「吸う」ことでも効果が得られるというラジウム温泉の源泉をたっぷり使用したお宿「増富温泉 渓流の宿 金泉閣」。源泉を使用しているからこそ、ガスをたっぷり含んだラジウム温泉を堪能できる湯治効果抜群の温泉宿です。

入浴はもちろんのことガスを吸入する、いわゆる「吸う温泉」というユニークなお宿ですね。特殊なタンクを利用しているため、匂いだけでなく音でも温泉の迫力を味わうことができます。

増富温泉 渓流の宿 金泉閣の住所・アクセスや営業時間など

名称増富温泉 渓流の宿 金泉閣
住所山梨県北杜市須玉町小尾6676
営業時間・開場時間【チェックイン】14:00【チェックアウト】10:00
利用料金や入場料1泊1名あたり7,850円~(2食付)

#3 創業明治18年の老舗旅館「津金楼」

創業百有余年の歴史を誇る老舗旅館「津金楼」。長い歴史の理由は、温かいおもてなしと珍しい「100%天然温泉」が魅力。少し熱めの温泉に浸かれば、体の芯からポカポカに!

自慢は温泉だけではなく、旬な食材をふんだんに使用したお料理の数々。野菜中心のヘルシープランも人気ですが、地元山梨の地酒や甲州ワインも楽しめるのが嬉しい◎

津金楼の住所・アクセスや営業時間など

名称津金楼
住所山梨県北杜市須玉町小尾6699
営業時間・開場時間【チェックイン】14:00【チェックアウト】10:00
利用料金や入場料1泊1名あたり5,650円~(素泊まり)

#4 3つの温泉要素と3つの温泉浴法で温泉効果抜群!「三英荘」

増富温泉の特徴であるラジウムと炭酸、塩の3つの要素をもつ温泉旅館。特徴的な温泉の「八丁の湯」では、「源泉に入る(入浴)」「源泉を含む空気を吸う(吸入)」「飲む(飲用)」という3つの方法を組み合わせることで、様々な病に効果があるとされています。

そんな温泉効果をふんだんに堪能できる「三英荘」は、増富ラジウム温泉峡で最も小さなお宿で、部屋数はわずか4室のみ。小さなお宿だからこその「温かいおもてなし」を感じてみてはいかがでしょうか。

三英荘の住所・アクセスや営業時間など

名称三英荘
住所山梨県北杜市須玉町小尾6677
営業時間・開場時間【チェックイン】14:00【チェックアウト】10:00
利用料金や入場料1泊1名7,500円~(2食付)

#5 大自然に囲まれた静かな湯宿「旅館丹生あづま」

増富温泉郷の玄関口のあずま橋のほとりにたたずむ温泉宿「旅館丹生あづま」。大迫力の「みずがき山」をはじめ、自然豊かな山々の登山客や渓流でのアクティビティーを楽しむお客様にピッタリなお宿です。家庭的な雰囲気とリーズナブルな宿泊料金が人気◎

お料理は山菜料理を中心で、別途予約注文により「甲州名物ほうとう」を愉しむことができます。大自然のアクティビティーや家族ずれのご家族におすすめなアットホームな温泉旅館。

旅館丹生あづまの住所・アクセスや営業時間など

名称旅館丹生あづま
住所山梨県北杜市須玉町比志6476
営業時間・開場時間【チェックイン】14:00【チェックアウト】9:30
利用料金や入場料1泊1名4,320円~(素泊まり)

次のページを読む
1 2 3
Share: