アニーお祝い体験マガジン

【保存版】新宿ゆったりデート50選!ドライブ好きおすすめのカフェ・焼肉ダイニング・アミューズメントパーク・お笑いスポット
新宿 新宿三丁目

【保存版】新宿ゆったりデート50選!ドライブ好きおすすめのカフェ・焼肉ダイニング・アミューズメントパーク・お笑いスポット

#28 身体と心のために食べる養生中華料理店「中国料理新宿古月」

image by PIXTA / 46452398

こちらは食材自体が持つ効能を生かして体調を調える料理を提供しています。全般にやさしい味付けが特徴的。料理長は高級営養薬膳師という中国の国家資格を持つ、日本では数少ない専門料理人です。健康巡りということで色々と注文してみても良いですね。

「NEWoMan SHINJUKU」でカリフォルニアの雰囲気を感じよう!

忙しい二人のちょっとしたデートにもおすすめな新宿駅直結の商業施設「NEWoMan SHINJUKU」。大人のカップルにぴったりのハイセンスなショップが揃い、カフェやレストランも人気のお店が多く揃っています。

その中でも筆者のおすすめの飲食店をご紹介します!

#29 カリフォルニアの雰囲気を味わおう!「VERVE COFFEE ROASTERS」

image by PIXTA / 62860539

カリフォルニアで絶大な人気を誇るコーヒーショップ「VERVE COFFEE ROASTERS」。その日本1号店が新宿に本家アメリカの雰囲気を醸し出したお洒落なお店を構えています。

カリフォルニアから直送されたコーヒー豆は深い味わいで心を落ち着かせてくれること間違いなし。店内ではグッズの販売もされているので、気に入ったら2人でおそろいのマグカップを買って帰るのも素敵ですね!

VERVE COFFEE ROASTERSの住所・アクセスや営業時間など

名称VERVE COFFEE ROASTERS
住所東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoMan SHINJUKU 2F
営業時間・開場時間【月~金】7:00~22:00【土日】7:00~21:30
利用料金や入場料~1,000円

#30 カスタマイズピザを楽しもう!「800°ディグリーズ ナポリタン ピッツェリア」

blank

image by PIXTA / 61627463

ロサンゼルスを始めドバイなどでも愛されているこちらの「800°ディグリーズ ナポリタン ピッツェリア」。800度の高温で焼き上げられ自分好みにカスタマイズできる種類豊富なピザは、人気なのが納得の美味しさ。

アクセスもいいのでランチ利用にもディナー利用にもぴったりです。せっかくの機会にそれぞれ好きなピザを2人でオリジナルでカスタマイズして、半分こするのも素敵な思い出になりそうですね!

800°ディグリーズ ナポリタン ピッツェリアの住所・アクセスや営業時間など

名称800°ディグリーズ ナポリタン ピッツェリア
住所東京都渋谷区千駄ケ谷5丁目45-55 NEWoMan SHINJUKU エキソト2F
営業時間・開場時間11:00~23:00
利用料金や入場料【ランチ】1,000円~2,000円【ディナー】2,000円~3,000円

新宿三丁目穴場の酒場探訪

JR新宿駅から少し離れ落ち着いた空気を醸し出す新宿三丁目周辺。新宿駅周辺の喧騒とは一味異なった味わい深い雰囲気を堪能してみてはいかがでしょうか。ここからは、穴場の酒場をご紹介します。

#31 店主の人柄がにじみ出た素朴な料理に心温まる「廻船呑屋第21みくに丸」

blank

image by PIXTA / 10487839

こちらは約30年前に乗っていた船の名前を店名にした、かつて北海道の知床で漁師をしていたという店主が営む店。さわら西京焼きなど海鮮料理を中心にした、ボリューム満点ながらもリーズナブルな価格の調理が魅力です。

奇をてらわない家庭料理のような素朴な味わいのメニューは、店主の人柄がにじみ出たような温かみも感じられますよ。

#32 才色兼備なオリジナル料理と多彩なワインがそろう「EXOTICA」

blank

image by PIXTA / 45582798

こちらは料理長が毎朝仕入れに行き、食材を見ながら今夜のメニューを決めるといった、その日だけの創作料理が中心。食感を大切にした、いぶりがっことポテトのミルフィーユなど珍しい組み合わせのメニューも多く、食通をうらなせることもしばしば。産地にこだわらず、香りや味わいが楽しめる個性豊かなワインも豊富にそろえています。

#33 吟味した素材が生きる、絶品おでんがクセになる「上燗屋富久」

blank

image by PIXTA / 69767585

店内にたち込めた食欲をそそるにおいは、削り節と日高昆布、鶏の手羽先で取ったおでんの出汁つゆ。すっきりとした上品な味わいでシメの一杯として欲しがる客も多いそう。

良質な味にこだわり、おでんの具には京都の老舗「湯葉弥」の生湯葉や、丹波篠山の山の芋も使われます。塩とごま油で食べる韓国式で刺身を出すなど、店主が出向いた先の気に入った味付けでメニューを展開するのも魅力

#34 どこにもまねできない、自由気まま楽しい料理「呑者家本店」

blank

image by PIXTA / 70274201

どんどん飲んでじゃかじゃか食べるという意味の名前を持つこちらの居酒屋はオーナーのおもいつきがメニューになり、どこにもまねできない味が魅力です。半凍りで出すわさび野沢菜や、カレー味とハーフ&ハーフができるフランスパンのチーズ焼きなど、カテゴリーも問わない。お品書きにはないプレミアム焼酎といった裏メニューもあるので試してみてくださいね。

#35 多くの文化人が愛した店は昭和のにおいを残す「どん底」

blank

image by PIXTA / 69124551

数々の文化人が足を運んだこの店は1951年創業時の佇まいのままで、暖色のライトが妖艶さを醸し出し、酒を片手に文芸論に花を咲かせたくなる雰囲気です。料理や酒は当時のものも残し、その一つのどん底カクテルは酒や氷が高価な時代に安く飲めるように作られたもの。レモン風味の氷を入れない飲み方は今も変わらず、昔の思い出と共に味わえますよ。

#36 上品な華やかさで目も楽しませる贅沢な味「だいこんの葉菜」

blank

image by PIXTA / 72182702

こちらは、板前歴45年以上の調理長が市場で選りすぐった魚介の刺身や天ぷらなど、鮮度のいい食材を楽しめる店です。薄くスライスした大根に中の紅赤がうっすらと透ける、大根の辛子明太子包みといった店名にちなんだ大根料理も揃えていますよ。蘭の花を添えたり、鮮やかな色の野菜を付け合わせたりと見た目の美しさにもこだわった、贅沢な料理を楽しんでください。

#37 さまざまな味わいのホルモンは鮮度に定評あり「新宿ホルモン」

blank

image by PIXTA / 26287525

こちらは七輪で焼く鮮度のいいホルモンが自慢。おすすめはその日仕入れた内容で変わる牛と豚の盛り合わせです。風味付にニンニクや醤油など6種類のオイルを部位に合わせて使い、各素材の旨味を引き出していますよ。

また、低温加熱処理で生のように仕上げた刺身はふっくらとした食感で、お酒に合うように少し濃いめの味付けにしています。古き良き昭和の時代を醸し出した店内でまったり過ごすのも良いでしょう。

#38 徹底的な仕込みと味付けでモツの旨味を引き出す「もつ煮込み専門店沼田」

blank

image by PIXTA / 75089872

こちらの看板メニューの煮込みは徹底的な仕込みをしたモツが自慢。食肉センターから直送したモツは店で一つ一つ手洗いし数回ゆでこぼした後、煮込むといった手間暇をかけたもの

牛のほほ肉やセンマイは透明感のあるスープの塩味で、シロやガツなどは店で作るブレンド味噌の味噌味と、部位の特性により味を変えて各モツの旨味を最大限に引き出しています。

#39 閉店から行列のできる串焼きの店「もつ焼きウッチャン」

blank

image by PIXTA / 62949527

こちらは仙台の焼き手「ウッチャン」にほれ込んだ店主が継承するもつ焼き店です。もつはその日使う分だけ毎朝芝浦の市場から仕入れており、鮮度は抜群。開店前から並ぶ人も多く、人気メニューは品切れになってしまうので早めの来店がおすすめです。

売り切れ必至の人気メニューの牛モツ煮込みはくさみがなく柔らかく、モツの濃厚な味わいに酒が進む一品ですよ。

#40 丹念に仕上げた生地で本場のピッツアを味わう「PIZZERIACAPOLI」

blank

image by PIXTA / 42894430

こちらは表面はサクッと中はふっくらとした生地のナポリピッツアが自慢の店で、気候で変わる生地の状態を丁寧に確認しながら作り本場の味を忠実に守ります。

大きなまき窯は広い店内をほのかに温めるほど高音を保ち、程よい焦げ目の生地にグツグツと音を立てるソースがのったピッツアに仕上げていますよ。目の前でピッツアができるライブ感も楽しもうと窯の近くの席を希望する客も多いそう。イタリアンは女性にウケるのでおすすめです。

美味しいご飯で気持ちもゆったりと!

新宿には美味しいご飯がたくさん。歩き疲れてきたら、おいしいご飯で休憩しましょう!

 

#41 気さくな本格フレンチがこだわる秘伝のバター「RestaurantLeCopechou」

blank

image by PIXTA / 39537763

こちらは、品質のいいブドウをブレンドしたクープシューワインをハウスワインとして出す本格フランス料理店です。雰囲気はフランスの片田舎で、女性が一人で訪れることも多いそう。バゲット専用の自家製バターは創業当時から変わらぬ材料と製法で作り続けているそうで、ふんわりした食感にクリームのような甘みが好評です。

サナギ新宿の住所・アクセスや営業時間など

名称サナギ新宿
住所新宿区新宿三丁目35番6号
営業時間・開場時間11:00~23:30
利用料金や入場料【ランチ】1,000円~2,000円【ディナー】2,000円~3,000円

1 2 3 4