九段下東京都関東

【保存版】九段下駅周辺デートならここ!都内在住の筆者おすすめの12スポット【パワースポット・食べ歩き・美術館・話題のグルメなど】

みなさんは、九段下にどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。
「皇居」「靖国神社」「東京武道館」…このような有名スポットが浮かんだ方も多いのでは?
一見、日常的におでかけするような場所ではないのでは?と思えますよね。

しかし、普段一人で散策することのないエリアだからこそ、二人で足を伸ばしてみてほしいんです!きっと、意外な発見に会話も弾むことでしょう。この記事を読めば、外れなしのデートスポットやお楽しみポイントがわかりますよ。

今回は、歴史や美しい自然を身近に感じることができ、知的好奇心やお腹をバッチリ満たせる九段下周辺デートスポットをご紹介します!

※本サイトは広告プログラムにより収益を得ています。

ライター/minmi

晴れた日は街歩き、雨の日は自宅警備に徹する都内在住OLライター。居心地のいい空間を求め、今日も都内を放浪中。

記事の前にチェック!
東京都でデートに使えるレストランを予約するならこのサイト!
Annyお祝い体験
この記事では東京都でデートに使えるスポットやレストランを紹介していますが、ここぞという機会や記念日に使える高級レストランをお探しなら記念日特化レストラン予約サイト「Annyお祝い体験」がおすすめです。
ぜひリンク先から、誕生日デートのお祝いに使えるプランをご覧ください。
特別なレストランの誕生日プランを探す
(Annyお祝い体験へ移動します)

image by PIXTA / 68495030

東京都千代田区に位置する九段下。皇居や靖国神社があることでもおなじみですよね。東京メトロ半蔵門線・東西線、都営地下鉄新宿線が通っており、歴史とトレンドが融合した街であると言えるでしょう。

一流アーティストの登竜門とも言われる日本武道館の周辺は、自然豊かで晴れた日のお散歩にぴったり!一方で、近隣には美術館などの文化施設や神社仏閣、トレンドグルメから穴場カフェまで揃うので、一日で様々な思い出を作ることができちゃいます。

迷ったらここから!おさえておきたい定番スポット

まずは初心者さんにもオススメな代表的スポットをご紹介。自然が多く、季節や時間帯によって表情が大きく変わるので何度でも足を運びたくなりますよ。予算や気分に合わせてプランを練ってみましょう。

#1 公園では日向ぼっこも「日本武道館」

image by PIXTA / 16409923

1964年に日本武道の伝統普及の拠点として建てられた「日本武道館」。24時間テレビの会場としてもおなじみですが、実際に間近で見ると改めて伝統と荘厳さを感じさせられます。

周りには「北の丸公園」が。かつて江戸城の北の丸があった場所に作られ、数多くの史跡や文化施設を見ることができます。美しい芝生の上では日向ぼっこをしている人の姿もちらほら。意外と人の少ない穴場スポットなので、ゆったりとした時間を過ごせますよ。桜の季節はもちろん、秋の紅葉シーズンもオススメ!

日本武道館の住所・アクセスや営業時間など

名称日本武道館
住所東京都千代田区北の丸公園2番3号
営業時間・開場時間イベント・利用施設により異なる
利用料金や入場料イベント・利用施設により異なる

#2 ライトアップされる夜もオススメ「千鳥ヶ淵」

image by PIXTA / 10550004

「日本武道館」の裏側に位置するエリア。春には多くの人々が訪れる、しだれ桜の名所としても有名です。お濠には小型ボートの乗船場があり、美しい景色の中でのどかな時間を過ごせますよ。

晴れた日には東京タワーも綺麗に見えるので、写真撮影はマストです!

千鳥ヶ淵の住所・アクセスや営業時間など

名称千鳥ヶ淵
住所東京都千代田区三番町2先
営業時間・開場時間24時間 ※千鳥ヶ淵ボート場は11:00~17:30(季節により変動)
利用料金や入場料【入場料】無料 ※ボートは30分500円(観桜期は800円)

#3 歴史を語る上で外せない「靖国神社」

image by PIXTA / 48432206

明治以降の戦争で命を落とした軍人が祀られている、歴史を語る上で外すことのできないスポット。祖国の平安・平和な国家の建設への願いが込められています。巨大な大鳥居付近には銀杏並木が続いており、辺り一面黄色になる秋のシーズンは特に美しいですよ。

参拝後には、遺品を収蔵・展示した施設「遊就館」もぜひ見ておきたいところ。今ある平和のありがたみを改めて実感すべく、一度は訪れておきたいスポットです。

靖国神社の住所・アクセスや営業時間など

名称靖国神社
住所東京都千代田区九段北3丁目1−1
営業時間・開場時間【正式参拝】3~10月8:00~16:30 11~2月8:00~16:00
利用料金や入場料【正式参拝】玉串料2,000円~が目安

#4 都会の喧騒を忘れる落ち着き「六義園」

image by PIXTA / 46356465

5代将軍徳川綱吉の側用人・柳沢吉保が綱吉から賜った地に下屋敷を造り、そこに造成した庭園。有料になりますが、季節ごとに異なる植物を鑑賞することができるので何度でも足を運びたくなります。

歩いて回ると意外と運動になるので、食後のお散歩タイムに向かうのもいいかもしれません!

六義園の住所・アクセスや営業時間など

名称六義園
住所東京都文京区本駒込6丁目
営業時間・開場時間9:00~17:00
利用料金や入場料【入園料】300円

次のページを読む
1 2 3
Share: