四万・吾妻・川原湯群馬県関東

【2021年版】四万温泉周辺デートならここ!おすすめスポット15選【紅葉・絶景・カヌー・釣り・SNSで人気のカフェやグルメなど】

群馬県の奥地に存在し、古き良き街並みと自然に囲まれた四万温泉。都内からもほど近く、カップルで1泊2日のちょっとした旅行にもおすすめです。今回は、そんな四万温泉のおすすめスポットを紹介します。のどかで身も心も温まる温泉街なので、癒しを求めてデートをしたいという方は、チェックしてみてくださいね。

ライター/risa.

最新スポットのリサーチ&お出かけを趣味にしているライターです! 関東圏のスポットを中心に執筆していきます。 皆さんのデートや大切な日が、より良い時間になるような記事をつくっていきます!

四万温泉はどこにあるの?

image by PIXTA / 40998568

四万温泉は、群馬北部の吾妻郡中之条町にあります。すぐ上は新潟県で、雪も多く降る地域です。都心からは車で3時間ほどで行ける、小旅行にぴったりな温泉街となっています。

四万温泉の名前の由来は、「四万の病を治す霊泉」だという言い伝えからで、身体によい効能がたくさん含まれているそう。街は自然豊かで、どこかレトロな雰囲気があります。

都心の喧騒から離れて、2人の時間ゆっくりを堪能できるスポットと言えるでしょう。

豊かな自然と四万ブルーは絶景!自然スポット

実は四万温泉の街は、国立公園の中にあります。そのため、人の手があまり入っていない豊かな自然を楽しむことができるのです。景色を楽しむだけでなく、その景色の飛び込んでいけるアクティビティも含めて、その魅力を紹介。どこも川沿いに隣接しているので、ドライブがてらそれぞれをまわることをおすすめします。

#1 四万温泉の代名詞といえばここ!「四万湖」

image by PIXTA / 54289463

四万温泉の中心部から車で15分ほどのところに、四万湖があります。こちらは人口の貯水池で、全長約5㎞ほど。「四万ブルー」と呼ばれるその水は、美しいコバルトブルー色をしています。光の入り具合や天候によって見せる色が違うことから、関東の五色沼言われているんだとか。壮大で自然から作り出された青色に、思わずため息が出てしまいますね。

こちらはただ眺めるだけでなく、カヌーやSUPといったアクティビティができるのも魅力の一つ。2人で力を合わせながらカヌーを漕いで、間近で四万湖の美しさを感じるのも、楽しい思い出になるでしょう。

#2 美しい川の隣でお散歩はいかが?「四万川」

image by PIXTA / 41799298

「四万川」は、全長約16㎞の川で、温泉街から長く続いています。四万湖同様、美しい水質が特徴。川底が見えるほどの透き通る水は、なかなか見ることができない光景ですよね。川沿いをゆっくり散策して、清らかな空気に包まれることができます。

また、3月~9月は渓流で釣りをすることもでき、ヤマメなどの川魚を釣る体験が可能。キャッチ&リリースの規制があるため、釣った魚は川に戻してあげてください。釣りデートも、ゆったりしていながらも、ワクワク感があって楽しいですよ。

#3 四万ブルーの美しい滝「桃太郎の滝」

image by PIXTA / 69206153

四万温泉の温泉街からすぐに見ることのできる絶景が「桃太郎の滝」。こちらは小さな貯水池に流れ込む滝で、その名前の由来はいまだに不明とされています。水深が深いため、青色の濃い水が特徴です。四万湖とはまた違った景色を見ることができます。

春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪と、季節の移り変わりがとても美しいスポット。それぞれの時期に青とのコントラストを写真に収めてみてはどうでしょうか。

#4 四万温泉最奥のスポット!「奥四万湖」

image by PIXTA / 63236809

上に紹介した四万湖よりもさらに上流に位置する「奥四万湖」は、四万川ダムによるダム湖です。湖畔は散歩することができるのですが、運が良いとカモシカなどの野生動物を見ることができるそう。そこに住んでいる動物たちと出会えるなんて、わくわくしますよね。

また、奥四万湖はグリーンディスカバリーという会社がアクティビティツアーをおこなっており、四万湖にはなかったキャニオニングやラフティングといった体験も用意されています。スリリングなアクティビティに挑戦したいというカップルは、予約してぜひ体験してみてください。

#5 自然がつくった芸術品!「四万の甌穴群」

image by PIXTA / 53753923

四万温泉の有名スポットの1つである「甌穴群」。甌穴とは、渦巻き状に川の流れが入ってくることによって石や砂が同じところを循環し、川底の岩を削ってできるものです。削られた場所は穴のようなものができ、ポットホールと呼ばれているとのこと。穴に透き通った水が入り込むと、ブルーとエメラルドグリーンの色合いが光り輝きます。

階段を下りて間近にその光景を見ることができ、何年もの月日をかけてできた姿に感動するでしょう。マイナスイオンと自然のパワーをもらえるスポットです。足元は滑りやすくなっているので、歩きやすいスニーカーの用意を忘れずに。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: