おうち時間向上グルメ

おすすめのブレンデッドウイスキー10選!5大ウイスキー・熟成期間・美味しい飲み方などウイスキーマニアのライターが紹介

ここ数年のハイボールブームで、若い世代からも注目が集まっているウイスキー。その中でも、比較的飲みやすいとされているのがブレンデッドウイスキーです。主張の強いモルト原酒とスッキリとしたグレーン原酒をブレンドし、さまざまなメーカーが多種多様な味を生み出しています。
そこで今回は、晩酌のウイスキーが欠かせない筆者おすすめのブレンデッドウイスキー10選を紹介します。ウイスキーが大好きという人もこれからウイスキーにチャレンジしたいという人も、ぜひご一読ください。

ライター/ぴか

仕事に子育てに奮闘中のアラサーマザー。近年夫の影響で家電や生活雑貨にのめりこんでます。その他、音楽・映画・ゲームなどのサブカルにも食指が動きがち。

ブレンデッドウイスキー購入時のポイントは?

image by PIXTA / 83392782

はじめに、ブレンデッドウイスキーを選ぶときのポイントを紹介します。ここを押さえておくだけで、自分にぴったりのブレンデッドウイスキーが格段に見つけやすくなりますよ。

その1.5大ウイスキーの特徴を知ろう

世界にはウイスキーの主要産地が5つあり、そのうち4つの産地でブレンデッドウイスキーが盛んに作られています。

芳醇な香りとスッキリとした飲み口の「アイリッシュ」に、スモーキーフレーバーの代表格「スコッチ」。マイルドかつライトな「カナディアン」、そしてバラエティー豊かな味を醸し出す「ジャパニーズ」。まずはここから好みの味を探すのも一つの手です。

その2.熟成した期間による変化を把握する

ウイスキーには、樽の中で一定期間寝かせる「熟成」という工程があります。この年数によって味・香り・見た目にさまざまな変化が現れるのです。

熟成期間が短いものはアルコールを感じやすく、テイストもソリッドになる傾向があります。熟成期間が長くなるにつれ、メロウかつスムースな味わいに変化していきますが、価格も比例して高くなるので注意しましょう。

その3.飲み方に合わせてセレクトするのもよし

ウイスキーにはさまざまな飲み方があります。好みの飲み方があるのならば、それに合わせて選ぶのもよいでしょう。

たとえばハイボール。ソーダで割る分スッキリとしやすいので、個性の強いスモーキーなものがオススメです。逆にストレートなら、アルコール度数が高すぎないスムーステイストなウイスキーを選ぶと飲みやすくなります。

ウイスキー狂の筆者がおすすめするブレンデッドウイスキー10選

それではここから、筆者おすすめのブレンデッドウイスキー10選を紹介します。どれも特徴的な美味しさをもったものばかりですよ。

#1 世界で愛されるスコッチの定番といったらコレ「バランタイン ファイネスト」

ブレンデッドスコッチウイスキー バランタイン ファイネスト40度 [ ウイスキー イギリス 700ml お酒]
ブレンデッドスコッチウイスキー バランタイン ファイネスト40度 [ ウイスキー イギリス 700ml お酒]
Amazonでの参考価格:¥1,567
価格・情報の取得:2022-11-09

1827年の創業から、常にスコットランドウイスキーのスタンダードを走り抜けてきた「バランタイン ファイネスト」。甘くゴージャスな香りと、40種のモルト原酒から生み出される豊かでスムースなテイストが特徴です。コクと香りが引き立つハイボールで飲むのがおすすめ。

紋章学を取り入れたV字ラベルもオシャレです。

次のページを読む
1 2 3
Share: