ライフイベント妊娠・出産

4歳向け絵本おすすめ10選!人気ベストセラーや知育絵本など言語聴覚士ママが紹介

4歳は、知識を吸収して想像力を広げていく時期。絵本を通して、それらの力を伸ばしてあげたいですよね。主人公の気持ちになってワクワクするようなストーリー性のある絵本、思いやりの気持ちが芽生える絵本、言葉や数の数え方を学べる絵本など、4歳の頃にぴったりな絵本があります。

本屋さんに行くと、たくさんの絵本があって迷ってしまいますよね。普段は言語聴覚士(言葉のリハビリ師)としても働いている筆者が、おすすめの絵本を厳選して紹介します。ぜひ、本記事を参考にして、お気に入りの絵本を見つけてくださいね。

ライター/こみち

2020年に第一子を出産。コロナ渦での妊娠生活~出産を経験。その頃は母親教室等が中止になっており、私自身がネット上の情報に助けられました。今度は、役立つ情報を発信していける側になりたいと思っています。

4歳向け絵本を選ぶ時の3つのポイント

image by PIXTA / 17709815

選び方のポイントが定まると選びやすくなりますよ。3つのポイントを紹介します。

その1.好きなジャンル・苦手なジャンルの絵本を選ぶ

乗り物・動物・食べ物など、子供によって好きなジャンルがありますよね。好きなジャンルの絵本は興味が湧きやすく、絵本をより楽しみやすいですよ。

または、苦手なジャンルをあえて選んで、絵本を通して楽しく触れることで、苦手の克服に活用するのもアリ!目的に合わせたジャンル選びをするのもおすすめです。

その2.季節・行事がテーマの絵本を選ぶ

春夏秋冬の季節感や行事が題材の絵本を選ぶことで、季節や行事の学びになります。例えば、「春なら、ひな祭りや桜」、「夏なら、七夕や水遊び」、「秋なら、お月見や紅葉」、「冬なら、雪やクリスマス」など。

季節感を学ぶことで、いつものお散歩で、目に留まる風景も異なるかもしれませんね。知識が付くことで、子供の視野を広げることができます。

その3.語彙力upを意識した絵本を選ぶ

4歳になると、言葉が増えますが、まだまだ子供っぽい話し方もみられる時期。言葉がたくさん出てくる絵本や、数の数え方・時計の読み方を学べる絵本もおすすめです。

絵本を通して、語彙力を伸ばしていけると嬉しいですよね。絵本は、子供が楽しみながら学べるところがメリットです。

おすすめの4歳向け絵本10選!

普段、言語聴覚士しても働いている筆者が、厳選しておすすめの4歳向け絵本10選を紹介します。

#1 新しいお友達との出会いを描いた「とん ことり」

とん ことり (こどものとも傑作集)
とん ことり (こどものとも傑作集)
Amazonでの参考価格:¥990
価格・情報の取得:2022-10-04

引っ越したばかりの主人公の家に、「とん ことり」という音とともに贈り物が日々、届きます。「だれからかな?」と子供と一緒に考えながら読み進めていけますよ。

不思議な贈り物をめぐって、新しいお友達との出会いが描いてあります。保育園や幼稚園などの新しい環境に挑戦する時に、読むのもおすすめです。新しい出会いが楽しみになりそうですね。

#2 ちょっと怖い冒険にドキドキする「おしいれのぼうけん」

おしいれのぼうけん (絵本・ぼくたちこどもだ)
おしいれのぼうけん (絵本・ぼくたちこどもだ)
Amazonでの参考価格:¥1,430
価格・情報の取得:2022-10-04

おもちゃの取り合いっこで喧嘩をした2人が、先生に叱られて、おしいれに入れられてしまいます。そこで、恐ろしいおばあさんに出会うお話。おばあさんから逃げるために、2人で力を合わせて冒険していくのです。

押し入れという暗くてちょっと怖い世界に、ドキドキしながら引き込まれます。怖くても読みたくなる絵本です。お友達と力を合わせる大切さを学べそうですね。

#3 面白いフレーズに思わず笑っちゃう「キャベツくん」

キャベツくん (ぽっぽライブラリ―みるみる絵本)
キャベツくん (ぽっぽライブラリ―みるみる絵本)
価格・情報の取得:2022-10-04

キャベツくんを食べようとするブタさんに、「ぼくを食べると、キャベツになるよ!」というフレーズが印象的です。それに対して、「ブキャ!」とびっくりするブタさんに、子供が笑い出しそうですね。

ブタさん以外にも次々と動物が出てくるので、どうなるのか気になって、ページをめくるのが楽しみな絵本です。繰り返しのフレーズが多いので、読み聞かせにもぴったり。

#4 読み継がれていロングセラー「からすのパンやさん」

からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん 7)
からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん 7)
Amazonでの参考価格:¥1,100
価格・情報の取得:2022-10-04

長年、読み継がれる名作です。子供の頃に読んだことがあるパパやママも多いのではないでしょうか。名作は子供にも読んであげたくなりますよね。同じ筆者の絵本も数々あるので、他のものも読んでみるのもいいですね。

80種類以上ものパンが描かれたページがあり、思わず目を奪われてしまいます。子供と一緒にずっと眺めてしまいそうですね。カラスたちもそれぞれ個性的な表情で、じっくり見てしまいます。何度でも読みたくなる絵本です。

#5 女の子の心の動きに共感できる「はじめてのおつかい」

はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)
はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)
Amazonでの参考価格:¥990
価格・情報の取得:2022-10-04

主人公の小さな女の子がひとりでおつかいに行くお話です。一人で歩く道は緊張の連続。小さな女の子の心の動きが鮮やかに描かれています。思わず一緒にドキドキしてしまいますよ。

子供も主人公の心情に共感したり、おつかいを応援しながら読める絵本です。おつかいを「やってみたい」と思うきっかけにもなるかもしれませんね。

次のページを読む
1 2
Share: