おうち時間向上グルメ

おすすめのコーヒーリキュール10選!定番・お酒が弱い方・スイーツになどコーヒーとお酒が好きな筆者が紹介

コーヒーリキュールとは、コーヒー豆を主原料に作られたお酒です。その中でも「カルーア」はコーヒーリキュールの中でも有名で、カルーアを使用した「カルーアミルク」を飲んだことがある方も多いのではないでしょうか。また、コーヒーリキュールはベースになるお酒や、使用するコーヒー豆によってさまざまな種類があります。ここでは、コーヒーとお酒が好きな筆者が、定番のものからお酒が弱い方でも楽しめるコーヒーリキュールなど、選び方のポイントと共にご紹介します。あなた好みのコーヒーリキュールを探してみてくださいね。

ライター/OrangePine

北陸在住。スポーツが大好きで、健康に良いものをいろいろ試しています♪子育てもひと段落し、リラックスしながらゆったりとおうち時間を楽めるアイテムを日々探しています。

コーヒーリキュールの選び方のポイント3つ

image by PIXTA / 88310401

コーヒーリキュールと聞いて、まず思い浮かぶお酒は「カルーアミルク」かと思います。コーヒーリキュールの歴史はかなり古く、種類もとても豊富なのでどれを選んでいいのか迷いますよね。

そこで、ここではコーヒーリキュールの選び方のポイントを3つに分けてご紹介します。是非、お好みのコーヒーリキュールを選ぶ際の参考にしてくださいね。

その1.ベースになるお酒の種類で選ぼう

蒸留酒にコーヒーの風味や香りづけをしたものをコーヒーリキュールといいますが、ベースになるお酒によってさまざまなカクテルを作ることができます。ブランデー・ウォッカ・スピリッツなどが代表的で、中には焼酎や泡盛がベースの変わり種も。

初めての方でも飲みやすい種類としては、スピリッツが良いでしょう。有名なカルーアもベースとなるお酒はスピリッツを使用していますので、まずは、自分好みのお酒をベースにしているコーヒーリキュールを選んでみることをおすすめします。

その2.フレーバーや甘さによって選ぼう

コーヒーリキュールは甘みとコーヒーのほろ苦さがあるのが特徴。また、コーヒー豆以外にも柑橘系の果物の香り付けをしたものや、バニラキャラメルなどのフレーバー系のものなど数多くあります。お酒はあまり強くないという方は、甘みが強いものやバニラやチョコレートなどのフレーバーが入ったものが飲みやすいでしょう。

コーヒー好きな方は、コーヒー豆の種類にもこだわって選んでみてはいかがでしょうか?コーヒーの苦味を感じたいときは、エスプレッソコーヒーを使用したものや、香りを楽しみたい方はブルーマウンテンやモカを使用したリキュールがおすすめです。

その3.飲み方とアルコール度数によって選ぼう

コーヒーリキュールのアルコール度数は、強いもので35度~40度あり、弱いものであれば5度~15度程度とさまざまです。

例えば、ロックで飲む場合はアルコール度数15度~20度くらいが飲みやすいでしょう。カクテルとして飲む場合は、少し高めのアルコール度数でもミルクなどの飲み物と割って作るので、アルコール度数も抑えられて安心ですね。

おすすめのコーヒーリキュール10選

選び方のポイントを参考に、ここからはおすすめのコーヒーリキュールをご紹介します。定番の味から、お酒好きの方にぜひ飲んでもらいたいものなどを筆者が厳選。あなたに合うコーヒーリキュールを探してみてくださいね。

#1 世界各国で愛される定番の味「サントリー カルーア コーヒー 700ml」

サントリー カルーア コーヒー [ リキュール 700ml ]
サントリー カルーア コーヒー [ リキュール 700ml ]
Amazonでの参考価格:¥1,564
価格・情報の取得:2022-09-20

世界的に有名で、多くの方に愛されている定番の味。カルーアミルクと言えば、このリキュールではないでしょうか。手摘みされた高品質のアラビカ種100%のコーヒー豆を、香り高くローストしスピリッツに漬け込みました。

冷たい牛乳で割るカルーアミルクの他に、温かい牛乳にシナモンスティックを入れてホットカルーアを楽しんでみるのもいいですね。

#2 バニラの香りが豊かなラムベース「ウィスク・イー ティアマリア コールドブリューコーヒー 700ml」

ティアマリア コールドブリューコーヒーリキュール [ リキュール 700ml ]
ティアマリア コールドブリューコーヒーリキュール [ リキュール 700ml ]
Amazonでの参考価格:¥2,028
価格・情報の取得:2022-09-20

ジャマイカ産のホワイトラムをベースに作られたリキュール。香り高いマダガスカル産のバニラと、香り豊かなアラビカ種コーヒー豆を使用し、コールドブリューにより旨みを引き出しています

アルコール度数は20度なので、ミルクを加えてラテ風や、トニックウォーターで割ったりハイボールなどにアレンジして楽しめます。

#3 アルコール度数低めでロックが似合う「サントリーコーヒーのお酒 夜のコーヒー 500ml」

コーヒーのお酒 夜のコーヒー [ リキュール 500ml ]
コーヒーのお酒 夜のコーヒー [ リキュール 500ml ]
Amazonでの参考価格:¥937
価格・情報の取得:2022-09-20

アルコール度数は低めの8%。お酒が弱い方でも飲みやすいリキュールで、たっぷりの氷を入れたグラスに注いでロックで飲むのがおすすめ

ブランデーとラムのほのかな香りと、まろやかな口当たりを楽しめます。

#4 季節に合わせてコーヒー豆の割合を変更「ジャパンインサイト ミスターブラック 700ml」

ミスターブラック・コーヒーリキュール(Mr. Black) [ リキュール 700ml ]
ミスターブラック・コーヒーリキュール(Mr. Black) [ リキュール 700ml ]
Amazonでの参考価格:¥4,654
価格・情報の取得:2022-09-20

安定した香りをお届けするため、使用するコーヒー豆は季節によって産地の比率を変えてブレンドウォッカをベースにしたリキュールで、コールドブリューの方式で抽出しているため、雑味のないまろやかな味になっています。

アルコール度数は少し高めの23度。ミルクで割ったり、ロックでも楽しめますが、コーヒーゼリーなどのスイーツ作りにも最適。

#5 本格米焼酎にコーヒー豆をじっくり漬け込んだ「堤酒造 杜氏が淹れた珈琲 720ml」

堤酒造 杜氏が淹れた珈琲 [ リキュール 720ml ]
堤酒造 杜氏が淹れた珈琲 [ リキュール 720ml ]
Amazonでの参考価格:¥1,227
価格・情報の取得:2022-09-20

酒造メーカーが本格米焼酎をベースに作ったリキュール。米焼酎に深煎りのコーヒー豆をじっくりと漬け、芳醇な香りと旨みを存分に抽出しています。

アルコール度数は低めの8%なので、そのまま薄めずロックでお楽しみください。

次のページを読む
1 2 3
Share: