ホームパーティー

ホワイトビールのおすすめ10選!ヒューガルデン・アサヒなどスーパーやコンビニで買えるものを含めビール好きの筆者が厳選

キリッとした喉越しと苦味で、仕事終わりや休日に潤いを与えてくれるビール。しかし、中には「あの独特な苦味がちょっと……」という方もいるのではないでしょうか。そんな方におすすめしたいのが「ホワイトビール」。フルーティーで柔らかな味わいが特長で、ビールの苦味が苦手な方もおいしく楽しめます。最近はスーパーやコンビニでも取り揃えられているため、気軽に購入できるのも嬉しいポイント。今回はビール好きな筆者が厳選する、おすすめのホワイトビール10種をご紹介します。

ライター/kumi

大阪生まれ大阪育ちの20代女性です。現在はIT企業に勤めながら個人でWEB記事の執筆もしています。美味しいご飯やお酒がだいすき。読者の皆さんの生活がより素敵なものになるよう「ちょっといいもの」「ちょっと嬉しいもの」をご紹介します!

ホワイトビールとは?由来や特長について解説

image by PIXTA / 43874821

ホワイトビールとは、主原料である大麦麦芽に加え、小麦麦芽や小麦を多く使用して作られたビールのこと。19世紀頃まで主流であった濃い褐色のビールと対比して、淡い色のビールを「ホワイトビール」と呼んだことが由来です。

ビール特有の苦味は控えめで、小麦由来のやさしい味わいとスッキリとした喉越しが特長。また、タンパク質が多く含まれるため泡持ちがよく、ビールが苦手な方でも飲みやすい軽やかな味わいです。ドイツでは「ヴァイス」「ヴァイツェン」、ベルギーでは「ヴィット」「ヴェルジャン」という名称で呼ばれます。

ホワイトビールの選び方のポイント3つ

「いろんな種類があってどう選べばいいかわからない……」そんな方に向けて、筆者が考えるホワイトビールの選び方3つをご紹介します。

その1.製造方法による「種類」で選ぶ

ホワイトビールは「ヴァイツェン」「ベルジャンホワイト」の2種類に分かれます。「ヴァイツェン」とは南ドイツ発祥の製造方法で、小麦麦芽を50%以上使用したビールのこと。クリーミーな口当たりと細やかな泡、バナナを思わせるフルーティーな風味が特長です。

「ベルジャンホワイト」とはベルギー発祥の製造方法で、麦芽化していない小麦やオレンジピール、香辛料を使用したビールのこと。軽い口当たりと豊かな泡立ち、柑橘系やスパイスの香りが特長です。ご自身の好みに合った種類のものを選ぶとよいでしょう。

その2.味わいが異なる「原産国」で選ぶ

原産国によってもホワイトビールの違いを楽しめます。本場の味わいを楽しみたい方は、ぜひホワイトビール発祥の国「ベルギー」のものを。ホワイトビールの爽やかな酸味やスパイシーな香りを楽しめます。

飲みやすさ重視の方は「ドイツ」のビールがおすすめ。クセがなくフルーティーな味わいのため、女性からの人気も高いです。また、近年は「日本」のホワイトビールも豊富。ビール造りの伝統を受け継ぎつつ、日本人の口にあうホワイトビールが開発されています。

その3.好みにあわせて「メーカー」で選ぶ

各国の「メーカー」で選ぶのも一つの方法です。たとえば、ホワイトビールの代名詞とも言えるベルギーの有名メーカー「ヒューガルデン」。フルーツビールの「ヒューガルデン・ロゼ」なども人気です。

その他にも、世界最大規模を誇るドイツのホワイトビール専業メーカー「​​エルディンガー」、日本の「アサヒ」「サントリー」など。メーカーごとにこだわりの技術をもって製造されるため、お気に入りのメーカーがあれば、その販売製品を選んでみるのも良いでしょう。

ビール好きの筆者が選ぶおすすめのホワイトビール10選

それでは、筆者が選ぶおすすめのホワイトビール10種をご紹介します。

#1 金賞受賞の常連◎ホワイトビールの代表格「ヒューガルデン ホワイト」

ヒューガルデン ホワイト 瓶 [ ベルギー 330ml×24本 ]
ヒューガルデン ホワイト 瓶 [ ベルギー 330ml×24本 ]
Amazonでの参考価格:¥5,980
価格・情報の取得:2022-07-09

世界各地で愛されているベルギーの「ヒューガルデン」。ホワイトビールときいてこの商品を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。「ヒューガルデン ホワイト」はコリアンダーシードとオレンジピールが加えられるため、かすかなスパイス感とフルーティーな風味を楽しめます。

国際的なビールの祭典「WORLD BEER CUP」では金賞を6度受賞。入門の方にもおすすめの、確かな人気を誇るホワイトビールです。

#2 修道院で醸造されたドライなホワイトビール「シメイ・ホワイト」

シメイ・ホワイト [ ベルギー 330mlx6本 ]
シメイ・ホワイト [ ベルギー 330mlx6本 ]
Amazonでの参考価格:¥2,838
価格・情報の取得:2022-09-18

「シメイ」はベルギーの修道院で醸造されたビールです。この「シメイ・ホワイト」は同シリーズのなかでも苦味が強く、ホップの効いたドライな風味が特長。しかし、柑橘系のフルーティーな香りや、バニラのような甘い香りもあり、苦味のなかに爽やかさを感じることができます。

入門では少しハードルが高いかもしれませんが、やや個性的なホワイトビールに挑戦したい方にオススメ。余韻の残る味わいがクセになります。

#3 キュートな白熊ロゴが目印「ヴェデット・エクストラ ホワイト」

ヴェデット エクストラ ホワイト 330ml 24本 [並行]
ヴェデット エクストラ ホワイト 330ml 24本 [並行]
Amazonでの参考価格:¥7,398
価格・情報の取得:2022-09-18

ポップなラベルと白熊ロゴが目印の「ヴェデット・エクストラ ホワイト」。お店で見かけたことがある方もいるのではないでしょうか。フランス語で「スター・有名人」を意味する「ヴェデット」は若者向けに開発されたシリーズで、その中でもこのホワイトビールは苦みが少なくフルーティーな味わい。

瓶の底には酵母が沈んでおり、一緒に飲むとほのかな苦味も楽しめます。ぜひ飲む前に瓶を軽く回して、酵母と一緒に味わってみてくださいね。

#4 フルーティーな味わいとグビグビ飲める喉越し「エルディンガー ヴァイスビア」

エルディンガー ヴァイスビアー 330ml×6本
エルディンガー ヴァイスビアー 330ml×6本
Amazonでの参考価格:¥3,770
価格・情報の取得:2022-09-18

世界中で愛されるドイツの老舗ビールメーカー「エルディンガー」。この「ヴァイスビア」は、同メーカーが良質な酵母を使って醸造したホワイトビールです。

シャンパンの製法と似た伝統的な瓶内発酵によって作られるクリーミーな泡が特長。フルーティーな味わいとグビグビ飲める爽やかな喉越しで、ビールが苦手な方にもおすすめの一品です。

次のページを読む
1 2 3
Share: