おうち時間向上生活雑貨

おすすめモバイルプロジェクター10選!高画質・短焦点タイプ・OS搭載などおしゃれガジェットを愛するライターが紹介

ここ数年のコロナ禍によるおうち時間の増加も相まって、さまざまな動画配信サービスが急成長を遂げました。それと比例するように売上を伸ばしているのがモバイルプロジェクターです。持ち運びできる大きさながら、壁やスクリーンに大きく映像を映し出すことのできるこのマシンは、おうちで手軽に映画気分を味わえる最高のアイテムとして人気になっています。
そこで今回は、おしゃれガジェット愛好家である筆者がおすすめするモバイルプロジェクター10選を紹介します。

ライター/ぴか

仕事に子育てに奮闘中のアラサーマザー。近年夫の影響で家電や生活雑貨にのめりこんでます。その他、音楽・映画・ゲームなどのサブカルにも食指が動きがち。

モバイルプロジェクターを購入するときのポイントは?

image by PIXTA / 66498716

まずはモバイルプロジェクターを選ぶ際に注目したいポイントを紹介します。どこでどのように使いたいのか、イメージしながらチェックしていきましょう。

その1.使用する場所によって投射距離を決めよう

各種モバイルプロジェクターには、投射するポイントからの最適な距離が決められているので、まずは使用する場所の広さを確認しましょう。

広い分にはあまり困ることはありませんが、問題は投影距離が短くなる狭い場所です。そういった場所での使用が想定される場合は、投影距離が短くて済む「短焦点タイプ」を選びましょう。

その2.使う場所の明るさも確認すること

暗い場所で使うぶんには困りませんが、日中の室内やキャンプなどアウトドアでの使用を考えている場合は、モバイルプロジェクターにおける画面の明るさにも注意しなければいけません。

周りの明るさより画面が暗いと、大変見えづらい映像になってしまいます。明るい場所で使うのならば、800〜1,000ルーメン(※輝度の単位)は欲しいところ。

その3.画質にこだわるならフルHD以上のものを

せっかく大画面で堪能するなら映像はキレイなほうがいい、という人は多いのではないでしょうか?そのような場合は、解像度がフルHD以上のモバイルプロジェクターを選ぶのがよいでしょう。

また、ヴィヴィッドな映像を求めるのならば、コントラスト比の高いアイテムを選ぶのがおすすめ。高い没入度の映像体験が期待できます。

おしゃれガジェット大好きな筆者によるおすすめモバイルプロジェクター10選

では早速、筆者おすすめのモバイルプロジェクター10選を紹介していきます。3つのポイントを念頭に見ていきましょう。

#1 缶ジュースサイズながら鮮やかな映像を堪能できる「Anker Nebula Capsule II ‎AK-D2421N11」

Anker Nebula Capsule II(Android TV搭載 モバイル プロジェクター)【小型 プロジェクター / 200ANSI ルーメン / オートフォーカス機能 / 8W スピーカー / DLP搭載 / 5000種類以上のアプリケーション / ホームシアター】
Anker Nebula Capsule II(Android TV搭載 モバイル プロジェクター)【小型 プロジェクター / 200ANSI ルーメン / オートフォーカス機能 / 8W スピーカー / DLP搭載 / 5000種類以上のアプリケーション / ホームシアター】
Amazonでの参考価格:¥69,990
価格・情報の取得:2022-08-25

アンカーの「ネビュラカプセルII ‎AK-D2421N11」は、まるで缶ジュースのようなフォルムが特徴。500ccの缶より小さく楽に片手で持てるので、気軽に持ち運ぶことができます。

このように小さいながらも、映像の美しさは折り紙付きです。オートフォーカス機能を搭載しているので、細かな手動調整もいりません。

#2 高精細×高音質×使いやすいの三拍子がそろった名機「XGIMI Halo」

XGIMI Halo モバイルプロジェクター 高輝度 800ANSI ルーメン フルHD 1080p Android TV 9.0搭載 【bluetooth対応 /Harman Kardonスピーカー / オートフォーカス / 台形補正 / 低遅延 / ズーム機能 / 静音】
XGIMI Halo モバイルプロジェクター 高輝度 800ANSI ルーメン フルHD 1080p Android TV 9.0搭載 【bluetooth対応 /Harman Kardonスピーカー / オートフォーカス / 台形補正 / 低遅延 / ズーム機能 / 静音】
Amazonでの参考価格:¥96,800
価格・情報の取得:2022-09-13

エクスジミーの「ハロ」は、各国でグッドデザイン賞やVGPなどのさまざまなアワードに輝く名機です。

フルHDの高画質とハーマン・カードン製のスピーカーから放たれる高音質で、臨場感たっぷりの映像体験を味わうことが可能。またオートフォーカスと台形補正機能を搭載しているので、使いやすさも素晴らしいものがあります。

#3 広い可動範囲で壁から天井までどこでもスクリーンに「BenQ GV30」

BenQ GV30 HD モバイルLEDプロジェクター(天井投写対応/300ANSIルーメン/Android TV搭載/無線LAN内蔵/2.1チャンネル/Bluetoothスピーカー/オートフォーカス/自動縦台形補正)
BenQ GV30 HD モバイルLEDプロジェクター(天井投写対応/300ANSIルーメン/Android TV搭載/無線LAN内蔵/2.1チャンネル/Bluetoothスピーカー/オートフォーカス/自動縦台形補正)
Amazonでの参考価格:¥82,800
価格・情報の取得:2022-09-13

ベンキュー「GV30」の特徴は、投影角度を自由に変えられることです。その可動域は驚異の135°!壁から天井まで難なく、好きなところに映像を映し出すことができます。

映像には会社独自の技術である「CinematicColor」を採用。"真の色彩"を映しだすこの技術で、とてもあざやかな映像を堪能できます。

#4 こどものための機能が充実したファミリー向けマシン「Anker Nebula Astro D2400521」

Anker Nebula (ネビュラ) Astro (Android搭載モバイル プロジェクター)【プロジェクター 小型 / コンパクトサイズ / 100ANSIルーメン / DLP搭載 / ペアレンタルコントロール / アイガード機能搭載】
Anker Nebula (ネビュラ) Astro (Android搭載モバイル プロジェクター)【プロジェクター 小型 / コンパクトサイズ / 100ANSIルーメン / DLP搭載 / ペアレンタルコントロール / アイガード機能搭載】
Amazonでの参考価格:¥34,990
価格・情報の取得:2022-09-13

アンカーの「ネビュラアストロ D2400521」は"アストロ"の名が示すとおり、家庭用プラネタリウムのような丸い形状がかわいいモバイルプロジェクターです。

このマシンにはアイガード機能が搭載されています。光源への人の接近を検知すると、自動で投影を中断。お子さんが光源を覗きこむことで起こる目へのダメージを防ぐことができます。

#5 とにかく安くプロジェクターを始めたい人に「OVER TIME OT-PJ100TE」

オーバータイム DVD付きプロジェクター OT-PJ100TE
オーバータイム DVD付きプロジェクター OT-PJ100TE
Amazonでの参考価格:¥12,122
価格・情報の取得:2022-09-13

オーバータイム「OT-PJ100TE」はとにかく安い!1万円台という驚異の値段設定で、とにかくお金をかけずに購入したい人におすすめの格安モバイルプロジェクターです。

値段が安い分各種調整などはマニュアルになりますが、DVDプレーヤーを搭載していたりHDMIに対応するなど、必要最低限の仕様にはなっています。

次のページを読む
1 2 3
Share: