ホームパーティー

おしゃれな紙ストロー10選!脱プラスティック・工作・個包装などゆるっと自然派のヨガ好き筆者が徹底調査しました

普段何気なくつかっているストロー。かつてはプラスティック製のものが主流でしたが、今は紙や竹などの自然素材で作られた優秀なストローが手軽に手に入るようになりました。これまでストローの材質にこだわりがなかった方も、これを機に脱プラスティックの一環としてストローを紙製に置き換えてみてはいかがでしょうか。竹やさとうきびが原料のものなど、土に還る天然素材のもありますよ。また紙のストローを工作に活用するのもおすすめ。多色入りの紙ストローでカラフルな首飾りやブレスレットをつくったり、紙コップと紙ストローを組み合わせて風車をつくったり、お子さんと一緒に楽しむことも。具体的な工作方法はインターネットやYouTubeなどで紹介されていますよ。是非トライしてみてくださいね。

今回はヨガインストラクター資格も取得したゆるっと自然派の筆者が、紙や竹など自然素材をつかった10選おすすめの紙ストローをご紹介します。

ライター/LiRi

美味しいもの、新しいものに目がないライターです。休日は情報収集したり温泉へ旅するゆるっと自然派。会社員時代は秘書として出張手配や会食、手土産の準備を多数経験してきました。気になることは何でも挑戦、ヨガインストラクター資格やアロマテラピー検定1級を取得。皆さまの特別な日が素敵な思い出であふれることを願って情報発信していきます。

紙製ストローのいいところは?

image by PIXTA / 17624166

紙製のストローは脱プラスティックの一環として気軽に取り組むことができるアイテムでもありますね。とくにこだわりがない方は、ぜひ紙製のストローに置き換えてみるのもおすすめです。紙製のストローを使い慣れていない方は、数量の少ないものから取り入れてみてくださいね。

紙はふやけやすい面もありますので、短時間の使用におすすめです。

紙ストローを選ぶときの注意点は?

紙ストローは環境に優しいイメージがありますが、プラスティックに比べると水に弱いなどの弱点があるものも。選ぶときは目的別に吟味してくださいね。ここではチェックしておきたい点を3つピックアップしました。

その1.紙ストローの長さをチェック

紙ストローもサイズは色々。長さは20センチ前後のものが多い印象ですが、ペットボトルに使う時には注意が必要。一般的な500ミリリットルのペットボトルの高さは20センチを超えるので、お気に入りのペットボトルやグラスのサイズを事前に測ってから購入することをお勧めします。

その2.紙ストローの太さをチェック

普段何気なくストローを使っていますが、メーカーや商品によって太さが違うので好みのサイズをみつけてくださいね。お年寄りや小さいお子さんなど、吸う力があまりない方には細目がおすすめです。

その3.紙ストローの丈夫さをチェック

紙ストローは工作に使うにはとても便利ですが、やはりプラスティックに比べると水に弱いという面も。短時間の使用なら問題ないものの、長時間使用するとなると水分でふやけてしまうものもあります。

なるべく丈夫なものを使いたいですね。特にデリケートなお子さんが使う場合などは注意しておきましょう。

【厳選】おすすめの紙ストロー10選

使い捨てストローといえどもやはりお気に入りを使いたいですよね。デザインが可愛いもの、おしゃれなものから土に還る天然素材のものありますよ。業務用の大容量のストローから個包装してあるものまで幅広く10選ご紹介します!

次のページを読む
1 2 3 4
Share: