ライフイベント結婚・ウェディング

結婚式の招待状10選!シンプル・おしゃれ・センス◎など選び方のポイントとともに現役プレ花嫁が厳選して紹介

結婚式の準備の中で早い段階で必要となるのが招待状。招待状のデザインで式の雰囲気を伝えることができます。ただ、最近ではさまざまな種類を選ぶことができるので、どんなものにすれば良いのかなかなか決めきれないという花嫁さんもいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、現役プレ花嫁の筆者が、結婚式におすすめの招待状10選をご紹介いたします。選び方のポイントもあわせて解説するので、ぜひ参考にしてください!

ライター/川上詩乃

東京出身、名古屋在住の20代兼業OLライター。普段は、医療業界で企画職として働いています。2023年に予定している結婚式に向けて準備中。現代志向のプレ花嫁によるリアルな結婚事情をお届けします♪

招待状はどこで手に入るの?

image by PIXTA / 14545901

招待状の作成方法は主に、手作り、会場提携の業者へ依頼、外部業者への依頼の3つがあります。デザインや料金、作成にかかる時間など、どの部分を重要視するかは人それぞれです。自分たちにあった方法で、招待状を作ってくださいね。

今回の記事ではAmazonで入手できる招待状を紹介するので、手作りキットを使うことで価格を抑えたいという方はぜひチェックしてみてください。印刷などの手間はかかりますが、リーズナブルに招待状を作成できますよ。

招待状選びの3つのコツ

それでは、招待状はどんなデザインを選べば良いのでしょうか。3つのポイントに沿って解説していきます。

その1.会場や結婚式のイメージに合わせる

会場や結婚式のイメージに合わせると、招待状との一体感が生まれゲストの期待も膨らみます。緑豊かなナチュラルな会場ならグリーンベースのもの、神前式など和風の結婚式なら和をモチーフにしたものなど、紙の色やデザインで式の雰囲気を伝えることができますよ。

席次表など他のペーパーアイテムとのトータルコーディネートもおすすめです。

その2.季節を感じるデザインを盛り込む

結婚式当日の季節を感じさせるデザインもおしゃれです。春は桜や新緑、夏はひまわりや水色などの涼しげな色、秋は紅葉やハロウィン、冬は雪の結晶、クリスマスなど、季節を感じさせるイベントやモチーフはたくさんあります。

カバーの表紙に取り入れるのはもちろん、中の紙やリボンなどで季節感を表現するのも素敵ではないでしょうか。

その3.自分たちの好みや趣味を詰め込む

招待状はゲストへのおもてなしの気持ちを表現する最初のチャンスです。自分たちの好みや趣味を詰め込み個性を発揮した招待状で、ふたりらしい!とゲストに思わせることができれば、結婚式への期待も高まること間違いなしですね。

カラーや形にこだわったユニークな招待状でインパクトを与えてみましょう。きっとゲストに楽しんでもらえるはずです。

【厳選】花嫁におすすめの招待状10選

ここからは、花嫁におすすめの招待状10選を紹介していきます。上記で紹介したポイントを確認しながら、お気に入りの招待状を見つけてくださいね!

次のページを読む
1 2 3
Share: