ホームパーティー

初心者でも飲みやすい甘口の日本酒おすすめ10選!本醸造酒・吟醸酒・純米酒など選び方とともに日本酒好きの筆者が紹介

日本酒は酸度や日本酒度の数値によって辛口・甘口といったように味わいや口当たりが変わってきます。どちらが飲みやすいかは好みによって分かれますが、初心者におすすめなのはフルーティーな味わいのものが多い甘口です。今回は日本酒好きの筆者が甘口の日本酒を厳選して10選紹介します。辛口派の人も気分転換に甘口も飲んでみてはいかがでしょうか。

ライター/かわだ

関西在住で二児のママをしている主婦ライターです。可愛いアイテムや流行りのアイテムをネットサーフィンするのが趣味で、話題のスイーツやグルメもかかさずチェックしています。 美味しいものを食べたり可愛いものを集めたりすると、幸福感や気分も上がりますし、いつでも流行りには乗っていたいものですよね。 皆さんにハッピーをシェアすることが出来れば嬉しいです。

甘口の日本酒の選び方ポイント3つ

image by PIXTA / 86522081

甘口の日本酒の選び方ポイントを3つ紹介します。

その1.甘口か辛口かを見分ける

大きく甘口と表記されているものはあまりないので、日本酒度を目安にチェックして見分けましょう。日本酒度とは日本酒に含まれる糖分を数値化したもので、-1.5~3.4がやや甘口、-3.5~5.9が甘口、-6が大甘口とされています。

また酸度も味わいの違いに関係しているのでそちらもチェックしましょう。酸度が低いほど甘口に感じられ、酸度が高いものはキレが良く辛口に感じられます。

その2.アルコール度数をチェック

甘口の日本酒を選ぶ際に甘さだけでなくアルコール度数のチェックもしましょう。15パーセント前後のものが多く定番です。初心者の方やお酒が弱い方はアルコール度数が10パーセントぐらいまでの低アルコールタイプのものが口当たりもあっさりしているので飲みやすくおすすめ。

熱燗にもおすすめのものであれば、熱燗にするとややアルコールが飛んでさらに飲みやすいです。

その3.好みの種類(特定名称酒)を見つける

日本酒は本醸造酒・吟醸酒・純米酒と大きく3つの種類にに分けられます。違いは原料や造り方で味わいや口当たりも変わってきますので参考にしてみてください。

本醸造酒とは精米歩合が70パーセント以下の米・米麹・醸造アルコール・水を使って作られたものです。まろやかでシンプルな味わいが特徴。吟醸酒とは精米歩合が60パーセント以下のもので吟醸造りという製法で造られたものです。すっきりとした爽やかな味わいが特徴。純米酒とは米・米麹・水だけで造られたもので、コクがあって深い味わいが特徴。

甘口の日本酒おすすめ10選

甘口の日本酒のおすすめ10選を厳選して紹介します。

#1 とろけるデザートのような日本酒「今代司酒造 花柳界」

甘口 純米吟醸 【花柳界】 今代司酒造 720ml
甘口 純米吟醸 【花柳界】 今代司酒造 720ml
Amazonでの参考価格:¥2,190
価格・情報の取得:2022-09-05

甘くてとろけるデザートのような大甘口の日本酒です。甘酒のような甘さでカクテルのように飲めます。甘ったるいという感じではなく米の甘みで口に入れるとフルーティーな香りが広がり爽やか。チョコレートなど甘いアテにも合いますので食後の晩酌にも。

女性や日本酒初心者の方におすすめです。料理酒としても使うことができ、魚を一晩漬けて焼けば感動する美味しさに。ぜひお試しください。

次のページを読む
1 2 3
Share: