ライフイベント結婚・ウェディング

ウェディングにおすすめのヘッドドレス10選!王道のティアラや人気のドライフラワーなどのアイテムを式場で働いていたプロが紹介

花嫁コーデの中でも衣装の次に悩むのがヘアスタイル。髪飾りも髪型もいろんな種類があり、どれがいいか迷う方も多いと思います。なりたい花嫁像をイメージしながら、ヘッドドレスを選ぶと失敗しませんよ。
今回は多くの式場に携わってきた筆者がおしゃれに決まる髪飾り10選と、それに合わせたヘアスタイルをご紹介します。

ライター/あき

2022年3月に結婚したアラサー女子です。式場契約から挙式まで、準備期間はたった3ヶ月‼︎当時遠距離のため一人で準備しました。得意の情報収集と、学生時代の式場でのバイト経験も活かして、結婚式に関する素敵な情報をご紹介します。

ヘッドドレスとは?花嫁コーデでのヘッドドレスの役割

image by PIXTA / 61291433

ヘッドドレスとは、花嫁が頭につけるアクセサリーのことを指します。ヘッドドレスを付けることで、ドレスアップした花嫁の美しさをより引き出すことが可能に。王道のティアラから人気の花冠、クラシカルなハットまでさまざまな種類があり、ヘアスタイルとの組み合わせにより花嫁コーデの印象が変わります

ヘアメイクリハーサルにあらかじめ購入したヘッドドレスを持っていくことで、事前にチェックできますよ。

ヘッドドレスを選ぶ3つのポイント

ウェディングでつけるときに気をつけたい、ヘッドドレスを選ぶ3つのポイントを見てみましょう。

その1.ドレスのデザインに合わせる

ドレスのデザインに合わせて髪飾りを決めると、失敗しません。

キラキラしたゴージャスなドレスには、パールやクリスタルなどのビジューがたくさん使われたティアラカチューシャがオススメです。チュールがふんだんに使われたフワッとしたドレスにはシルクのリボンでシンプルに、刺繍が用いられた上品なドレスには同じ刺繍を合わせるのも◎。ナチュラルなエンパイアドレスには花冠で華やかさをプラスしましょう。ボンネや小枝のアクセサリーは、どのドレスにも合わせやすいです。

その2.ヘアスタイルに合わせる

ヘッドドレスに迷う場合は、ヘアスタイルから決めるのも◯アップスタイルにはティアラやビジューを使ったキラキラしたヘッドドレスが似合います。緩めのハーフアップや編みおろしには小花小枝の髪飾り、ダウンスタイルショートカットには花冠を合わせるとバランスがいいです。

また同じヘッドドレスでもつける位置やヘアスタイルで雰囲気が変わってきます。本番前のヘアメイクのリハーサル時にヘッドドレスも合わせて、メイクさんと相談して理想の花嫁像に近づけましょう。

その3.ロケーションに合わせる

結婚式のテーマや会場の雰囲気に合わないと、チグハグになることも。和装や洋装はもちろん、厳かな教会やガーデンウェディングなどの式場に合わせた髪飾りを選びましょう。

格式の高いホテルや教会はゴージャスなティアラやキラキラのボンネを使った髪飾りがマッチします。反対にカジュアルなガーデンウェディングやビーチなどのロケーションは花冠リボンが◎。生花やアーティシャルフラワーなどのお花は、どのロケーションにも合わせやすい万能アイテムです。

【厳選】おすすめのヘッドドレス10選

厳選したヘッドドレスを10選ご紹介します。それに合わせたオススメヘアスタイルもチェックしてみてください。

#1 花嫁の王道ティアラ「Rory ティアラ 前櫛 王冠 ティアラ・スワロフスキーラインストーンで作られたティアラ」

前櫛 王冠 ティアラ・スワロフスキーラインストーンで作られたティアラ
前櫛 王冠 ティアラ・スワロフスキーラインストーンで作られたティアラ
Amazonでの参考価格:¥3,325
価格・情報の取得:2022-08-20

キラキラの美しい輝きを放つティアラは花嫁の王道ですよね。ベールとの相性も抜群!ティアラはどの角度から見ても存在感がありますスワロフスキーの煌めきが、花嫁を一層綺麗に見せてくれるでしょう。

裏側にコームがついているため、装着も簡単です。ヘアスタイルは、アップしたお団子に合わせると上品に、夜会巻きに合わせるとゴージャスになります。

次のページを読む
1 2 3
Share: