おうち時間向上筋トレ・フィットネス

おすすめのランニングマシン10選!コンパクト・静音性・傾斜機能などポイントとともにフィットネス家電好きなライターが紹介

自宅で気軽に運動できるランニングマシン。気温や天候に左右されがちな外でのランニングに比べて、快適なお部屋で好きなだけ走ることができる人気のアイテムです。さらに、近年のコロナ禍でスポーツジムに通えない人々からの需要が高まり、その人気はまた昇り調子に。しかしいざ選ぶとなると、どのマシンにしたらいいのか迷ってしまうことも多いのではないでしょうか?
そこで今回は、フィットネス家電に注目している筆者がおすすめしたいランニングマシン10選を紹介します。

ライター/ぴか

仕事に子育てに奮闘中のアラサーマザー。近年夫の影響で家電や生活雑貨にのめりこんでます。その他、音楽・映画・ゲームなどのサブカルにも食指が動きがち。

ランニングマシンを購入するときのポイントは?

image by PIXTA / 80495940

まずはランニングマシンを選ぶ際に注目したいポイントを紹介します。自分が使うことをイメージしながらチェックしてみましょう。

その1.使用する目的からタイプを選ぼう

何のためにランニングマシンが必要なのか、まずはそこを考えてみましょう。 

運動不足の解消・運動のルーティン化・ダイエットなどが目的の人は、コンパクトタイプや簡易的な機能のみのリーズナブルなものがおすすめ。逆にトレーニングや本格的な体づくりを目指すなら、多機能なものやかけられる負荷が大きいタイプを選びましょう。

その2.大きさを確認するのは必須事項

ランニングマシンによって大きさはまちまちなので、設置するスペースの広さなどを考慮して選ばなければいけません。場合によっては移動式のものやコンパクトに収納できるものも選択肢に入れましょう。 

そして走行面の広さも肝心です。ランニングする場合に走行面が狭いと、快適さや安全面で不満が残る可能性もあるので気を付けましょう。

その3.近隣が気になる人は静音性もチェック

ランニングマシンは大きい音が出やすいものです。マンションやアパートに住んでいる人、近隣住民との騒音トラブルなどを懸念している人は、メーカーが公表している騒音レベルを確認しておくのがよいでしょう。 

それでも不安ならば静音マットを併せて購入するのもおすすめ。マシンの下に敷いておくだけで、ある程度騒音をカットしてくれます。

フィットネス家電好きな筆者がおすすめするランニングマシン10選

では早速、筆者おすすめのランニングマシン10選を紹介します。選択肢が広がるよう、いろいろなタイプのマシンをセレクトしてみました。

#1 欲しい機能が入ったスタンダードタイプ「BARWING BW-SRM16」

バーウィングの「BW-SRM16」は、シリーズの累計出荷台数が10万台を突破した大ヒット商品。ランニングマシンとしては比較的リーズナブルな部類でありながら、多数の機能を備えたその高スペックぶりが人気です。

走行面の長さは1.2mと走りやすく設計されており、内蔵された8つのクッションが膝への負担を和らげてくれます。

IMAGE

BARWING(バーウィング) ルームランナー 時速1-16km 20個のプログラムモード付 見やすい操作パネル ウォーキングマシン フィットネスマシーン トレーニングジム ウォーキングマシン 家庭用静音 折りたたみ トレッドミル

¥39,800Amazonで見る
価格・情報の取得:2022-08-02

#2 トレーニングに合わせて傾斜を変えられる「BTM MS189058」

BTMの「MS189058」は走行面の傾斜を3段階で調整することが可能。自分に合わせた坂道トレーニングができます。

グリップ部を握ると心拍数を自動で計測しモニターに表示。自身のフィジカルステータスをかんたんに把握することができます。ドリンクホルダーが2つ付いているので、運動しながらの水分補給も安心です。

IMAGE

BTM トレーニングマシン 時速1~12km 電動ルームランナー トレーニングジム ウォーキングマシン 折りたたむ 3段角度調整 USB充電 移動キャスター 静音 家庭用 薄型 ホームジム

¥29,800Amazonで見る
価格・情報の取得:2022-08-02
次のページを読む
1 2 3
Share: