おうち時間向上生活雑貨

おすすめの鉛筆削り10選!電動・手動のタイプ別・安全機能・デザイン◎など選び方とともにおしゃれステーショナリー好きなライターが紹介

子どもが使う勉強机の上に欠かせないのが鉛筆削りです。電動式や手動式など種類はさまざまですが、子どもの頃はほとんどの人がお世話になったアイテムだと思います。大人になってからも仕事や趣味などで使う人もいると思いますが、たくさんのメーカーから膨大なタイプの鉛筆削りが販売されていて、いざ購入するとなると迷ってしまうことはありませんか?
そこで今回は、おしゃれなステーショナリーを愛する筆者がおすすめの鉛筆削り10選を紹介します。

ライター/ぴか

仕事に子育てに奮闘中のアラサーマザー。近年夫の影響で家電や生活雑貨にのめりこんでます。その他、音楽・映画・ゲームなどのサブカルにも食指が動きがち。

鉛筆削りを選ぶときのポイントは?

image by PIXTA / 16263169

まず始めに、鉛筆削りを購入するときのポイントについて紹介します。これを押さえておくと、自分の欲しいタイプがハッキリしやすくなりますよ。

その1.用途によって最適なタイプを選ぼう

一番大事なのはどんな使い方をするか、ということです。

子どもの勉強など使用頻度が高い場合は電動式をチョイスしましょう。逆にそこまで頻繁に使わない場合は、リーズナブルな手動式がおすすめ。そして持ち運び用としては携帯タイプを選ぶなど、用途によって種類を分けることができるのです。あなたはどれに当てはまりますか?

その2.子どもが使うのなら安全機能はマスト

お子さんが使うのならば、どんなタイプであろうと安全機能が付いているものを選ぶのが重要です。

例えば電動式ならば、ダストケースを外した状態では作動しないオートストッパーがあります。また手動式では、指をはさみやすい引き込みプレートをなくしたり、使用中に倒れないよう固定用のクランプが付属するものなど、種類はさまざまです。

その3.おしゃれな鉛筆削りでインテリアを彩るのもよし

机の上など目につくところにあるのがほとんどな鉛筆削りですから、ここは一つデザイン性で選んでしまうのもいいかもしれません。

子どもにはカラフルでポップなものや、アニメキャラクターがプリントされたものがおすすめ。大人用には、シックな色合いなものや機能美もあるスマートなものなどで、インテリアに合わせるのもよいでしょう。

ステーショナリー好きな筆者おすすめの鉛筆削り10選

それではここから、筆者がおすすめする鉛筆削り10選を紹介していきます。3つのポイントを確認しながら見ていきましょう。

#1 安全面バッチリの電動式スタンダードタイプ「アスカ EPS201」

アスカの「EPS201」は、安全機能が搭載されたスタンダードな電動式鉛筆削り機。ダストボックスを引き出した状態では動かないようになっているので、小さいお子さんにも安心して使わせることができます

オーバーヒートしないようにモーターの温度が上がると停止する機能も付いているので、末永く使うことが可能です。

IMAGE

アスカ 鉛筆削り 電動シャープナー ホワイト EPS201W

¥2,388Amazonで見る
価格・情報の取得:2022-07-29

#2 国内外で賞を獲得した特許機能に注目「SONIC EK-7022」

ソニックの手動鉛筆削り「EK-7022」は、特許機構「トガリターン」を搭載しています。なんと鉛筆を挿して回しつづけるだけで、削りおわった鉛筆が自動で排出されるのです。この機能が評価され、日本文具大賞やiFデザインアワードなど国内外でそれぞれ賞を受賞しています。

また、ポップなデザインやカラフルなボディも人気の一つです。

IMAGE

ソニック 鉛筆削り トガリターン 手動鉛筆削り ホワイト EK-7022-W

¥1,536Amazonで見る
価格・情報の取得:2022-07-29
次のページを読む
1 2 3
Share: